Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
リアル

明日から、アロマセラピー学会。
しかし、また風切れです。WInd乗れていない。
ってところで、ウインド仲間の ウインドサーフィンの楽しい仲間達
さんの 琵琶湖での映像・・・。⇒クリック見る
リアルです。
 風の音、時おり入るブローのノイジーな圧力。
そして、その合間に聞こえる波音、

 自然は決して生易しくない、でもそれに従い、馴れ
少しずつ良い記憶を重ねてゆけば、自然を楽しむことが
できるようになる。

 ウインドはいつも、「生きてる〜〜〜!」って感覚を
蘇らせてくれる。リアルです。これ以上のリアルはそう
ないでしょう。

 海坊主さん、映像をありがとうございます。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


アンダーでも走るわけ


写真はラナイズさんから

お盆休み、2回ウインドできました。
私の得意?はアンダーでのウインド、よくみなさんに
「アンダーで6.5屬任覆鵑如△△鵑覆冒んの!?」
と最近聞かれるようになってきました。

 でも特別なことはしてません。
要は走りだしのきっかけをいかにつかみやすい
セッティングにするのか・・・、

まず、セイルをアンダーセッティングにしていること
ダウンを5mm〜1cm緩めるだけで、走りだしのきっかけが
かなり違ってきます。

それと、なんといっても、フィンの長さ、私は103Lの
フリーライド(フリーウェイブ?)のボードに24cm
のフィンと短めです。フィンが長いと波のウネリでの加速を
活かせません、フィンを長くするとなんか引きずるような
感じで全く加速しないのです。従ってプレーニングにも
入れません。

 体重は54kg付近です。ボードが103L位、セイルが6.5

それから、あと大切なのは波のウネリの力を借りること
波の谷を風下へ下らせて、下らせて、波の谷を3段ゲット
すれば、ストラップに足の入る加速が得られます。
(波の谷を繋いで走り始めるとプレーニングロードが
見えてきます。本当です。)後は加速して充分にセイルに
パワーが得られたら、上らせるというパターンですね。
それでも、走らなければ本当にアンダーです。

 確かに、アンダーセッティングだとオーバーの時
しんどいです。風が落ちるまで、流し、流して待ちながら
乗る感じになってしまいます。でも、今年の夏のような
はっきりしない風のコンディションではプレーニング率がかなり
高かったのは確かです。

 風が吹けば乗れる方には必要の無いセッティング、
でも私のように、サンデーセイラーの方には有用な
セッティングだと思います。

 (フィン、短くしないと、この方法は効果ありませんヨ。)
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


ウインドサーフィンと五元素

チベッタン・ヒーリング―古代ボン教・五大元素の教え
チベッタン・ヒーリング―古代ボン教・五大元素の教え
テンジン・ワンギェル リンポチェ,Tenzin Wangyal Rinpoche,梅野 泉

 今、この本を読んでいます。
アーユルヴェーダやチベット仏教、チベット医学では
この世は地水火風空の五元素で成り立っていると説いています。
心身のバランスが崩れると、この五元素のバランスが悪いから
だという考え方なのです。つまり、健康を保つにはこの五元素
のバランスをとればいいのだという教えですね。
この考え方、結構便利です。診療にもとても役立ちます。

 さて、私自身はウインドサーフィンをしているととても
体のバランスが保たれて、いい感じになります。腕は細いし
もともと、非力な私なのですが、どういうわけかこのスポーツ
だけは別格、性に合っているみたいです。おかげで随分体が
丈夫になりました。

 で、ウインドサーフィンをこの本に出てくる五元素で
考えてみると、風と水、そして空もありますね。で体を
動かし燃焼するので火の要素もあり・・・・、やはり地
の要素が足りません。

 よくスピリチュアルの世界ではグラウンディングといいますが
ウインドした後って、地の上を歩くのが面倒くさくなります。
水の上を風の力で進んでいたのに、わざわざ歩かないと進まない
地面が面倒なのです。(私だけかもしれませんが・・・、)
グラウンディングとは真逆の世界ですね。

 でも、うごめく海上でウインドをしていると
「動中の静」を感じることがあります。これも
広い意味でのグラウンディングだと思うのです。

 地の元素が身につけば、もっとウインドも上達するのかも
しれません。また、台風が九州の横を北上しそうですね。
(甑島直撃だ・・・、)
夏のサーマルウインドのパターンが中々来ません。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


久々ウインドの写真

 今日は午後から、ツムラさんの勉強会・・・、のはずが
風に負けてしまい⇒ウインドへ

写真はラナイズさんから

 吹かない予報でしたが、吹きました。
結構、満喫でした。ニューモデルのイジーセイルですが
メッチャ可愛いデザインに変身していますね。
また欲しくなってしまいそう・・・、
未踏の領域4崑罎埜‘い靴討澆茲Δなときめき
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(6) | - |


愛が伝染しています。

ウインドでお世話になっている、ラナイズビーチクラブの
掲示板記事から知ったブログにハワイのマウイでも
日本の津波被害に対する救済をなんとかできないかと
チャリティーなどの輪が広がっているそうです。
ブログ記事は⇒♡をクリック
まさしく、愛が伝染しているんですね。
素晴らしい。ありがたく、嬉しいことです。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(1) | - |


そろそろウインド〜〜

う〜〜〜NNそろそろ、ウインド行かないと
風欠病になってしまう〜〜〜
ここ数年でこんなに、ウインド空いたのははじめて
ず〜〜〜〜っと、冬も乗ってましたから。

 でも、この元旦からの寒さに、まずくじけてしまい。
セミナー、娘のお受験など色々重なり、という名目の元に
ウインドサボっていました。

 で、今度の日曜こそ、行くどっ〜〜。!!と
思って、気圧配置フォローしていたら、西高東低が
日曜まで持たない、ボヨヨンとした気圧配置になりそう。

 それでも、とにかく、今度の日曜はウインド、後半は
また予定が目白押しだし、風の神さんに見放されないよに
ウインド再開しま〜〜す。(と宣言しておけば、行くでしょう
きっと、)

風道楽にハンドルネーム変えようかな!?びっくり
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(5) | - |


海底の光模様

 今日はウインド、最後に吹いた北風で2〜3回往復
プレーニングしただけで、後はさっぱり、でした。
明日からは期待できそうな天気図ですね。

 冬になると、甲子園浜の海の水も結構透明度を増します。
今、毎週通っている絵画教室nicheでイルカの絵を描いて
いるのですが、海底の光のゆらめく模様がうまく描けなく
て、それで、今日は甲子園浜の海岸で、じ〜〜っと
波打ち際の水底の、光模様を観察。じ〜〜〜っとひたすら
観察しているとどんどん光のゆらめく輪の模様が水底の砂地
の上を移動してゆきます。(なるほどなるほど、こうなって
いるのか・・・、)感心しながらさらに観察していると
光の輪の模様だけを追いかけていたので、なんだか不思議な
気分に、光だけが次々と移動してゆきます。本当、不思議な
感覚でした。

 風には恵まれませんでしたが、波の感じとか、あぶくとか
海底の光模様とか、お絵かきのための収穫大で満足、満足。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


今日も吹かな〜〜〜い。

今日も吹かな〜〜〜い。
ので、午前は予定通りアップホールラインをラナイズさんで新調
今日はポカポカ陽気でしたね。
午後は父、母に頼まれて、息子と4人で満池谷へお墓参り
その帰りに越木岩神社に行ってきました。
甑岩のご神体がある神社
甑島と字が同じなので、前から気になっていたのですが
大きな、大きな甑岩の周りを一周して
何かご利益があるような気になって帰ってきました。

火曜日は吹くかナ〜〜ッ!?
少しは吹きそうな予想天気図デスが・・。

11月23日
吹きました〜〜〜〜!!
久しぶりに筋肉痛で^^〜っっす。
筋労感謝の日になりそう〜〜。
ラナイズのメンバーの話しによると、休みに吹いたのは
2ヶ月ぶりらしい。曇り曇り
写真はラナイズさんより
みんな楽しそうでしたネ楽しい
風力発電、充電完了デス。

 今日の反省:ジャイブの課題
前傾姿勢がたりず、後方にスッテンコロリン
気持ちが先行して、体がカーブ方向に傾き過ぎて、ドボン
          ↓
ジャイブ後半まで、前傾姿勢を保ち続けること
ボードに体をちゃんと載せる意識で

writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(3) | - |


は〜〜〜っ!吹かない

風がふかな〜〜〜い。しょんぼり
風力発電人間としては、そろそろ充電が欲し〜〜い!!
気分転換に
アップホールラインでも買い換えるか!?
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


台風14号CHABA

 季節はずれの台風が接近していますね。
今回の台風の名前はCHABA、タイ語で
ハイビスカスだそうです。

 名前は優雅ですが、各地に被害が出ないことを
願いつつ・・・・、

 近畿圏のウインドサーファーは目が離せない状況
週末、果たしてどんな感じになるのか
木枯らし一号にも乗り遅れ、今日は出がらしのような風
平日に乗れなかったウインドサーファーの皆さん、
ちょっと通過したあとのおこぼれくらいが丁度いい感じ
安全にはくれぐれも気を配りながら、待つとしましょう。


10月30日
診療を終え、甲子園浜へ出艇したのは2時頃
風はどんどん落ちてきて、プレーニング4本で終了
あとは粘りましたが・・・・、です。
台風去るの速すぎ!!

 台風チャバの出がらし、でちょいと乘っただけでしたが
ま、1ヶ月程乗れていなかったのでよしとしましょう〜〜。

 
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(4) | - |


青潮


写真はラナイズビーチクラブさんより
ベストショットありがとうございます。

今日は北の風が吹きました。
ところが、いつもの海面がブルーに(ここはハワイ?)
いえいえ、実はこれ青潮
青潮(あおしお)とは、海水に含まれる硫黄がコロイド化し、海水が白濁する現象である。夏〜秋に東京湾で多く発生することが知られている。赤潮と同様に魚介類の大量死を引き起こす事がある。貧酸素水塊が上昇する主な原因は対流であるとされている。表層付近の海水が強風により外洋へ流されて離岸流が発生すると、それを補うように底層の水塊が上昇してくる。東京湾では北〜北東の風が吹く時期に青潮が起き易い。他に、底層水が直接外洋水によって押し上げられて青潮となる場合もある。

甲子園浜でも、北風の強いときこんな現象が見られるのです。
富栄養化により大量発生したプランクトンが死滅し、海底に沈殿し、バクテリアによって分解される過程で海中の酸素が大量に消費される。その結果、溶存酸素の極端に少ない貧酸素水塊が形成される。通常、この水塊は潮流の撹乱により周囲の海水と混合されて分散するが、内湾ではこの力が弱い。また、東京湾などでは浚渫工事に伴う土砂の採集跡が海底に窪地として残されており、ここに溜まった水塊は貧酸素環境が保たれる。貧酸素水塊中では嫌気性細菌が優占する。嫌気性細菌の一種である硫酸還元菌(→極限環境微生物)が大量の硫化水素を発生させる。この硫化水素を大量に含んだ水塊が上昇すると、表層付近の酸素によって硫化水素が酸化され、硫黄或いは硫黄酸化物の微粒子が生成される。微粒子はコロイドとして海水中に漂い、太陽光を反射して海水を乳青色や乳白色に変色させる。多くの場合、青潮は未酸化の硫化水素による独特の腐卵臭を伴う。

そう言えば、硫黄臭い匂いがそこら中にただよっていました。


ところで、お年寄りの舌の苔(コケ)に黒い色が付いていること
があります。これは黒色の舌苔は、糸状乳頭が異常に伸長し、
この間隙に堆積した微生物、壊死した上皮細胞などが硫化水素を
発生し、それがヘモグロビンなどと結合して硫化鉄となった結果、
黒色を呈するといわれているとのことです。

海にも口の中にも微生物はいて、色々なことをして、
発色もしているのですね。

青潮の映像はコチラ→テレ朝ニュース
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


ういんど

今日も吹きました。いつもより吹き上がるのが早く
診療が終わって帰宅後、昼食を食べてすぐ甲子園浜へ
(結構、ヘトヘトで疲れていたのですが、風につられて出艇)
吹き上がってからの出艇だったので、アウトに出るのに四苦八苦
2〜3回トライして、タックで沈で流され、一旦湾内へ撤退。
ウォーミングアップをしてから、再度アウトへトライなんとか
出ることができました。

上の写真は先週の様子ですが、阪神高速湾岸線の下の橋桁。
波のうねりと橋桁で風が巻きこまれるので、アウトに出るのが
結構大変、大きな関門ナノデス。(この緊迫感、わかりますかネ。)

写真はいつものラナイズビーチクラブさんから、
ご覧のように、女性のセイラーもおられます。この風でも
4〜5名の女性セイラーが出艇されていました。

今日は診療後、休憩なしにウインドに出かけたので
結構、しんどかった。ショックやっぱ、50歳にもなると
無理はききませんね。でも、充実してよかったです。

 橋脚の下で沈しやすい原因の一つに橋脚によって
 出来た、風の渦がありますが、これカルマン渦というそうです。
そう言えば、橋脚近くでタックしたとき、セイルが左右に
揺さぶれて、思わず沈してしまうことがよくあります。

(パワーポイントで合成して作図しました。)こんな感じですかね。
もうちょっと、早めにタックすればいいのかな・・・・、
でもうねって来るとそれどころではなくなるし・・・・、
タックこまめに繰り返すしかないですかネ汗
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


ういんど

写真はラナイズビーチクラブさんより、
今日も、ういんど吹かないと思っていましたが吹きました。
3時ころから出艇して、丁度吹き上がってきました。
セイルはいつもの6.5屐一時ブローで8m/sオーバーもあり
ましたが、その後はブローで6m/sと安定、結構満足して
乗れました。  肩甲骨しっかり動かせました。

 まだまだ暑いですが、ウインドの時の風、涼しくなって
 きていますよ。!!
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


きょうも、ういんど


この風でも、プレーニング出来ました。
私が出艇したのは3時ころから、5時半くらいまで
赤のラインが6メートルに達するか達しないかの
レベルでしたが、うまく下らせ、波に乗せて加速
することで、プレーニングを繰り返すことができました。
今日の風がプレーニングの出来るミニマムのようです。曇り
6.5屬韮隠娃灰螢奪拭爾離棔璽匹離札奪箸任后

 でも、もっと上りたい、スラロームに目がいって
しまいます。びっくり
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


うぃんど


超久しぶりに、ウインドの話題、って言っても画像なしです。
スミマセン。

今日はごらんのように、6平米でプレーニングできるか、できないか
ってな風でした。私は午前中おはか参りをすませ、午後2時頃から
出廷!!ウインド用のハットをかぶって、長袖のラッシュガードに
八分たけのリバーガイドショーツを履いて、さらに、脱水予防に
走りながら給水のできるバッグを腰にまき熱中症対策もばっちりです。

 私は6.5屬離ぅ検璽札ぅ襦FREE RIDE4)
 ボードはバレーヘッズのスーパーナチュラルで103Lぐらい?
 ちなみに私の体重は現在54キロぐらい(身長164cm)

 のセットでした。今日のような風でも結構プレーニングガンガン
楽しめました。その秘訣はアンダーセッティング、ダウンは微風に
合わせ、アウトもあまり引きません、(セイルのバテン先がマスト径
の半分を超えるくらい。)イジーセイルのアウトの目印である三色の
ヒモは全く無視です。
そのほうが私はうまく走れますので、
前のノースセイルも同じようなセッティングで乗っていました。

 このセッテイングでのセイリングに馴れると、走りだしがよく
プレーニング率が飛躍的にアップし、楽しめます。

 オーバーの時は躊躇せず、セイルサイズを落とします。
でも、この時もアンダーセッティング気味にしています。


 しかし、今日も走っていて思ったのですが
 自分の乗り方って、やはりスラローム系だなとツクヅク思います。
 もっと体格と体力があればフォーミュラー乘ってるだろうな〜
 とかないものねだりの願望をいだきながら、沖を滑走するデカイ
 セイル達を眺めていました。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


ウインドサーフィンのワールドカップ


The 2010 PWA Ulsan, Korea World Cup
今、韓国でウインドサーフィンのワールドカップが開催されて
います。

 ウインドサーフィンとヨットとサーフィンと違いの
わからない方々がまだまだおられるので、是非この動画を
見てください。 これが、ウインドサーフィンです。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


Ezzy sail


(写真はラナイズさん掲示板から)
Ezzy sail 6.5屬鮨慶瓦い燭靴泙靴拭
とってもいい感じ、軽くてソフトでジャイブも
簡単になった気がします。
今まで使用していたNorth sailが、決して悪いわけで
はないのですが、「曲がる」という意味において
こんなにも違うのか、と言う感じです。
Ezzy sailにはジャイブ中の余裕を感じます。

加速感に関してはNorthのほうが「ガンッ!」って来る感じ
でEzzyの方がマイルドに加速する感じ、でも、トップスピード
までの時間はたぶんそう変わらないのだろうと思います。

イメージにすると↑こんな感じ、Northも比較的ソフトな
感触のセイルだと思うのですが、ブローが入った時の
加速感がEzzyのほうがマイルドです。でも、決して
遅いわけではありません。この辺のマイルドな感じが
ジャイブをイージーに感じさせてくれるセイルになって
いる理由かもしれません。(あくまでも感触です。)
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


今日のウインド


写真はラナイズ掲示板から

mareiが他界してから、どうもモチヴェーションが
上がらなくって・・・。ウインド遠ざかっていまし
たが、久しぶりにウインド行ってきました。
吹かない予報でしたが、だめもとで、アウトへ出廷
ラッキーにもアウトに出てから、ちょうど吹いてき
ました。 こんなことは一年に数回あるかないか
一時間、プレーニングを堪能できました。
また、再起動です。

このノースのセイル結構、気に入っていますが
スリーブがそろそろヤバイ感じ、そろそろ
次のセイル考えようっと、今、甲子園浜では
イジーセイル
が流行り。どうしようかな船

*************************

2,21今日のラナイズの掲示板、店長のTさんの記事
で知りましたが、Antoine Albeau F192 が
Laureus World Sports Award にノミネートされたとのこと、

しかし、この滑走のシーンはカッコイイですね。こんなアングル
で自分のセイリングも一度、見てみたいもんです。



Laureus World Sports Awardは毎年全てのスポーツで最も偉大な
スポーツマンとスポーツウーマンを尊敬する最もグローバルな
スポーツ賞だそうです。Windの選手もノミネートされるなんて
いいですね。日本でももう少しWindの認知度あがらないですかね。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


Earth wind sports

Hydrofoil Windsurfin の動画
一回はやってみたいけど、な,なんか奇妙ですね。
Earth wind & waterにはまだまだ可能性がありそう。
普通のウインドには抜かれてるし、ジャイブどう
するんだろう。

それから、こちらEarth wind & ice

氷上だと、もっといろんなことができますね。
これなら、カイトもトライしてみようかなって気になります。

未来のEarth wind sports は果たして、どうなっているでしょう。!?
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


wind

久々のウインド記事です。


写真はラナイズ掲示版より


今日は午前中、西の風〜南西10時すぎぐらいから
乗りました。ラナイズメンバーは白浜遠征で
人が少なく、アウトに出艇した時は、独りぼっち。
ちょっと、こわごわ乗ってました。

写真はラナイズメンバーば@〜ばらさんが撮ってくれました。
(ありがとうございます。)


セイルは5.4屬任靴燭、一時9m/s越えのブローも
あり、結構きつかったです。
2〜3回往復して、すでに疲れ気味(普段運動不足なもんで)
でしたが、徐々にアウトにでてくる人達が増え、
踏ん張りました。結局浜に戻ったのは12時半。
妻が作ってくれた、おにぎり2個と出し巻き卵をほおばって、

 第二ラウンド、再びアウトへ、
ブローの間隔は長くなり、平均風速も落ち
さすがに、5.4屬任魯▲鵐澄爾任つく。
2〜3回プレーニングして、終了。

道具を片付けているとTいさん登場、マーブルで
hiroさんと乗っていたとのこと、白浜組もガンガン
乗れていた様子。(ネットでライブカメラで見ました。)
皆さん楽しめたみたいでよかった、よかった。

 今日は結構きつかった、
普段からもうちょっと、走ろ〜〜っと。ジョギング
体力づくりしなくっちゃ。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


シルバーウイーク中盤


シルバーウイーク中盤、結構いい南風入りました。

ラナイズさんにとってもらった写真
ん〜〜しょぼいジャイブですが、ちゃんと廻りました
たぶん・・・。

そう、とりあえず廻ればいいのです。
写真ではわかりませんが、結構うねりも
あるのです。(言い訳、言い訳・・・。)
ああ、もっとジャイブ磨くぞ!!


 でも、がんがんかっ飛びました。
最後の方はへとへと、五時頃に帰還。
だ〜い満足〜〜です。

 日頃のネガティブストレスを完全に
ウォシュアウト出来ました。
自然は偉大だ〜〜〜〜〜!!!!

 WBCの時のイチローじゃないけど
こういう仕事していると、「心が折れそうになる。」
ことがあります。普段、自分では気付かないけど、
こういう休みがあると、そうだったことに気付きますね。
あぶない、あぶない。
ウインドがあって、よかった。拍手感謝、感謝。

writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


お盆も終わり。



 今日でお盆も終わり、
夕方にかろうじて、吹きました。
梅雨が明けたと思ったら、夏ももう
終わりって感じですね。
サーマルにイマイチ、パワーが足りませんでした。

 もう、アウトでの給水も必要なくなるかな・・・。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | trackbacks(0) |


camelbag


今日はなんと〜〜か、時々プレーニングする感じでした。
フォーミュラーの方達には丁度良かったかも。
ところで、私の上の写真、腰のところいつもと違うものが
付いています。
キャメルバッグと言って、走りながら、水分補給できるバッグです。

みなさんどこで売っているかわからない人が多いみたいですが。
モンベルで売っていますよ。
私のはウェストポーチタイプの700cc位入るものです。
今日は、試しに小さいペットボトル(ダカラ)の中味を入れてみました。
プレーニングしながらの給水はさすがに無理でしたが、結構便利でした。
少しづつ給水すると、疲れも出にくかったです。
こんどは満タンで出廷しようと思います。

甲子園浜でもキャメルバッグの利用者が徐々に増えています。
皆さんはリュックタイプの大きいのを利用されています。

これからの季節、海上でも熱中症に注意が必要。
ウインド以外のスポーツの方でも、結構便利なので
利用してみては!?

ば@〜ばらさんのブログよりいただきました。
甲子園浜アウトでの海上での風待ちタイム。
(後に見えるのは阪神高速湾岸線です。)
ちょっと小さくなってしまいましたが、
左の白いそでが私です。こんななごやか
な時間もあります。


writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


サーマル?



ニッチ展のため、今日はニッチお休み。
ということで、サーマルを期待して
いつもの、甲子園浜へ、
ねばって、ねばって、5時過ぎからの風で
プレーニングッ〜〜でした。
月、火となんだか、鼻水だらだら、出続けて
調子悪かったんですが、これで、気が巡って
回復するかも。
風力発電で、自然治癒力アップジョギング汗自然の力はエライもんです。
もっと、こういうものも活用できんもんかな。ラーメン(腹減った〜)
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


今とても気になるボード。

今とても気になっているボードがあります。
JPのフリースタイルウェイヴのボードです。
甲子園浜でも何人か、乗っていてとてもよさそうな感じ。




このボードの特徴は
やはり、channel bottom。
 
まず、channelの内側のストレートなボトムが、
  プレーニングの立ち上がりを早くし、
  そのプレーニング速度もより早くなり
  ジャイブの間もスピードをキープしてくれる。
 そして、channelの外側のエリアは
  ルーズさと反応の良さを実現。
 さらに、channelの淵のライン(edge)は
  方向転換中のグリップを良くし、
  さらにはアップウインド(風上に上る)性能も向上
  させる。
 また、ボードの中心軸から外側へ向かって徐々に
 立ち上がるVは
   Great Control(なんだか良くわからないが・・・。)
               を提供してくれるとのこと。


 話しが出来すぎている気もしますが・・
 とにかく見ていて良さそう。
 
 う〜〜〜ん、ますます気になってきた。びっくり

 でも、今のBHのボードも大変気に入っていますし、
 当分は様子見になりそう。

p.s


ラナイズの掲示版から拝借した、メンバーのCさんのお写真
このボードが上のボード。
ちょっと、ブローが入った直後のショットだと思うのですが
フリースタイルウェイヴにしては角度が、上ってますよね。
確かに、channel bottom効果はあるのかも〜〜。
今度、Cさんに感想聞いてみよっと。

writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


この夏ウインドサーフィンを始めたい方へ

この夏、ウインドサーフィンを始めたいと思っている方へ
私がいつもお世話になっているショップに
ウインドサーフィンスクールのブログが登場しました。

新しいことを始めるって結構、勇気いりますよね。
でも、何度も、何度も迷っているってことは
やはり、トライしてみったいていう気持ちのあらわれ。
敷居を高くしてしまっているのは、当の本人だけだった
ってことも、よくある話し。
定年退職して始める人もあるみたいですよ。

スクールのブログを見て、実際の場面をイメージしてみるのも
いいかも、例えばこんな感じ。

準備の場面はこんな感じ。



リフレッシュ出来る趣味って、とてもとても大事です。
風のりさんになってみたい方は一度トライしてみてく
ださい。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


ウインドサーファーにオススメのブログ


レーシングジャイブ研究会ってブログご存知ですか?
確か、ハイウインドで紹介されていたと思うのですが、
このブログの画像集が結構参考になります。
ジャイブの連続画面+解説が解り易い!!
(といっても私は全く、身につけられていませんが・・・。)
でも、わかりやすいと思います。
時々見て、実践して、失敗して、また見て
を続けていれば、いつか出きるのかな〜〜なんて思っています。
是非、一度、見てください。
リンクも結構楽しそうなブログが満載。
風のないとき、いいかも。


ああ〜こんな気持ちの良さそうな海でウインドしてみたい。ラブ
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


甲子園浜にイルカ出現!!


昨日、いつもの甲子園浜にイルカが出現しました。!
残念ながら、私は居なかったのですが、
ラナイズビーチクラブの掲示版から写真を拝借しました。
その他の写真もご覧になりたい方はラナイズビーチクラブ
の掲示版をごらんください。

今日聞いた話しによると、イルカを目当てに50人くらいの人だかり
があり、イルカが移動するたびに防波堤をあっちへ、こっちへ
全員が移動していたそうです。想像するだけでなんかおもしろい
光景ですね。楽しい


続報です。(以下神戸新聞より)5月8日


六日午前九時半ごろ、西宮市浜町沖の西宮港で、
イルカが泳いでいるのを住民が見つけた。体長約
一メートルの子どもとみられ、海面に背びれを見
せたり、ジャンプしたりした。七日には姿が見え
なくなった。
 神戸市立須磨海浜水族園には四月二十日以降、
神戸市中央区や東灘区の岸壁近くでイルカ一頭の
目撃情報が寄せられており、田端友博事業推進グ
ループ長(43)は「同じ個体の可能性もある」
と指摘している。
 西宮港近くの住民によると、イルカは六日午後、
釣り船やクルーザーが泊められた岸近くに入り込
んだという。同五時半ごろには、西宮海上保安署
の職員三人がゴムボートからオールで水面をたた
いて港外に出そうとした。近くに住む中村愛梨ち
ゃん(4つ)は「イルカはかわいかった。いなく
なったけれど、ママが見つかって、一緒に暮らし
ていたらいいのに」と話していた。(堀内達成)
(5/7 21:57)


どうやら、しばらくこの辺を回遊しているみたいですね。
今度はこの目で見れるかな。男
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


今日の甲子園浜



今日は2時前後のつかの間でしたが、プレーニングできました。
写真の防波堤の向こう側が甲子園浜の通称アウト、
写真は西宮ヨットハーバーのライブカメラより頂きました。
(ライブカメラのコントロール開始をクリックして4方向の動画が
見れます。夕方なら西出入口のほうをクリックすればお家に居ながらに
して、神戸港の夕陽が見れますよ。一度お試しください。)
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


5本指シューズ!!?

今日、通販生活のカタログで5本指シューズなるものを
発見!!もともと登山家たちが沢登り用として愛用して
いたものだということ。
これって、ウインドサーフィンのシューズにうってつけ
じゃあないでしょうか!?

でも、値段がちょっと・・・てところ。
ネットで検索していると、マラソンでも愛用している人
があるみたい。実物を履いてみたければ、ロフトでも売
っているみたいです。

  
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


ほわっと、サーマル



昨日は、プレーニングに至るほどにはあがりませんできしたが
今日はごらんのように、なんとか吹きました。
お昼間、用事があったので、4時位に甲子園浜に到着
皆さんが引き上げようとしているのを横目にいそいそ
とセッティングして、アウトへ出廷、40分ぐらいで
したがプレーニング堪能できました。船

風はサーマルパターンになってきましたね。
みなさん、海上ではもう夏の気配ですよ。晴れ


p.s
いつもならこの季節、甲子園浜はバーベキューで一杯なのですが
今春はそれほどでもありません。高速千円効果で皆さん遠出され
ているようですね。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


JPWA/日本プロウインドサーファー協会

強風
PWA(Japan Professional Windsurfers Association)は、
2009年2月1日に、NWA(Nippon Windsurfing Association)
とJPW(Japan Professional Windsurfers)が合併し、

広く一般市民を対象に自然環境保全事業、
マリンスポーツの普及振興事業を行うことにより、
自然環境の保全と、ウインドサーフィンを通じた
青少年の健全育成に寄与することを目的とする
NPO法人が出来たとのこと。
やっと、ウインドサーフィン界の屋台骨ができたって感じ桜
        

これで、ウインド界の現状、全般が把握しやすくなります。
ウインドに縁のない人も一度HPを覘いてやってください。
ウインドはゼロになれるスポーツです。
だから、実は飽き性の私でも続けられているのでしょう。

writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


SUP


皆さん、これ何の写真だかわかりますか?
stand up paddle board 通称 SUPといって
サーフボードの上に乗ってパドルで漕いで、海上を
立ったまま、渡るスポーツです。

こんな感じ。

そして、セイルを取り付けて、ウインドサーフィンも楽しめます。
いつもお世話になっているラナイズビーチクラブ
私も体験させてもらったことがあります。
セイルなしで、ボードに立ちパドルを漕ぐのは結構不安定で
慣れない筋肉を使うので疲れましたが、いい運動になります。
その後、セイルを取り付けて、セイリングしてみましたが
これが以外とグッドグッド
クラッシクな感じのゆったりとしたセイリングを楽しめ
ました。案外とこういった感じが好きなのかも。
ウインドは難しそうだけど、何かやってみたいと
思っている方、一度トライしてみては??ラブ

writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


outに出れなかった〜〜ぐやじぃ〜〜〜!!


久しぶりにOUTに出れなかった〜〜〜〜!
せっかくの休みなのに〜〜〜!
西向きで出難い風向だったが、ぐぅ〜〜〜。
そう、今日新しいフィンで出てみたのです。
う〜〜〜んん全然のぼれなくて、は〜〜っ、
言い訳はやめましょう。
もっと、タックを確実に、初心に返って、
新しいフィンでOUTで走りたい、結構これが気持ちいいんです。飛行機
風が光に変わるまでって、かっこつけてる場合じゃないや、
今度出られなかったら、早めに陸から担いでoutに出ようっと、
風が落ちたらもともこもないもんね。ラーメン
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


風が光に変わるまで


内の妻が大好きな佐野元春のナポレオンフィッシュと泳ぐ日という
タイトルのCDに収められた
「あるふたりの理由」という曲に
風が光に変わるまでというフレーズがある。
結婚して、このCDを聞かしてもらったころ、
なぜか、この言葉がとても気に入ったのを覚えている。
脳裏から離れない。

ある日男は出会った 女は弓を引いていた
女が弓を引いた時 男は真実を見つけた
男はそれまでのすべてを捨てて やがて女と一緒になった
二人は丘の麓で共に暮らした 夕陽も深く二人を染めた

夜が朝に変わるまでSoul Mates
風が光に変わるまでSoul Mates

男はずっと旅をしていた 道を極めようとしていた
オレンジ色の服を着ていた 片手に知識を抱えていた
女は大地に立っていた ひとりぼっちで暮らしていた
美しいベールを身にまとい いつも星の動きを知っていた

夜が朝に変わるまでSoul Mates
風が光に変わるまでSoul Mates
雨が虹に変わるまでSoul Mates


昨日は久々にウインド、フィンも新しいのに変えて結構良い感じ、
「この寒いのに、なんでウインドなんか〜〜」って顔で釣り人に
見られたけど、「人のこと言えないでしょ!」って顔で見返して
やった。温泉
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


Earthwind&water


2週連続でwindはお休み、そろそろストレスも溜まってきました。
上の写真はPWAのホームページより、結構いい写真があります。
ウインド?関係ないや、と思っている方でも、リフレッシュできる画像が
きっと、見つかりますよ。一度覘いてみてください。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


明けましておめでとうございます。


(甲子園浜から望む六甲山ラナイズの掲示版より・・・。

皆さん、明けましておめでとうございます。祝
本年もよろしくお願い申し上げます。


今日は寒かった〜ですね。というか、今までが気温が高すぎたのかな?
今日はWind始め拍手ブローがたまに来て、やっとプレーニング
ってところでした。
さて、皆さんの今年はどんな年になるでしょう?
私の今年はさらに、色々な人たちとの交流が深まる年になりそうです。
公私共に、はりきってゆきたいと思っています。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。


追加、ウインド仲間のヒロさんが撮ってくれた写真。
帽子、ネックウォーマー、グローブに完全防備です。
でも手が冷たくて痛かった〜〜〜!!
(寒さは実はスキー場のほうがずっと寒いでのです。)

もう一つ追加

同じく、ヒロさんのブログから皆、思い思いのスタイルで乗っています。

writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


今日のwind


今日は西の風、いつもとちがう風向きだったので、乗りにくかった。
ラナイのNさんに聞くと、普通は今日のようなside・shore,で皆乗りたがる
とのこと、甲子園浜のoutではcross・on〜on・shoreが当たり前、
こっちのほうが乗りにくいそうな。ゲレンデによって随分事情はちがうんだ
ね。時間に余裕がもてるようになったら、他のゲレンデも遠征に行ってみたいな〜〜って、いつ、の話しになることやら・・・・。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


腐葉土作り、と思ったら風が〜♪


実家でもらった落ち葉を集めて、腐葉土作り!
薄く、落ち葉をちりばめ、軽く水をまいて、油粕をかける。
それを繰り返して、積み重ねてゆきます。
1ヶ月たったら、ひっくり返すと30度くらいの温度に発酵して
いるそうです。(NHKのラジオビタミンで園芸家の柳生真吾さんが
お話しされていた方法です。)


と、腐葉土作りを終えて、やれやれと思って腰をあげ、ふと気がつくと
ハッ!カ、カゼが吹いているではあ〜りませんか!!
今日は吹くとは思っていなかったので、半信半疑。
じ〜っと木々をみていると、やっぱり吹いている!
(この風はきっと、1時間もたないぞ)
急がなきゃ!!!・・・・・っとお昼前でしたが、バナナ一本ほお張り。
早々甲子園浜へ〜!!


一時間近く、プレーニング楽しめました。よかった〜〜。
結構セイル立ってるでしょ、少しは上達したかな?

ちなみにバナナダイエット流行っていますけど、
バナナ一本で結構持ちました。以外でした。
これなら、バナナダイエットできるのも頷けます。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


久しぶりのプレーニング


超久しぶりに、吹きました。一時間ちょっとですが、プレーニング
楽しめました。今日はウェットスーツで大丈夫でしたが、来週あたりから
ドライスーツが要りそう。少しずつ冬型になってきそうな予感です。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


久しぶりに吹きましたね。


台風は低気圧になったけど、吹きましたね。
甲子園浜では平日にもかかわらず、たくさんのセイラーが
プレーニングを楽しんでいました。
私は、5.4平米でジャスト〜オーバー。
本当、4週間ぶり、長かった〜〜〜。
これで、メタボ少し、解消かな。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


Life 天国で君に逢えたら, 本日放送


Life 天国で君に逢えたら
最期の瞬間まで、パパはいつも微笑んでいた。
プロウィンドサーファー・飯島夏樹の半生と、サーファー時代から夫を支え続けた妻・寛子の献身的な姿を追い、夫婦愛、そして子供たちとの交流を通した家族愛を描いた映画。「死」を目前にしても尚、ひたすら前向きに「生きた」飯島夏樹と家族の心の交流は、真実の物語だけが持つゆるぎない感動と力強いメッセージに溢れています。実話をベースにした「感動エンターテインメント」を大沢たかお主演で描きます。



今夜、MBS 4chで PM9:00から放映です。
まだ、観ていない人、是非、見てください。
医療の現場を知り、ウインドの現場を知り、私にとっては
結構観るのが辛い、映画。でも観終わったあと、きっと大きなものが
胸の中に残ると思います。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


ジャイブ〜ッ*


写真はラナイズビーチクラブの掲示版より、
先日の日曜日、超〜久々の北風でした。写真の私、左方向へのジャイブ中。びっくり
実は左方向へのジャイブがず〜っと出来ませんでした。
最近、微風でやっと、なんとか曲がるところまでにはなったのですが・・。
テイルが下がっているし、ジャイブに入る前の加重の切り替えが充分で
なかった証拠ですね。なんとか、マストに加重したので廻りきれましたが、
この恥ずかしい写真をあえてアップすることで、苦手意識を克服したいと
ころです。船


writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


残暑・うぃんど


夏休みも終盤、診療での心と体の疲れがやっととれてきたので、
(正直、心のほうが結構まいっていました。しょんぼり)今日はWind曇り
日焼け対策もバッチリ(上の写真)頭の中を真っ白にしてリフレッシュ!

  ウインド用のハット
  長袖のラッシュガード
  7部丈のモンベルで買ったリバーガイド・パンツ
  そして、顔にはDr.HauschkaのSun Stickを塗りました。
         http://www.forum3.com/pr/dh/
   それから、脱水予防にペットボトルを腰にぶら下げています。

昨日、一昨日は結構吹いたみたい。今日は午後初っ端プレーニングして
後はそれほどふきあがりませんでした。でも心身は蘇生したかな鳥
Dr.Hauschkaの化粧品は自然界のリズムを取り入れたリズム製法で有名だそうです。
この商品http://www.therapie.jp/animaniディエステガーデンのanimaniでも購入できます。animaniの開店した日と私の誕生日がたまたま、同じだったので、ちょっと親しみがあります。


  おまけ
  
 うちの15歳のラブラドールです。
(今、横でイビキをかいて、寝ています。)いつまでも子供みたいな顔してます。
 息子がいい表情のショットを撮ってくれたのでアップしてみました。

writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


北京五輪、もう一つの開会式。

青島でセーリング競技の開幕式が8月9日行われました。
会場が離れているので、北京とは別に行われたようです。


それにしても聖火ランナーがウインドサーフィンに乗っての入場とは
さすがセイリング部門、動画で見てみたいですね。
マイナー競技はメダルを取らなければマスコミに取り上げられません。
その分できるだけ応援してゆきたいですね。
http://www.yachting.jp/olympic/080809.html

富沢選手:第一レース6位、第二レース20位
小菅選手:第一レース9位、第二レース13位
頑張っています。
http://www.sailing.org/olympics/racing/olympicmenrsx.php

8月12日の時点で 
富沢選手;12位、小菅選手;9位です。順位を上げてきました。がんばれ〜!

レース結果です。
小菅選手は予選13位で健闘も決勝レースには残れませんでした。
富沢選手は決勝レースに進出、9位と大健闘でした。
お二人とも、お疲れ様でした。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


北京五輪はじまりましたね。


http://www.yachting.jp/olympic/index_santonshou.html
北京五輪がいよいよ始まりましたね。
ところで、オリンピックにもウインドサーフィンが競技としてあるの
ご存知でしょうか?船
ヨットのRSX級(ウインドサーフィン)の富沢慎選手と小菅寧子選手が
日本選手として出場します。
良い成績がでればマスコミに取り上げられることもあるかも、
頑張って欲しいですね。応援しています。

富沢慎選手についてはこちらを
http://makoto-otokam.jugem.jp/
小菅寧子選手についてはこちらを
http://blog.livedoor.jp/j71yoko/archives/51674197.html
皆さん応援してくださ〜い!!
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


ソリトン雲(morning glory clouds)


(この、雲の下をず〜っと向こうまで、ウインドで走って行ったら、メッチャ気持ちいいですよ。曇り

ソリトン雲は一定速度で動いている間、形が変わらず、写真のように帯状に
なった雲が何キロも続き、そのままの形で移動してきます。
オーストラリアのカーペンタリア湾ではこの現象が定期的に起こり最も長く
続く場合をMorning glorytと読んでいるそうです。(ギネスブックより、
今日息子がギネス世界記録2008という本を見ているときに見つけました。)
この雲の端からは風が吹き降ろし、その反対側では上昇気流が発生します。
グライダーに乗る人にとってはとても魅力的な雲、それもそのはずこの雲に
沿ってず〜っと飛べるのですから・・・。

 実は私、ウインドサーフィンでこの雲を体験したことがあります。 
まだ初心者の頃でしたが、明石の林崎で体験しました。
 その時のソリトン雲は写真のものより小規模でしたが、長さは10km以上
 はあったと思います。
 その、ソリトン雲から吹き降ろす風にのって、ウインドをしたのですが、
 安定した風が延々と雲に沿って吹き降ろしてきますので、どんどん沖へ
 走ってゆけるのです。そして、ふと見上げると自分がソリトン雲にそって
 導かれるように走っていることに気が付いたのです。

  
その瞬間はとても感動的なものでした。
  地球が私と遊んでくれている。
  どういうわけか、そんな実感が湧きてきたのです。
  もう一度、上の写真を見ながら、そんな瞬間をじっくり、想像してみてください。
 私はその時、初心者でした。いまだかつてそんな沖まで出たことは
 無かったのです。でも、感動が体中を包んでいたので、恐怖心は全く
 ありませんでした。恍惚状態だったのですネ。

 実はそれ以来、私はウインドがやめられなくなったのです。
 あの体験はあれっきり、二度と出くわしていませんが、
 今でも忘れることはできません。

http://strangequarks.ca/node/1159
動画でソリトン雲、ソリトン現象が見れます。

あの素晴らしい体験をさせてくれた雲はソリトン現象によるものだったのですね。
息子のおかげで、やっと、あの雲のことを知ることが出来ました。
あれは何だったのか、ず〜っと謎だったのです。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


風の無い時の過ごし方・・・


http://www.freelineskate.jp/
風の無い時どう過ごすか、これウインドサーファーにとっては
最大の課題です。
で、色々検索していたのですが、先日見つけたのがこれ
フリーラインスケートびっくり
スケートのようなスケボーのような、上記のHPで動画が見れますが
結構いけてます。
ってなわけで、3日悩んで、妻に承諾を得て買っちゃいました。
これが結構難しい〜!
今、息子がスケボーにはまっているので、今日はその横で、練習、練習。
なんとか、4〜5mはそろそろと滑走、少しカーブもできました。

これ、普段使ったことのない、足首の筋肉を使います。
上手くなれば、ウインドの上達に繋がるかも、かも豚
コンパクトなので、持ち運びも便利。いいかもしれません。

 最近、ウインドの話題ばかりですね、すみません。
また、アロマとか、家庭菜園とか、漢方とかのお話し
お役立ち情報も見つけたら掲載しますね。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


梅雨明けか〜〜〜!?サーマル吹いたよ!


今日はサーマル・ウインド吹きましたね〜〜拍手
浜でセッティングしている時は、熱中症になるかと思うほど暑かったけど、
海上は涼しかったです。と、いうかそれどころではない。びっくり
強風とうねりでへとへと、1時間くらいはなんとか粘りましたが、
後はもうギブアップ。青いセイルさんや、AB先生はず〜と乗ってたな〜すごい体力ジョギング
写真では解らないけど、結構うねりがありました。
まあ、慣れてゆくしかないですね、これは・・・。
写真はラナイの掲示板から、私とwind仲間のKTさん
KTさんかっ飛ばしてますね〜!
でも、後で本人に聞いたら「結構怖かった。」とのこと、
端で見ていたらそうは見えなかったけど。

いや〜でも今日の天気、これは梅雨明けではないでしょうか!?
いよいよサーマルシーズン突入か〜〜楽しい
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


早く梅雨明けて〜wind


今日は雨、雨、雨の中西宮浜沖でヨットレース。(ちょっと、見えない?)
朝からぞくぞくとヨットが出てゆきました。
時々南西のブローが入っていました。
午前中は梅田へ家族で買い物。めずらしく家族サービス〜拍手
で昼から家に帰ってきて、外を見たら見るなんか吹きそう!?
てなわけで、いそいそとラナイズビーチクラブへジョギング→本買ってね!
風は南南西3〜4m/s時に5。神戸船舶の情報を見ると6m/s→7m/sと
上がってきました。ときめき
そこで、6.5平米をセッティング〜ッして出廷
写真は私ではありません。ラナイの掲示板より。
じょじょに吹き上がり、ややオーバーとなってきました。
今日は乗れると思っていなかったのでラッキーです。
でも、ラッシュガードに7ぶ丈のリバーガイドパンツのいでたちは寒かった
沈したあと、ウォータースタートして2往復、のどが渇いて、腰にぶら下げたスポーツドリンク飲んだら、急に体温が低下冷や汗これはヤバイと思い、まだまだ、乗りたかったのですが、引き上げました。

梅雨の季節はまだ、寒いので注意、注意。

他のメンバーさんは、浜の宮に行った人(4.7平米オーバーだったそう。水は温かかったそう、さすが南国)マーブルでかっ飛ばした人、色々だったようです。風乗りのみなさん、早く梅雨明けて欲しいですね〜〜〜晴れ



   モンベルリバーガイドショーツですが、7ぶ丈で膝も擦りむかず
  沈しても全く問題も無く、快適でした。男性向けの7ぶ丈のカイパンは
  ウインド用では今のところ無いみたい。結構これお勧めですよ。
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1127244
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


Windレッスン・ケーブルテレビで放送です。


お世話になっている、甲子園浜のラナイズビーチクラブでレッスンの撮影が
行われたそうです。
 以下、ラナイ掲示版の記事より、http://www.lanai-s.co.jp/
今日はケーブルテレビの撮影です♪♪
芸人さん?4人がウインドに初挑戦!!
写真は沖からNコーチ登場の場面です・・
みんなテンション高くてなんか盛り上がってます・・
北風微風の絶好の初心者コンデションの中で無事撮影は終了しました。
最後のフリーセイリングの時間は女の子はNくんと二人乗り♪、男の人3人はみなさんお上手でけっこう楽しそうにスイスイと乗ってましたよ♪♪。うーんNくんも最近はすっかりテレビに馴れて上手いもんだ(^^ みなさんぜひ見てくださいね。

番組名   ねっとわーくPLUS 30分番組
放送媒体  ベイ・コミュニケーションズ9ch
放送日   7月7日〜13日 1日3回〜4回リピート放送
放送エリア 西宮市、尼崎市、伊丹市、大阪市西部


見ることの出来る人は是非、見てください。
梅雨が明けたら、ウインドスクールにはもってこいの季節。
いつかウインドしてみたいと思っている人は是非、トライしてみてください。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


梅雨のあい間・WIND



今日は午後休診日、いつもはnich絵画教室ですが、さぼってしまいました。
ここのところず〜っとwindできていなかったので・・・。
日本海側に低気圧があり、吹きました。(吹き上がるとことまではいきませ
んでしたが)これで、ちょっとうつ気味だったのが治ったかな!?
この梅雨のころ、気持ちが晴れませんよね。(windsurferは梅雨の時期は風が吹かなくて、気持ちが晴れません。びっくり)同業の某内科Dr.も来ら
れてました。やっぱり、仕事柄、ストレス溜まったるんですかね。
windのおかげで、reset出来ます。(自然の力に感謝悲しい

皆さんも、resetできる方法見つけてください。
本当、ストレスやなにやらで、病んでいる人が多いのです。
自然の中に出て、晴れ船水泳ジョギング自転車
自分を取り戻しましょう!

さあ、次の日曜日はアロマセラピー学会関西地方会です。
私も発表しますが、他の方の発表も楽しみ、また、ブログで要点を
お知らせしますね。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


梅雨前線北上中・WIND


今日は3時すぎから、甲子園浜へ6.4屬婆詰して無理して
なんとかプレーニングってところでした。
フォーミュラーの皆さんは堪能されていたようです。
梅雨前線北上中、もっと接近してくれれば風も上がったのかも。
やっぱり梅雨の間は風厳しいかな〜。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


5時半からのサーマルウインド


今日の甲子園浜、午後1時半頃、(阪神高速湾岸線の高架下の向こうがアウト側)風はそよそよ〜、でも先週乗れていないので、とにかく出廷しました。2時間位粘ってみましたが、あと風速が1m足りない感じ、しかたないかと浜に帰った後、私と入れ違いに出廷していった、Iうえさんご夫妻、しっかり、プレーニングしているではありませんか〜〜!くぅ〜〜〜悲しい
夏の風は3時から吹く場合と、5時半から吹き始める場合があるそうです。
知らなかった〜。ショック

(写真はIうえさんご主人、ラナイの掲示版より。)
まあ、でも2時間は出廷していたので、メタボ対策にはなったでしょう。
来週は良い風にあたりますように犬
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


No Wind

さ〜ぱり、吹かず、風力充電できず!霧
ま、こんな日もありますか、自然相手ですからね。汗
明日は気温が上がりそう。サーマルウィンド吹くのかな〜。
平日乗れる人はいいですね。
ゆっくり、温泉でも入って仕事にそなえましょう。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


今日のwind





今日の風のコンディションは上のような感じでした。
風が上がり始める寸前にアウトに出たので、タックなしで
橋桁を超えられました。
風はどんどん上がり、6.4屬妊献礇好函船ーバーになって
風波も結構うねってきました。強風
まだ、これくらいのコンディションでは乗っているというよりも
乗らされている感じ、もっと、慣れなくっちゃ。

下りの時、波の背に乗せてゆくと、失速せず、下りすぎず走れること
に気付きました。一つ進歩かな。!?
これぐらいのコンディションで切れ端超えて、沖で走れるようになるのが
当面の目標ですね。
今日の風力は充電するのに充分でした。嬉しい
気・血・水充分に巡ったのでは〜。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


台風前。


今日は午前中のりました。
ガスティーでしたが、北東〜たまに北西、が入り。
結構、ジャイブの練習できました。
写真はラナイズの掲示版から、私です。
寒かったので、しまいかけたドライスーツをまた、出してきて丁度でした。
今日の風向きは台風の影響なんですかね。
午後はまだまだ吹き上がりそうですが。
午後はお買い物です。プレゼント
皆、楽しそうにまだ、まだ、乗るぞ〜という感じでした。

写真はラナイズショップのNさん、メンバーのHろさん、と知らない人(左から)こんな技、できるようになるのかな〜?びっくり

writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(4) | - |


台風発生


http://www.bioweather.net/index.htm
今日は雨ですね。雨
ところで、
強風台風発生です。13日に近畿地方に最接近の予定?
平日か〜、しょんぼり
今日は寒いですが、少しずつ、夏が近づいていますね。
サーマル、サーマル、サーマルwind晴れ
の日々がはじまりますね〜。嬉しい
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


Golden week Wind 2



写真はラナイズのメンバーの皆さん。(ラナイズ掲示版より)


昨日、今日と吹きました強風。今日はアウトでライド。
写真でみるとわかりませんが、風波がかなりうねって乗りにくかった。
でも、このコンディションでも出れるようになったのがちょっと嬉しい
まだ、無理して乗らされている感じなので、逆らわないように乗ること
を心がけよう。グッド明日はそろそろ家族サービスしないと〜バッド
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


Golden week wind


写真はラナイズ、メンバーさん。ラナイ掲示版より・・・。
ゴールデンウイーク突入ですね。今年は飛び飛びの連休。
昨日は、午前中診療をして、帰宅後、昼食、疲れていたので
30分程昼寝をして、ぼちぼち甲子園浜へ。

遅くいったわりには吹いてきました。
注文していた(N/S)のデューク、5.4屬届いていたので、
早速、セッティング、初めての5.4崑罎覆里如△Δ泙乗れるか
不安でしたが、結構風が吹き上がってきたので、楽しめました。

まあ、不慣れサイズなので、変な力が入り、うまく走れたとは言えま
せんでしたが、私にとっては新しい強風領域への第一歩を踏み出せた
感じがします。(強風ライダーにとっては5.4屬和腓いセイルでしょうが)


(N/S=ノースセイル)デューク、5.4屬隆響

今まで、6崑罎望茲辰討い燭里如△箸辰討盞擇扱いやすかったです。
乗りなれたN/Sなので、違和感も無し。満足です。

 しょんぼりN/S(ノースセイル)さんへ、一言

 注文した色は違うし、(オレンジを注文したのに、グリーンがきた。)
 以前、6.9平米を注文したときはすぐに入荷できると言う話しだった
 のに結局2ヶ月以上もかかってしまった。まあ、海関係って結構いいか
 げんなのが当たり前かなって
、いうところがあるので、我慢していますが
 これ以上、何か続けば、メーカー変えようかなと思ったりしています。
 ユーザーの期待を裏切らないようにしてくださいネ。

writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


東風


曇り今日は全く風を期待していなかったのですが、東風が入りました。
大きなセイルの人は結構、安定して走っていましたが、
ガズティーなブローで6.4屬了笋倭ったり、止まったり。
でも、結構運動になりました。これもメタボ対策です。
ウインドでうんどう!!
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


Earth wind & water


http://www.pwaworldtour.com/index.php?id=41

船PWA(professional windsurfers association)のHPのgalleryには
素敵な写真が満載です。windをする人もしない人も、一度覘いてみてください。

windは地球のスケールを体験できるスポーツの一つ、
地球のパワーを体に充電できます。(曇り風力発電ですね。〜(^@^)〜)
windで充電して、仕事で放電。windsurferの大半がこのパターン
じゃないかな。
いつかはwindしてみたい、と思っている方、色々なショップでスクールが
始まっていますよ。是非、体験してみてください。Earth wind&water を!!
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


春分wind


春分の日のwind、写真はいつものお店のスタッフが撮ってくれました。
ちょおっと、へっぴり腰なのが情けない〜!
強風ブローが強烈だったので、飛ばされないようにと、固まってしまっている
時の写真です。まだ、まだだな〜。
この後、ジョイント位置をちょい前へ、ブームをちょい上へ、セッティング
しなおしたら、結構、楽に乗れました。
実は私、上達が超スロー。でも、その分楽しみが一杯残っていると思うことにしています。
もっと、かっこいいところを撮ってもらえるように頑張ろう〜っと。
board 103L(バーレーヘッズ) sail 6.4north sail duke(私の体格ではちょい、オーバーでした。でも、セイル調子良いです。)
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


セイリング型洋上風力発電


狭い島国のイメージが強い日本だが、実は海上は広大で、排他的経済水域
は世界7位だそうです。
このセイリング型洋上風力発電は
巨大フロートに風車を設置、洋上にならべ。
巨大フロートは超巨大ヨットのようにセイルで移動は自由自在。
ただ送電線が施設できないので、
発電した電気と海水で水素を作り、さらにメタンや
液体燃料に変えるなどをして船舶で運ぶそうだ。

            JAF MATE 4月号より。

ウインドやってると、手に風の力を感じながら、セイリングするので、
このセイリング型洋上風力発電本当に大丈夫??って思っちゃいます。
風や潮流の力って物凄いんですよ。でも、実現すると、とても良いですね〜!!
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


Wind と Mind


(写真はクラブメッド・カビラから、石垣島のリゾートいいですよ!)

最近、ウインドの絵を描いているのですが、描きながら思い浮かんだこと
があります。ウインドサーフィンって、人生に似ているなって・・・。
好天の時もあれば悪天候の時もあります。コンディションは様々、その中で
荒れた強風の中でも楽しめる人もあれば、流されて苦難に陥る人もあり、
安全優先で出廷しない人も居る。
かと思えば、微風でも出廷して楽しめる初心者、上級者でも微風で楽しめる人とつまらなさそうに過ごす人、あるいは浜で皆と楽しそうに談笑する人。
どれが良い悪いじゃなくて、様々な情況の中で、その人の感じ方は千差万別ということ。
そう考えながら今描いているウインドの絵を眺めていると、ボードはbodyセイルはmind,そしてそれらを操る人はsoulに見えてくるのです。皆生まれながら与えられた身体や心は色々、身体能力や感性は多種多様です。でもそれを操る魂(soul)次第で、人生はどのようにも変わってくるのです。

 soulに響くものを持っているかいないか、それをつかめるか否か、が結局は人生をつまらないものにもし、楽しいものにもするということではないでしょうか。

 『心(芯)棒を持つことです。』昔、占いをしてもらっときにそう言われたことがあります。これはなかなかむ難しいことでした。でも最近やっと、ここ数年の体験や、様々な本、特に「創造するコスモ(宇宙)」と「法華経」を読んで、心棒を持つことができるようになってきたと思っています。

 今、人生の荒波にもまれて苦しんでおられるかた、或いは全くの無風で何をすることも出来ず無気力になっておられるかた、皆さんはいかがでしょうか?嵐がいつまでも続くことは絶対にありません。また、無風がいつまでも続くこともありえません。そんなことは自然現象にはあり得ないことです。もし、いつまでも同じことが続いているようであれば、同じようなことが繰り返されているようであれば、それは周りの環境のせいではなく、あなたの反応の仕方に原因があるのかもしれません。

 心棒を掴み、もう一度セイルアップをして、セイリングをはじめてみましょう。少しずつ、できるところから・・・。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


eve wind


写真は私、ラナイズビーチクラブのNさんが撮ってくれました。
http://www.lanai-s.co.jp/

今日はクリスマスイブ、ってところで、季節外れのウインドかなり、ブローがきつかったです。今まで乗りなれていない5崑罎砲海譴らチャレンジ。
今日は5.8屬脳茲蠅泙靴拭
あ〜でも、ここまで体力回復できて本当によかった(^-^)。
40代も後半なので、気をつけながら体力維持しようと思う今日この頃です。

アウトではこの強風の中ウインドのオリンピック出場予定の選手が8屬脳茲辰討い燭修Δ任后6丹枦〜!!
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


永遠の一瞬


絵画教室nich http://www.art-niche.jp/に通い始めて3作目を今描いています。絵はこの絵ではなく崖の絵、完成まであと2ヶ月はかかりそう。てなわけで、息抜きにウインドサーフィンの絵を描いて見ました。まだ、完成ではありませんが、だいたい、こんな感じかな。やはり日頃、接している海なので、以外と描きやすかったです。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


ウインドサーフィンの歴史


今日はいい風が吹いているのに、風邪でウインドはお休み。
悔しいので、ちょっと、http://www.windsurfnwa.com/index.htmlから
ウインドの歴史について、そのまま転載させてもらい、ちょっとウインドを振り返ることにしました。

ウインドサーフィンの歴史ジョギング
ウインドサーフィンは1967年、ホイル・シュワイツアーとジム・ドレイクの二人の手によって、アメリカ・カリフォルニアで誕生しました。
 シュワイツァー氏は元々はサーファーでコンピューターのソフトウェア会社の副社長。当時、彼の家には週末にもなるとサーファーやヨットマンが集まり、パーティーが開かれてました。そんな仲間の中に、ヨットマンで超音速機の設計家ジム・ドレイク氏(Jim Drake)と出会います。この二人出会いがWSFの発想を生み出したのです。
 開発にあたり、最大の問題は舵をどう取り付けて操縦するか?ヨットをよく知っているドレイク氏は舵がなくてもある程度ならセールを調整するだけで舵をとれる、という事をヒントにして、マストを動かすことでボードを操縦する事を思いつきました。
 そこで考案されたのが、「ユニバーサル・ジョイント」です。これと弓状になったブーム(ハンドル部)でマスト(長いポール)を動かすことでセイリングを可能にしたのです。
 このようにして、ヨットでの常識であった『マストはボードに垂直に立つもの』という既成概念を打ちこわされました。ここで二人の非凡さが見て取れます。それは大きなサーフボードのようなものにセイルを取り付けたものでした。セイルとボードをつなぐジョイントが360度自由に動く点と、セイルについたブームを自分の手で握って操作する点。一見小さなこの二つの相違点が、ウインドサーフィンをウインドサーフィンたるものにしたのです。
 最初は360cm以上の長いボードが主流で、弱い風の中をのんびりと走り、競技もヨットレ?スのような形態が盛んだったが、強風と波を利用し、高くジャンプしたり、波をサーフィンしたりする「ウエイブセイリング」など様々な楽しむスタイルが生まれ、このスポーツは全世界にアッという間に広がりました。
 1984年にはヨット競技の一つとして、オリンピックの正式種目にもなりました。その後、ボードはどんどん短くなり、現在は250〜300cmの長さが主流で、水面上を浮きあがるように疾走する ”プレーニング” と呼ばれるセイリングが中心となっています。ウインドサーフィンの魅力は風と腕前さえあれば不可能なことはないといえるほどの、その運動性能の高さにあります。
 例えば、現在のウインドサーフィンにおけるスピード世界記録は90キロといえばモーターボートに匹敵する速度です。また、高さ15m〜20mというなビッグウエイブの中をサーフィングし、10mを越えるハイジャンプはもちろん、空中で2回転という大技まで、出現するようになりました。これほどの水面上の運動性能を人間はこれまで手に入れたことはありません。又、そこまでハイレベルでなくても、普通の人にもその魅力は十分に堪能できます。
 さらに弱い風でのんびり楽しむ事やロングクルージング、二人乗りなど、老若男女、子供、個人でも家族でも幅広い人達が楽しめることもこのスポーツの大きな魅力でしょう。
 現在、ヨーロッパでは冬のスキーと同様のファミリースポーツとして、気軽に愛好され、アメリカやオーストラリアでも、ウインドサーフィンのセイルを見かけないビーチがないほど普及しております。日本には、'69年に上陸し、体験人口100万人、愛好者は50万人といわれております。愛好者の平均年齢は男女とも20代後半から30代が中心ですが、40代50代の愛好者も非常に多く、「50代でウインドサーフィンに出会って、60代で現役。」という人もめずらしくありません。
 サーフィン、ボディボードなどに比べると大人のマリンスポーツともいえ、また生涯スポーツとしても見直されてきております。

ということです。そういえば最近ゲレンデでは定年退職を機にウインドを始めた・・・風のウインドサーファーをちょくちょく見かけるようになりました。嬉しい現象です。船
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


風〜がっ〜〜!

あ〜見事に風をはずしてしまいました。
くやしまぎれに今日は、自然律療法研究会のブログ記事更新。
あ〜それにしても見事にはずしたな〜。
明日はせっかくのお休みだからたのむよ〜。
吹いてください。

今日は乗れました。
でもアウト(阪神高速湾岸線の橋桁の下をくぐるのです。)に出にくかったな〜。
写真はラナイズのメンバーさん。
3回トライしてヤット出れた。
風の感じが夏とは明らかに変わってきました。
秋は風のパッターンが定まらない。どうなるのかわからない。
突然、南から北にかわることもあるし、予報をよく見ないといけませんね。
秋は変わりやすい季節。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | - | - |


日本風波アソシエーション


http://www.windsurfing-jpn.com/index2.html日本風波アソシエーションはウインドサーフィンの普及を目指したNPO法人ウインドの世界にもやっと、こういったまとまった動きがでてきました。サーフィンの世界では環境保護の活動なんかが結構活発なんです。今まで、ウインドではこういったまとまった動きがなかったので歓迎すべきことです。
また、上のような写真もダウンロード出来るサービスもあります。是非、覘いてみてください。こんなふうに走れたら、本当気持ちいいですよ。何もかも忘れて、頭の中、真っ白に出来ま〜す。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


風のりさん(ウインドサーファー)になるには


http://www.u-travel.co.jp/tour/CM-kabira.html
ウインドサーフィンをはじめるには、石垣島にあるclubmedのようなリゾートで気持ちよく始めるか、都会にもあるウインドサーフィンショップでレッスンを受けるのが近道。

大阪湾でもウインドサーフィンは出来ます。例えば二色浜、淀川、関空前のマーブルビーチ、そして甲子園浜。中でも甲子園浜は波が立ちにくいので初心者にはうってつけ、二色浜もそうですが、ショップが充実しており、スクールやレンタル会員もあり、入門者には優しい、ゲレンデです。


写真のようになんとキッズスクールもあるのです。
私がいつもおせわになっているのは、この甲子園浜のショップ、ラナイズビーチクラブです。http://www.lanai-s.co.jp/index.html

飯島夏樹さんの映画を機に、ウインドを始めたいと思われた方のご参考になればと思います。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


life天国で君に逢えたら


http://www.life-tenkimi.jp/

プロウインドサーファー飯島夏樹の実話の映画化。
ウインドサーフィンのワールドカップに参戦するため世界中を巡っていた
主人公は若くして、家族を残し肝臓癌で、逝ってしまいます。
ウインドのシーンは本物の選手達が参加、リアルです。そして俳優の大沢たかおはなんと、この映画のためにウインドサーフィンをゼロからマスターしたとのこと、本当、陳腐な吹き替えや、セットのシーンでなくちゃんと本当に乗って映画を撮ってくれたのが、とてもありがたかった。
そして、病院のシーンも実にリアルでした。
私自身、ウインドサーファーで、医者で、ちょうど似た年代の子供たちが居ますので、リアルでシリアスなこの映画はちょっと、観にいくのに勇気が要りました。この記事もなかなか書く気になれませんでした。

でも、時間がたつにつれて少しずつ、色々なことが実感として現れてきました。それは、家族の大切さ、ありがたさ、仲間の大切さ、ありがたさ、そしてウインドという独特な非日常の世界の大切さ、ありがたさです。

今だかつて、ウインドがこんなに真正面から取り上げられることはありませんでした。だから、私達”風のり”がどういうふうなのか、客観的に見る機会はありませんでした。今回この映画のおかげで、”風乗り”がどんな世界に居るのか、少しは認識が深まったように思います。そして、この”風のり達”の文化を大切にしたいと思いました。

なんか稚拙な感想で申し訳ありません。正直まだ、消化できていないのです。この映画が与えてくれた、テーマはとても深い。まだ、感想を述べられる段階にはありません。しかし、ウインドサーフィンとは無縁の人たちにも是非、観ていただきたいのです。そして、飯島夏樹という偉大なプロウインドサーファーが居たこと、そして、ウインドという世界が存在するということ、それは非日常ですが、今ウインドの道具は進化し、誰にでも楽しめるスポーツになったことを知っていただきたいと思うのです。

一人で海の上にでて、風の力だけで、走る。風は皆の共有物で、風が吹けば何処からとも無くいつもの仲間が集まってくる。風が無ければ陸(おか)でたわいも無い話しに明け暮れて・・・。そこには、ギスギスした現代社会が見失っている大切なものが溢れていると思うのです。この映画で新たな”風乗りさん”が誕生すればとても嬉しいことです。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


新年おめでとうございます。

新しいスポーツ カイトウイング

新年おめでとうございます。皆さん今年もよろしくお願い申し上げます。
今年は、明るく元気な年になるように頑張りましょう。

  写真は新しいスポーツ カイトウイングです。
 ウインドサーフィンをされる方なら興味ありかも、準備も簡単そう。
 でも、陸上なので、こけたら痛そう。只今、ウインドはお休み中なので、
 興味津々なのですが、やっぱりこけたら痛そう。
 ご興味のある方はリンクの新しいスポーツカイトウイングをクリック!

       久しぶりにライトな話題でした。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |





かれんだー
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 おススメ記事
コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード