Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
ゆらぎ

 昔書いた記事、http://windwalker.blog.bai.ne.jp/?eid=99550
を読み返していて、もう一度反芻してみたくなりました。

 宇宙誕生から、私達意識を持った人類の誕生までを遡ると

 無機物の発生⇒有機物の発生⇒生命の誕生⇒意識の誕生

 となります。簡単にまとめれば・・・。

この全ての発端そして、この意識誕生までの過程で共通して
いるものそれは 「ゆらぎ」だと思います。
ゆらぎによって、全ては始まり、「ゆらぎ」によって全ては推し
進められた。

 そして、その「ゆらぎ」が産み出したものが次々と姿を変え
進化していったのです。その結果が意識の誕生に繋がっていった
わけです。


 ですから、意識を構成する成分である「こころ」は
つまりその「ゆらぎ」だと言っていいのではないかと思います。
ゆらぎとこころは同じもの「ゆらぎ=こころ」ということです。

 こう考えると、「思考の仕方によりその思考する者の世界が
変わってゆく。」ということも理解しやすくなると思います。

 さて、次に、意識の誕生まで来たら次は何が生まれるのかという
疑問が湧いてきますよね。

 ゆらぎ(=こころ)⇒無機物⇒有機物⇒生命⇒意識
と形のないゆらぎから、形の有るものが生まれ、そしてまた
それが、意識という形のないものを生んだ。この意義は
何でしょう?

 意識とはある意味、形の無い生命体です。生命の持つこころの
動きを反映して実にダイナミックな活動を行なっています。

 つまり、「ゆらぎ」が宇宙創造を始めた理由はゆらぎ自身が
生命を獲得することにあったのだと思うのです。

 そう、人類が意識を獲得した時点で、ゆらぎはついに
生命を得たことになるのです。が、しかしそれはまだ不十分
です。人体という有機体が無ければ、存続できないからです。

 「ゆらぎ」の最終目標は形の無い「意識体」としての
存続です。

 それを実現するには、例えばゆらぎ自体がソリトン波のような
現象を獲得しなければなりません。


 それを実現してゆくのが我々人類のこれからの目標
なのかもしれません。それは様々な宗教が試みてきたこと
であるし、様々な音楽が試みてきたことであるし、様々な
芸術が試みてきたことだと思います。人類が創造してきた
文明、文化の全てがその試みの一環なのだと思います。

 不協和音渦巻く、現代に置いて、今もっとも必要
とされていることは共鳴、こころのソリトン波を引き起こす
ような共鳴だと思います。

 今、世界中で起きている不協和音はその共鳴の必要性を
際立たせるための、「ゆらぎ」からの強烈なメッセージ
なのではないでしょうか?
writer : Dr.hal | スピリチュアリティー | comments(0) | - |


南無阿弥陀仏

 今までに、古代キリスト教とか法華経とか、色々首を突っ込んで
広く浅く、探索してきましたが、肝心の当家の宗派である。
浄土真宗について、あまり詳しく調べていなかったので
(というか、あまりそういう気が起こらなかった。)
ちょっと、南無阿弥陀仏について、わかりやすく解説している
ところはないかな〜と思い探していたら、ありました。


浄土真宗の基礎知識
仏教の本末(1)「無明業障の病」
仏教の本末(2)「阿弥陀仏」
仏教の本末(3)「六字の名号」

が、とっても解りやすいです。
病気と医師と患者に例えて、マンガつきで解説しています。
南無阿弥陀仏について、過去に2〜3、本を読んだことが
ありますが、これほどわかりやすい例えはなかったと
思います。

 他力門に対しては批判的な意見もありますが、
何かを信仰しているということは、そのことに依存して
いるわけで、それも他力に入るのでは?
だいたい、あーだ、こーだとうるさく言う人はその道の
入門したての人や、初心者に多いもの、それは宗教だけに
限らず、趣味の世界でも同じ、その道の達人になれば
なるほど、あまり、とやかく言わなくなります。
興味のある人は参考程度に覗いてみてください。

なぜ、南無阿弥陀仏を見直す気になったかというと・・、
最近はまっている

神の詩―バガヴァッド・ギーター (TAO LAB BOOKS)
神の詩―バガヴァッド・ギーター (TAO LAB BOOKS)
田中 嫺玉
を読み始めてからです。
戦争を肯定しているのは、良くないが
その他の内容についてはまさに生き方の指南書
です。これを読んでいるうちに、南無阿弥陀仏を
もう一度、見直してみたくなったのです。
続きを読む >>
writer : Dr.hal | スピリチュアリティー | comments(0) | - |


ことばのクラウド

最近、クラウドコンピューティングとか、クラウド
という言葉をよく耳にしますね。どういう意味なのか
検索してみたら、
@ITさんのホームページ
の解説に行き当たりました。

この絵のように、まるで色んなサービスが雲の上から
降ってくるようなイメージなのでクラウドと呼ぶようです。
(実際にはそこにサーバーが存在するのですが。)

 これを見ていて思ったのですが、人間は言葉のクラウドに
支配あるいは、影響されて生きているのですね。
例えば、様々な宗教がその良い例だと思います。
宗教にはいろいろな言い伝え、お経、お題目、祈りの言葉
などがあります。そうした、歴史によって積み重ねてこられた
言葉のクラウドの下で、私たちは様々な影響を受けながら
生きているわけです。そして、その雲からどんな情報を引き出す
かは人それぞれ、好みやその人の心身の状況などによって
自由です。

 しかし、その自由さゆえに、多様性が生まれ、
様々な摩擦も当然、生じてきています。

 でも、よく考えると、クラウドコンピューティングの
クラウドの裏にはそのシステムを作った誰かが必ず、居る
わけです。私たちが影響を受けている、言葉のクラウドの
裏にもそれを作ってきた人達がいるわけです。

 ここで、本当に人が必要としているもの
願っているものは、そのクラウドの中には無いということ
に気づかなくてはなりません。確かに、クラウドは
無くてはなりません。無いと困る人達がたくさん出てし
まいます。でも、クラウドからある程度、供給を受けて
安定し、落ち着きが得られたら、クラウドの上にこそ
本当に望むもの、願うものがあるのだということに
目を向けたほうが、本当の安寧至る近道だと思うのです。
言葉のクラウドはそこへ至るための一段階に過ぎない
入り口だということに気づくべきだと思います。

 そうすれば、もっと、地球上の混乱は収まりやすく
なるのではないでしょうか!?


 IT産業が進化を遂げて行く様は、まるで、
 何かを模倣し、追いかけているように思えます。

writer : Dr.hal | スピリチュアリティー | comments(0) | - |


半心半身(はんしん・はんみ)

 人は目に見える物質=身体と、目に見えない非物質=精神の融合体
一言で言えば、半心半身。物質の世界から見れば奇妙な存在。非物質の世界から見ても奇妙な存在。でも羨ましい存在。

 人は半心半身なので、そのバランスを保つのが大変!
 だから、悩み、健康を損ねる。
 でも、そのバランスが絶妙な調和によって保たれる時。
 無常の幸福感を味わうことができる。

 物質は精神を知ることが出来ない。非物質は物に触れることが出来ない。
(物質の無いエネルギーから、物質が誕生することは証明されていますが。)

 半心半身の人にはその両方が許されている。とても恵まれた状態。
物質と非物質の葉境(はざかい)に生きる人間って、何なんでしょう?
なんのために、そこに存在しているのでしょう?

 境い目(さかいめ)には変化が起きます。境い目には重要な要素が存在します。(例:前線の谷間では天候が変わる。果物のかわと実の境い目には有効成分が豊富。)全宇宙からみればその存在は極わずか、でもその存在意義にはきっととても大切な事柄が含まれているのでは・・・・?(人間原理主義的な考え方ですが・・・。)

 読書5次元の世界が3次元の世界に重力波を通して影響を与えている可能性が立証されようとしている現代。目に見えないものと見えるものとの相互依存関係は我々の想像を遼に超えたものなのかもしれないと思われてきます。

人は幸せに、健康に生きてゆくために、何を目指して、何を頼りに生きてゆけばよいのでしょう。これから科学が導き出す新たな事実の中にそのヒントや答えがあるかもしれません。




読書リサ・ランドール異次元は存在する より。
異次元の存在検証へ 〜2007年の加速器実験の章より2007年、スイスのジュネーブ郊外にある静かな酪農地帯で、ひとつの実験が行われようとしている。
実験場は、地下100メートルのところにつくられた。
欧州合同素粒子原子核研究機構(CERN)が総工費3500億円をかけてここに超高エネルギーの素粒子衝突型加速器の建設をすすめている。
この加速器はラージ・ハドロン・コライダー(LHC)と呼ばれ、実験結果次第では、ランドール博士の提唱する五次元世界の存在が証明されることになるという。
地中には、円周27キロメートルのトンネルが掘られ、そこに水素の原子核をつくる陽子を複数、超加速で走らせて衝突させる。実験では、この衝突で飛び散った素粒子の動きを観測する。実験後、およそ1年をかけてデータを分析し、結果を導く予定だ。
衝突で粉々になった素粒子の破片は、ある確率で姿を消すことが予想されている。本来消えるはずの無い粒子が姿を消すことが確認された場合、粒子の姿を消した先が見えない5次元空間であると考えられる。
この実験はレンドール博士の理論を裏づけるものとして、世界中の注目を集めている。


http://www.linear-collider.org/index.html
必見!!!
writer : Dr.hal | スピリチュアリティー | comments(0) | - |


ひとり言

健康と幸せをいかにして得るかをず〜っと、考えつつ日常診療にフィードバックするように心がけてきました。宇宙、量子力学、宗教関係の本、スピリチュアル関係の本、脳生理の本を読んできて、自然律療法へのフィードバックも充実し、そろそろ総論の完成時期を迎えようとしています。

 ここまで来て思うことは、というか将来の夢は、この自然律療法(Natural law cure)のヒーリングセンターを作りたいな・・・。という
夢です。まだまだ、足りないかもしれません。でもなんとなくつかめてきたような気がするのです。ひょっとしたら、まだ、解り始めの段階かもしれません。でも、何か見えてきたのですね。少しだけ・・・。

 Nal cure 探求の旅はきっと生涯続くと思いますが、
 Nal cure healing centerは実現したいですね。近い将来。
 新しい夢が見えてきました・・・。
writer : Dr.hal | スピリチュアリティー | comments(2) | - |


心の処方箋

運命の方程式を解く本
運命の方程式を解く本
高橋 佳子

上のアマゾンのは画像が悪いので、実際はこんな感じです。


紀伊国屋に平積みにされているこの新刊、心の闇に陥ってしまった人にとても親切な回復のためのガイドです。運命を好転させる、「明運力」がキーワード。私は昨年過労で倒れてから、精神的にもどん底まで落ちてしまい、回復するのにとても苦労をしました。その時私を助けてくれたのが、この著者の本「新祈りの道」です。とても感謝しています。

神仏、魂、光、という言葉にアレルギーのある人(かつて私もその典型の人間でした。)でも読める本です。色々なことで困りきっている方はご一読の価値があると思います。

新祈りの道 ↓
新・祈りのみち―至高の対話のために
新・祈りのみち―至高の対話のために
高橋 佳子

グッド上記の本は、心理面での解決法の一つの提案であり、
私はこれが全て、これが絶対だとは思ってはいません。
ただ、ここまで、易しく解説してくれている親切な本は
あまり存在しないと思うのです。

宇宙の起源を模索する科学の世界でさへ諸説入り乱れ、
インフレーション説が否定されるかもしれません。
本当のことがわかるまで、大切なことは
”イメージ”どのようなイメージを抱き、より幸福に、健康に
生きれるかです。

科学の世界でもイメージはとても大切です。
より良いイメージのための参考書として活用していただければ
と思っています。

可能な限り、客観性を保ちつつ進んでゆきましょう。
writer : Dr.hal | スピリチュアリティー | comments(0) | - |


スピリチュアルに迫る科学

意識情報エネルギー医学―スピリチュアル健康学
意識情報エネルギー医学―スピリチュアル健康学
奥 健夫

仮説とは言え、ここまで、科学がスピリチュアルに迫った本はそう無いのではないでしょうか、しかもわかりやすく。難解な部分が専門外の私にあることは否定できません。しかし、それでも大事なことはわかるように書かれています。

将来、この仮説が立証されれば、天動説から地動説に変わったときのような大転換期がくるかもしれません。本当に心強い、一冊です。2日前に宅配で届いたばかりですが、もう読めてしまいました。皆さんも是非、是非、読んでみてください。

私は最近、病気のほとんどは”心の残像”だと感じてきています。
原因が体の外にあるにせよ、中にあるにせよ、それを長引かせているのは病気に悩んでいる当の本人なのです。心の残像が体になければ、病気はもっと早く治ります。エビデンス?、アルツハイマーの患者さんをみてください。彼らはすぐに忘れます。病気のことも忘れます。痛かったことも忘れます。風邪をひいていたことも忘れます。圧迫骨折で寝込んでいたことも忘れます。
 その結果、周囲があっけに取られるほど早く回復し、元気になります。
彼らには”心の残像”が無いからです。

 じゃあ、我々はどうすれば心の残像を消せるのでしょう。その答えのヒントがこの本にあると思います。皆さん一緒に、探してみましょう。その答えを。

Newton (ニュートン) 2007年 07月号 [雑誌]
Newton (ニュートン) 2007年 07月号 [雑誌]
昨日、ニュートン(雑誌)を買いました。
光のことがわかりやすく載っていて、奥健夫先生の本の内容がさらに
把握しやすくなりました。ひょっとしたら人の脳って、量子コンピュータ
並みなのでしょうか。
ニュートン7月号とても興味深い内容です。面白いですよ皆さんも是非、読んでみてください。
writer : Dr.hal | スピリチュアリティー | comments(0) | - |





かれんだー
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 おススメ記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード