Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
第2回グリーンフラスコ植物療法シンポジウムin大阪その2

セラピストとは!?

 第2回グリーンフラスコ植物療法シンポジウムin大阪
の最後、質疑応答の場面で、セラピストとは本来
療法師、治療師という意味であり、ヨーロッパや
アメリカではセラピストに対する教育はもっとしっかり
しており進んでいる。日本のセラピストはtherapistでは
ない。日本はtherapistに対する教育が十分ではない。
セラピストというカタカナが悪いというご指摘をされた
かたが、ありました。
 また、その方はヨーロッパの伝統医療が西洋医学であり
(おそらくヒポクラテスにはじまり、パラケルスス、ハーネマン、
ヒルデガルトなどの医療を指しておられたのだと思うのですが)
それらと、東洋医学などを学ぶ必要があるとも言われました。

 確かにそのとおり、ご指摘のご意見を伺っている間
胸が痛くなりました。それが日本の現状だから仕方がないのです。

でも、日本という国には古代より、数多の文明、文化が流入し
それらを受け入れ、独自の文化に仕上げ、発展をとげてきた国です。
これだけ、多種多様な内容のものを受け入れ、発展させてきた国は
他にはあまりないのではないでしょうか。

 セラピストという言葉は、日本にとってはまだまだ歴史の浅い
ものだと思います。(少なくとも私が医学生の頃には一般的ではなか
ったと思います。)ですが、セラピストというカタカナ言葉は日本に
おいて、また独自の発展をしようとしていると思います。

 今はその試行錯誤の時期なのです。各種セラピストが集まるセミナーに
行けば、医療現場への関わりをどうすれば実現できるのか、ということが
必ず、話題になります。

 医療機関サイドとしては、セラピストさんに医療現場に入っていただく
には、やはり、勉強が必要です。医学の基礎的な知識、そして、
できれば伝統医療の知識(陰陽五行でも、アーユルヴェーダでも、ホメ
オパティーでも)系統だった理論を何か一つ習得しておくが必要だと思
います。

 物事を考えてゆく上で、何か理論に基づいた自分なりのものさしが
必要なのです。ものさしがあれば、自分が行ったセラピーがどう効いた
か、何が良かったのか、悪かったのか、の評価ができます。そして、
そこに進化が生まれます。ものさしがなければ、いつまでたっても
なかなか進化しません。「考える」ということを
しなくなるからです。

 医療国家資格者と民間資格者との差は、このしっかりとした「ものさし」
を持っているのか、そうでないかの差だと思います。
これは、統合医療を実践している当院での活動の中で、実際に
感じていることです。同じ、疑問、同じ提案をしてもその反応に
差があることは認めざるを得ません。

 「じゃあ〜、どういたらいいのでしょう?」
セラピストさんから、そんな声が聞こえてきそうです。

実は、そうした悩みに答えるために、
 NPO法人関西アロマセラピストフォーラム
が、あります。アロマセラピストが医療現場に参入できるよう
教育をし、また、その現場作りのための働きかけを、
医療機関や介護施設に行っているのです。今日お話しされた
黒丸先生もカウンセリングの講義で関わっておられます。
私もこの会の理事を務めさせてもらっています。

お悩みの方は一度参加されてみては、いかがでしょうか。
関西アロマセラピストフォーラムはNPO法人ですので、
グリーンフラスコさんの活動と競合するものではなく、
むしろ相乗効果のあげられる立場だと思います。


 また、私が日夜、自然律療法なるものを構築しようと
努力しているのも、まさにこの点にあります。
誰もがわかりやすく、統合医療に関われる、日本独自の
統合医療のための理論を完成させようと「あーでもない、
こーでもない。」と日々の診療をフィードバックさせながら
取り組んでいるのです。

 セラピストの皆さんは一人ではありません。
こうやって、努力を続けている、団体や医療機関やちょっと、
変わった医師が居るのです。そのことを忘れずに精進を続けて
ください。
writer : Dr.hal | 癒し | comments(2) | - |


第2回グリーンフラスコ植物療法シンポジウムin大阪

今日は第2回グリーンフラスコ植物療法シンポジウムin大阪
に行ってきました。

 植物療法についての、具体的お話しが全く無かったのが
ちょっと、残念でしたが、収穫はありました。
本当は植物療法の話しが聞きたくて参加したのですが・・・。しょんぼり

黒丸尊治先生(彦根市立病院緩和ケア科部長)のお話し
では、 がん末期患者さん1000人の内3人、自然治癒する方
がおられること、

 その一例:肝臓ガンの患者さんで、手術後も再発
      を繰り返し、完治は無理だと
      緩和ケア科に回ってきた70代の患者さん

      毎朝自分で決めた、軽い体操をし、
      施設をボランティア活動で慰問したり
      活動をしているうちにガンが消えてしまったと。

 私は、この方の自己治癒力を高めたキーワードは「愛」だと
 思います。自分がどんなに弱っていても、他に、助けなければ
 ならない存在があると、自然とあるはずの無い底力が湧いてくる
 もの、他者に対する「愛」は生命力を最大限に引き出してくれる
 とても重要な要素なのではないでしょうか。

 また、カウンセリングのコツとしては、相談者は悩み事について
 色々と話すが、そのことについてあれこれ質問するよりも、
 よい状況の時のことを思い出してもらい、どんな時によい状況に
 なるのかを質問の中で引き出していってあげるほうが
 好循環が生まれるので良いというお話しがありました。
 つまりこのお話しのキーワードは○です。
 悩んでいるとき、うまくゆかないとき人は×ばかり目につきます。
 むしろ自分から進んで、×を探してしまっています。
 カウンセリングでは○を見つけるきっかけをつかませてあげれば
 良いということなのでしょう。


 そして、私の先輩、高津先生のアンジェリカのお話し、
 先生はお父さんの産婦人科を引き継がれ、更年期障害などの
 相談に応じているうちに、心療内科の道に導かれるようにして
 入っていかれたとのこと、そんな中で、漢方、アロマ、バッチフラワー
 との出会いがあり、患者さんとのやりとりの中で、経験を積み
 ノウハウを獲得していかれたとのことでした。

 高津先生のキーワードは「繋がりを作る。」医療を通して
 人と人の繋がりをつくってゆく、その中で、統合医療の普及を
 はかってゆくということなのだと思います。

 それから、グリーンフラスコの代表の林真一郎さんとも
 初めてお話しすることができました。植物療法の知識だけでなく
 ユーモアのある方で人と人の輪をつなぐ才能にたけた方だなと
 感じました。さすが、あれだけの組織をまとめておられるだけの
 ことはあるなあ、と思います。

 そして、グリーンフラスコのスタッフ、石丸さんや池内さんにも
 お会いできましたし、大阪校講師の佐古さんが、私のよく知る
 ディエステ・ガーデンの平垣さんとお知り合いだと聞き、新たな
 人と人との繋がりの発展があり、これからが楽しみになってきました。
 
writer : Dr.hal | 癒し | comments(2) | - |





かれんだー
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< March 2010 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 おススメ記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード