Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
<< ホメオパチー理論について、色について、学んだことから考えられること。その1 | main | コペルニクスの遺骨が発見されたそうです。 >>
ホメオパチー理論について、色について、学んだことから考えられること。その2

私は先の二つの本の記事にはホメオパチーの理論を裏付ける重要なことが含まれていると思います。ホメオパチーでは溶液に原料を混ぜ、それをどんどん希釈してゆきます。そして、薄めれば薄めるほど、効果が出ると言われています。聡明な皆さんなら、もう私が言わんとしていることがお分かりですよね。
つまり、濃度を薄めれば薄めるほど、(色の原理を適応すれば)そのもとの原料とは違う性質のものになる、さらにもっと薄めれば、もとの原料とは正反対の性質のものになる。ことになるのです。また、希釈が不十分なものでもポテンタイゼーションというエネルギーを加えることで、正反対の性質のレメディーが出来上がることになるのです。
その病状と同じ症状を引き起こす原料をどんどん希釈化し、正反対の性質を持つものを作りあげる、そしてそれを治療にあてる。これなら、どんどん希釈することで、病気が治る理由がよくわかりますよね。これが、本当のホメオパチーの姿なのではないでしょうか?
つまりホメオパチーは同種療法ではなく、実は対蹠療法だったのです。・・・というのが私の仮説です。
「ホメオパチーではレメディーのベースとする成分の分子が一つも残らないほど薄く希釈するのに効果があるのはなぜか?」
永い間、謎であったこの問いに、色の科学はいとも簡単に答えを提示してくれました。
全ての物質には色と同じようにその物質固有の振動数があります。私はこの仮説は検証される価値のある仮説だと信じています。
以下にケント博士が治療過程の理解のためにたてた、4つのシナリオについて私の仮説をもとに明快に説明したいと思います。

1:症状が改善する:これは選択した原料が正しく、希釈濃度(或いはポテンタイゼーション)も適切であったことを意味します。
2:悪化する:選択した原料は正しいのですが、希釈が足りないか、ポテンタイゼーションが不足していたことを意味します。
3:症状が変化しない:選択した原料がはずれている。選択を変える必要がある。
4:症状は初め悪化するがその後改善する:選択した原料は正しい、病状と同じ波動のものを与えることで病状を強調してゆく(=病気の濃度を高めてゆく。)ことにより、病状そのものの波動を反転させる。病状の波動の反転に成功すれば症状はその後改善する。(ただし、生体に負担をかけるので、慎重に行う必要がある。)

1、と4、が正解、1は対蹠療法。4が本当の同種療法。ですから、症状が悪化した時、決して、「好転反応」などという言葉は使わないほうが良いと思います。「好転反応は」症状が改善しはじめた時はじめて使うべきものです。
writer : Dr.hal | 自然療法 | comments(0) | - |


コメント
コメントする












かれんだー
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード