Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
<< 花粉症の意外な事実。 | main | 気とプラーナの関係 >>
飽食社会への警告

サンケイ新聞の少し古い記事だが、「飽食社会への警告」
という記事を見つけた。(2006.4.12)
以下にその抜粋を載せて見ます。

飽食社会への警告
東京医科歯科大学難治疾患研究所の小川佳宏教授らのグループは、
その炎症のメカニズムである「メタボリックシンドロームの悪循環の構図」
を解明しつつある。

主役は、白血球の一種でマクロファージ(大食細胞)と呼ばれる細胞である。この細胞は病原菌など異物が侵入すれば、察知して食べてしまう。
免疫を担当する「掃除役」だ。

炎症はこの防御反応の際に現れるが、
強くなると痛み、腫れ、発熱などの症状を伴う。
痛み自体は人体に異常を知らせる重要な機能でもある。

マクロファージは、奇妙なことに、
バターなど動物性脂肪に多く含まれる飽和脂肪酸を細菌と
同様に異物とみなして排除することがある。

肥満が進行するとともに、体内で炎症を強める悪循環が展開される。
肥大化した脂肪組織から、脂肪の構成成分である飽和脂肪酸が出され、
それをマクロファージが外敵と認識、排除しようと活性化する。

細菌と飽和脂肪酸に共通して構造がよく似た部分があり、
誤認するためらしい。
勢いづいたマクロファージから出てくるTNF−α
脂肪組織に働きかけ、脂肪の分解を活発にし、さらに
飽和脂肪酸を作り出す。

免疫にかかわる細胞が起こす病気の治療はやっかいだ。
飽和脂肪酸は血流に乗って移動するので、炎症も全身で発生する。

腫れや痛みなど炎症は軽度だけに、隠れた形で進行することも多い。
軽度の慢性の炎症状態が患者の体内のあちこちで起き、
動脈硬化やがんを起こすリスクの一つになる

もっとも有効な予防法は食事制限や運動量の増加で、
過剰な内臓脂肪を減らすことである。

そうすれば炎症の火消し役のアディポネクチンの分泌量が
格段に増えることもすでにわかっている。


この記事からも少食ががん予防、癌再発予防、がん進行予防に必須である
ことがわかります。
特に動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸が細菌と同じ、異物として
マクロファージが認識して、排除することがある
、という
ところに注目してください。(バター、なども動物性です。)

油もの、肉、大好きな人、これがないとやっていけないと言っている人
多いです。でも、この事実をよく知ったうえで、食べてください。
全く食べてはいけないと言っているのではありません。
少食であれば、問題ありません。
飽食に問題があるのです。


あ〜〜〜もうそろそろ次の記事は、軽い記事にしたい。
重い記事が続きました。

writer : Dr.hal | 医療 | comments(0) | - |


コメント
コメントする












かれんだー
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード