Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
<< からだは星からできている。 | main | 春田クリニックのホームページがリニューアル >>
臓器間の代謝情報連絡網

インスリン:分泌量3倍に マウスの肝臓機能利用 糖尿病治療に応用も−−東北大
肥満時に肝臓で作られるたんぱく質の働きを利用し、血糖値を下げるインスリンの分泌細胞を膵臓(すいぞう)で増殖させることに、東北大学の片桐秀樹教授(代謝学)らのチームがマウス実験で成功した。糖尿病の新たな治療法につながる成果と期待される。21日付の米科学誌サイエンスに掲載された。
インスリンは膵臓のベータ細胞から分泌される。チームは、肥満になるとベータ細胞が増えることに注目。肥満時に肝臓で作られるたんぱく質を増やす遺伝子を正常なマウスに導入したところ、膵臓でベータ細胞が急増した。糖尿病を発症させたマウスでもベータ細胞が増殖。導入しない糖尿病マウスに比べ、インスリン分泌量が約3倍になった。
また、肝臓から脳、膵臓へとつながる神経を切断して同じ実験をするとベータ細胞は増えなかった。チームは、肝臓が肥満状態を感知するとこのたんぱく質が作られ、信号が脳を経由して膵臓に伝わり、ベータ細胞を増殖させると考えている。片桐教授は「臓器間の神経ネットワークを使うことによって、ベータ細胞を増殖できた。将来、インスリン注射や移植が不要になるかもしれない」と話す。
(毎日新聞)


最近の内科学会雑誌に 神経による臓器間の代謝情報連絡網
MetabolicInformation Highway のことが載っていました。
(概略は上記の毎日新聞の記事をご参照ください。)

 つまり、食欲、基礎代謝、インスリン分泌、体重、血糖値の制御に
重要な恒常性維持の機構が臓器につながる末梢神経と脳との
間のネットワークにによって調節されているとのことが証明
されたということです。
(従来より知られている血流を介したホルモンによる液性因子
 による調節とともに)

 
精神的ストレスで血糖値が上昇してしまった糖尿病の患者さん
を年に何回か経験します。(食生活、運動療法はちゃんとできて
いるのに)脳の状態が代謝に与える影響ってやはり大きいのですね。
納得です。


脳が受ける、様々な刺激、ストレスが液性因子、自律神経
とネットワークを構築し、全身の臓器の代謝恒常性維持に
影響を及ぼしており、脳がそれを代謝の管制塔として管理
監督していることが示唆されたわけです。

 いよいよ現代医学も臓器別に診る時代から
各臓器および脳(精神)も含めた、全体として人を診る
時代に突入しそうです。

そういった意味で、統合医療的立場からすれば、
これは画期的な研究成果だと
個人的に強く、思います。拍手

ひょっとしたら、大きな分岐点になるかも
しれませんよこれは!!


writer : Dr.hal | 医療 | comments(0) | - |


コメント
コメントする












かれんだー
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード