Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
<< 診察室のカラーボトル | main | 白露 >>
今問題になっている、ホメオパシーについて・・・。

今、ホメオパシーが問題になっていますが、その問題の本当の原因は
ホメオパシーが同種療法であるという歴史的な誤解にあると思います。
これは私の持論ですが、ホメオパシーは実は対蹠療法であるということなのです。
 詳細はホメオパチー理論について、色について、学んだ
ことから考えられること。その2
"ホメオパチー理
論について、色について、学んだことから考えられること。その2
とその1の記事を御覧ください。
 
つまり、同種のものを極限まで薄めることによりもとの物質の極性を
 反転させているのです。振動率が同じ性質のものの波形の極性を反転
 させた波をもとの波を重ねあわせると下図のように波(症状)が消える
 という理屈になります。これなら、どなたでも納得できる理論ですよね。



             ↓


  このように考えると、対立してきた現代医学とホメオパシーの
溝は埋まるのではないでしょうか?はっきりと言えることは現代医学
ホメオパシーのどちらにもその功罪があるということ、互いにその
存在を否定することは誰にもできないと思います。否定しあうのでは
なく、両者の利点を活かしあえる前向きな解決が先人達の努力を無に
しない最善の道だと思います。



続報

 日本ホメオパシー医学会では患者様がホメオパシーを受ける権利の
保証を求める請願書への署名運動をはじめているとのことです。
協力したいとお考えの方はこちらへアクセスしてみてください。

日本ホメオパシー医学会のHPのホメオパシーについての説明に
「ハーネマンは、希釈すればするほど、さらに、希釈物を激し
く振とうすればするほど、レメディの効力が高まり、治療効果が高まる
ことに気がつきました。ここに、希釈(dilution)と振とう(sucussion)
による、活性化(potentisation)という考え方が生まれました。」

と書かれています。しかし、ここでもそれが、なぜ効果があるのか
という、理論的裏付けがなされていません。
体験しなければわからない
医学であったとしても、第三者に納得のゆく理論的解釈がなければ
このたびのような問題は、当然、事あるたびに繰り返されることと
思われます。
漢方も東洋医学的理論の他に西洋医学的な裏付けが盛んに行われるように
なってきました。ホメオパシーも医学というからにはそれなりの実証が
必要になってくるのではないでしょうか。プラシーボ効果との差異も
問題になってくると思います。(効果があれば、例えプラシーボ効果
でも良いとは思いますが・・・、)エビデンスありきの風潮が決して
好きなわけではありません。むしろその反対です。しかし、伝統医療を
守り発展させてゆくには、古典を引き継ぐだけではいけないと思います。
謎をそのまま放置せず、しっかりと解き明かしてもらえればと思います。
(誰もが、疑問に感じていること、違和感を直感的に感じていること
を「そういうものだから、そう言われてきているのだからそうなんです。」
と無理やり教えられることが、伝統医療や代替医療には少なからずある
ことだと思います。しかし、それではそのままでは大きな過ちを
継承してしまうリスクを抱えてしまうことになりかねません。人の
直感はとても大切です。どうして、皆さんそこのところに手をつけよう
としないのでしょう?)




 
もし、私の仮説でホメオパシーに矛盾が生じなければ
 ホメオパシーを実践している人たちは、現代医療と併用しても
 なんの問題ないことになります。
 現代医療とホメオパシーが協調できることになります。
 ホメオパシー業界の方はどのように思われますでしょうか?
 私の仮説は助け舟になると思っているのですが・・・・・。
writer : Dr.hal | 自然療法 | comments(13) | - |


コメント
先生のお書きになった文章をプリントアウトさせていただいて、
一番「そうだ!!」と思ったところが、
ここでした (^v^)/
リコ | 2010/09/09 10:20 AM
何の事だか、よくわかりません。
もう少しわかり易くしてもらえれば・・・
物質の極性、振動、反転・・・
さっぱりわかりません。スミマセン。
トシ | 2010/09/09 3:34 PM
リコさん、そこまで読んでおられたとは・・、恐れいります。そうなんです。このように考えると謎が謎ではなくなってくるのです。古典を継承するとき、不明な点を解明してゆくのは引き継ぐものとしてとても重要なことで、そのまま鵜呑みにするのは結局その分野を衰退にまねくことになるとおもうのです。
風楽 | 2010/09/09 8:04 PM
トシさん、ある物質や病態の性質を波形で表現できると考えてみてください。ある病気を例えば上の図の緑の波だとします、その波(病気)を消してしまおうと思えば、波の周波数(振動率)が同じで山と谷が正反対の波(極性が反転した波)つまり、上の図の赤の波を合わせると緑の波が干渉されて消えてしまうことになると思います。これがホメオパチーを裏付けることのできる理論なのだと思っています。(ホメオパチーが有効と仮定した場合の話しですが・・、)

物質の濃度を極端に変えてしまうと、その物質の性格が全く反対のものになってしまうというのがルビーの色のお話しから学んだことです。(これが全てに通用するのかどうかはわかりません。)

以上、簡単に説明したつもりですが、なんとかなりますでしょうか?

トシさんはひょっとして、だいぶ前にコメントをいただいた方ですか?
風楽 | 2010/09/09 8:16 PM
こんにちは。
私も先日ホメオパシーについて記事を書きました。
といっても、素人の感想ですが・・・。
多少ホメオパシーから論点ずれてますが・・・。
こんなタイムリーに同じような記事を私が書くなんて、先生のファンとしてはちょっと嬉しいです。
えだまめ子 | 2010/09/09 10:04 PM
えだまめ子さん、お久しぶりです。せっかくあるものの良さをお互い活かしあえる方法を見いだせるいうのが、いいですよね。

 和み彩香さんとのご縁で、いつか東京でもセミナーを開くことがあるかもしれません。その時は是非、ご参加ください。
風楽 | 2010/09/09 10:30 PM
先ほどはご訪問有難うございました。
父は手術して7月下旬に退院しました。
恐ろしくでっかいガンを取り出しました。
すでにリンパまで回っているのですが、今の所、他で発がんはしておりません。
抗がん剤も飲んでいましたが、副作用が出て、もうトシだし「自然に任せよう」という事で飲んでいません。

安保氏の提唱している爪揉みをやるようには言っているのですが、やはり本人がやる気にならないと何事も続かず・・・。
えだまめ子 | 2010/09/09 10:52 PM
風楽先生、ありがとうございます。
物理的には何となくわかったような気がしますが、化学反応のような病気、たとえばホルモンの異常や糖尿、コレステロールにはどう反応するのかよくわかりません。理解力不足ですみません。
トシ | 2010/09/14 6:29 PM
たとえばホルモンの異常や糖尿、コレステロールにはどう反応するのかよくわかりません。

おっしゃるとおりで、実際どう反応するのかを証明するすべは今のところ存在しないと思います。これを証明しようとすると、波動がどうのこうのというお話しになってきます。

 ただ、もし波動で全て説明がつくという仮定でお話しをすれば記事のような仮説がなりたつのではというお話しです。

 波動ということばはもともと物理学的用語だと思うのですが、どうも言葉だけが一人歩きをしてしまっているので、あまりこの言葉を使いたくありません。

 いつかこういった分野も科学で裏付けが出来る日も来るのだろうと思います。トシさんは理解不足なのではなく、常識的なのだと思います。
風楽 | 2010/09/14 8:22 PM
ご丁寧な解説ありがとうございます。自分の頭の中で、(波動という概念があったとすれば)ひとつの物理的な意味での抗原抗体反応みたいなもの、とかんがえられます。凹と凸がくっついて打ち消しあうようなものかなあと。
トシ | 2010/09/15 8:56 AM
 余談ですが、上図の波形を見ていると、宇宙戦艦ヤマトのワープモデルを思い出してしまいました。(笑)
トシ | 2010/09/15 2:53 PM
私見ですが、病気になったら先生のクリニックを受診したいです。素敵なクリニックで患者さんたちのことをよく考えてくださっているようですね。
トシ | 2010/09/16 10:37 AM
トシさんありがとうございます。
宇宙戦艦ヤマトのワープ、懐かしい〜。
波動砲とかありましたネ。
お困りのときはいつでもどうぞ、素敵なクリニックかどうかは??ですが、みんなで頑張っています。
風楽 | 2010/09/16 9:32 PM
コメントする












かれんだー
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード