Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
<< ご意見、ご質問、疑問など | main | ことだま と 色彩 >>
それでも、あなたは乳製品を多量に摂りつづけますか?

山梨大学医学部の研究を見てください。

緑の革命が世界規模で進行し始めた1960年代から1970年代の間に、通年における牛乳の生産が可能となった1)。酪農技術の進歩により遺伝的に改良され濃厚飼料で育てられ乳牛は、妊娠期にも牛乳を出すようになり、その牛乳は一年中時期を問わず市販されている。現在一般に市販されている牛乳は、搾乳期間が年間300日で、出産前の2ヶ月間を除いたすべての乳牛から採取されている。従って乳牛の妊娠期間は280日なので、妊娠牛からも多量に搾乳していることになる。
妊娠期に搾乳された牛乳は、非妊娠の乳牛から搾乳された牛乳より、はるかに多くの女性ホルモンを含んでいる。牛乳中に含まれるエストロゲンは、主として硫酸エストロンという形で存在する。先行研究では、牛乳1リットル中に248ng±41mgのエストロゲンが含まれており、牛乳を300ml摂取すると100ngの硫酸エストロンが体内に入るとしている。また、市販牛乳中のエストロゲン、プロゲステロン量の測定や、非妊娠期の乳牛から搾乳された牛乳と市販牛乳とのホルモン量の比較が行なわれており、市販牛乳中にエストロゲン、プロゲステロンが多く含まれていることが明らかにされている。また、ラットを用いた実験では、市販の低脂肪牛乳の摂取により未成熟ラットの子宮が肥大したり乳腺腫瘍の発生が促進した。
思春期前の子どもが1日に産生する女性ホルモン(エストラジオール)は、40〜100ngであるため、1日に200mlの牛乳パック1本を飲めば、体内で生理的につくられている女性ホルモン量に匹敵する量を摂取することになる。思春期前は、ヒトの成長・成熟において重要な時期である。従って、この時期の牛乳の定期的且つ多量の摂取は、少なからずヒトの成長・成熟に影響を与えると考える。アメリカにおいては、1963〜1970年と1988〜1994年の期間の間に初潮の年齢が約2ヶ月半早まった。この初潮年齢の低下や早熟は、肥満の増加に関連しているという見解もある。しかし、妊娠牛の牛乳には高濃度のエストロゲン、プロゲステロンが含有されており、単に食生活の変化に伴う肥満の増加のみでなく、妊娠牛の牛乳摂取も初潮年齢の低年齢化や早熟に関連しているのではないかと考えた。                           従って、本研究は、思春期前小児において牛乳摂取量と身体成熟速度との関連を検討し、また、現在の学校給食を含めた牛乳摂取の実態と食育をはじめとする栄養指導の実態を調査し、思春期前小児の牛乳摂取に関する食育のあり方について考えるたことを目的とし計画した。(平成21年度〜22年度,若手研究B,課題番号21790576)

 学校給食での牛乳、生育期への問題。
 骨粗鬆症に効くと称した牛乳信仰。
 大量生産のために、非生理的に産生された牛乳
 そしてそのために多量に含まれる女性ホルモン
 そして乳腺腫瘍の発育促進の可能性。

 それでも、あなたは多量に乳製品を摂りつづけますか????
 よく、考えてください。
writer : Dr.hal | 食事療法 | comments(4) | - |


コメント
ワタシは、牛乳が苦手で、
小学校の給食の時間が「最大の苦痛!!」でした。
牛乳をガブガブ飲んでいた弟たちは、180センチになり、
飲んでなかったから、ワタシは160センチちょっとで止まったのか・・・
と、思ってました (>_<)
    165センチは欲しかったので。。。

でも、ワタシの統計から言うと、
牛乳好きで、健康志向の強いの女性の子どもの方が、
アレルギーが多いような気がしますが。。。

おかげで、ウチの子は、
アレルギーがない・・・。。。
   変な感じです (>_<);;;

リコ | 2011/02/01 8:27 PM
牛乳信仰、本当に根強いんです。
その信者数はきっととてつもない数だと思います。だから、本当のこと言えないんじゃないでしょうか?経済構造にまで、影響を与えかねませんからね。皆さん、自分の身は自分で守りましょう。
風楽(hula) | 2011/02/01 9:05 PM
私は牛乳をお茶代わりに飲むほど好んでいた時期がありました。
けれど、牛乳や乳製品の取り過ぎが子宮に影響を与え月経痛の原因となることなどを、マクロビオティックを実践していた時に知り、牛乳を欲しなくなり、好きではなくなりました。
おかげで毎月ひどかった子宮の収縮痛が驚くほど治まったのですが、ホルモンへの影響もあったのでしょうか。

リコ先生もおっしゃっている通り、乳製品を多く摂りすぎている母子は、体内で過剰となった脂肪分を体外に出そうとしてアレルギー(アトピーや花粉症など)が出やすくなる、と教わったのですが・・・。
理論の根拠は定かではありませんが、結果としてアレルギーが出てる人は多いみたいですね。
akiho | 2011/02/02 11:20 PM
akihoさん、はやく気づいて良かったでね。
だいたい、牛乳は栄養不足を補うために、飲むのが本来の目的であったはず。それが、今や飽食の時代にあって、さらに牛乳を飲んでいたのでは燃やせずに余ってしまい、体に余ってしまうのは明白です。
 末期がんの患者さんが、食も細くなり食べられなくなったとき、欲しがる食品は何かご存知でしょうか?それは、冷たくて栄養価の高いアイスクリームです。腫瘍熱で熱い体を冷まし、口当たりのいいアイスクリームが好まれるのです。
 それを好んで、真冬でも毎日のように食べておられる方の体の中は一体どうなっているのだろう?と思います。
風楽(hula) | 2011/02/03 9:44 PM
コメントする












かれんだー
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード