Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
春体質の人の冬の過ごし方

春体質の人はおおらかで、一年を通じておおむね健康。
たまに風邪をひくぐらい。
本人は一生懸命努力していても、まわりにはあまりそう映らず。
「いつもお気楽でいいわね。」とおもわれてしまいがち。
それでも、春体質の人はあまりそんなことも気にせず
マイペースでほがらかに過ごしてゆきます。

(冬の間も色取りを添えてくれるストック。)

そんな春体質の人ですが、
冬の次に来る春に結構体調を崩します。
春は冬→夏への移行の季節。変化の季節でもあるのです。
そして、春体質の人はこの変化の季節(自分の季節)に
花粉症、鼻炎、蕁麻疹などのアレルギー、めまい、など漢方で言う
水毒症状が出てしまい易くなります。

では、どうすれば予防できるのでしょう?
それは、この冬に無理をしないことです。
冬の間に疲弊するほど、頑張らないこと
冬は春を地中で待つ球根のように、じっくりと力を蓄える時期です。
この時期に消耗していては陽気が一気に開放される春に、
ついてゆけなくなります。

四季体質のなかでも春体質の人は春の季節を迎えるとウキウキして
春と同化してしまいたいぐらいの気分になるのですが、
それだけに春という変化の季節の影響を受けやすいのです。

ですから、この冬の間は周りに合わせすぎて、自分に無理をしないように
本来の自分の体力の許容範囲内で過ごすことが大事です。
優柔不断と思われがちな春体質の人ですが、それは周囲の人のために
協調し、盛り上げてゆこうとするがための行動でありこれが性なのです。
でも、そんなことは他の体質の人には解りません。
「あいつは気楽でのんきでいいよな」ぐらいにしか映らないのです。

時には自我を通して、過ごしてみる時期があってもいいのでは?
そんな時期が冬にはピッタリです。
春がきたら、また大活躍できるように、今は自重し、じっくり力を蓄えましょう。

その他詳しいことは私の本
 気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか?
 ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

  をご覧下さい。


writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(0) | - |


冬体質の人の冬の過ごしかた。

だんだん、寒くなってきましたね。そろそろインフルエンザAに罹った
人が増えてきました。小児の方が多く、家庭内で子供から大人にうつる
パターンがよく見られます。家庭内でもマスク、うがい、手洗いなど
感染予防を徹底してください。


 さて、自然律療法では体質を四季に分類していますが、この寒い冬が
最も苦手な冬体質の人の冬の過ごし方に触れたいと思います。
 
 冬体質の人は他人と群れるのがあまり好きではなく、一人か気心の知れ た人と少人数で居ることを好みます。決して社交的でありません。また、
 リウマチ、喘息、アトピー、といった慢性疾患を抱えている人の中にも
 この冬体質の方が多く見られる傾向にあります。これはギュッと中心に
 向かって固まってゆく(水→氷)のように中へ中へとエネルギーを溜め込 んでゆくことで、現状を維持しようとする現象の表れでもあります。
  
  この利点は一つのことにじっくりと取り組むようなエネルギーを発揮す
 ることが出来、他の体質の人にはまねの出来ないことが成し遂げられる ところです。欠点は融通が利かない、頑固、井の中の蛙になりかねない。
 といったところ。

 冬体質の人は何よりもこの寒い冬が最も苦手です。
 この冬を上手に乗り切るには、とにかく冷やさないこと。
 そのためには果物を食べ過ぎないこと、野菜は必ず温野菜で、
 色でいうと実りの色、特に、赤〜紫、黒といったあたりを重点的に
 摂取することです。白いものは極力避けましょう。もし摂るなら、
 豆腐は湯豆腐にするなど熱を加えてください。熱を加えられない
 白いもの(ヨーグルトなど)は摂ってはいけません。
 そして、何よりも食べ過ぎないこと、腹八分目で呼吸が充分に
 できるように保つことです。


 その他詳しいことは私の本
 気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか?
 ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方


  をご覧下さい。
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(0) | - |


ハーブティーで睡眠薬から離脱。


リンデンというハーブ(西洋シナノ木)通称:菩提樹(お釈迦様の菩提樹とは違います。)の葉と花を二つまみくらい。睡眠前1時間くらいに
ハーブティーとして飲みます。(5分くらい蒸らします。)
リンデンには睡眠薬と似た成分のベンゾジアゼピン様の物質が含まれて
いると言われています。この成分が安眠効果を発揮します。

 
80代の女性で睡眠薬にたよりたくないという方に
 リンデン0.6g睡眠前1時間にハーブティーとして飲んでいただき、
 レンドルミン(睡眠導入剤)からの離脱に成功しています。

 そのほか、睡眠薬のヘビーユーザーももっかリンデンティーで眠剤の
 減量中です。かく言う私もこの方法で眠剤から離脱できました。今は
 何もなくても安眠できています。

リンデンティーの利点は
   1.薬に頼らずに眠れているという、自信の回復。
   2.お茶なので、すこしづつ減量してゆける。
   3.飲まなくなっても、今日は飲んでいないから・・・
     という不安感が眠剤に比べて少ない。


ただし、お酒をよく飲むかたには全く効き目がありませんでした。
リンデンの購入はハーブを取り扱っているお店で購入していただいています。
writer : Dr.hal | 自然療法 | comments(0) | - |


ヒステリー球に効く処方

ネットで検索していて、ヒステリー球でお困りの方があることがわかりましたので、簡単な解決方法を記します。

 まず、手軽に即効性を求めるなら
     グレープフルーツの香りです。精油で買えます。
     気分が開放され、胸のつかえがスーッととれてゆきます。
     複雑なブレンドは不要です。
     グレープフルーツにはあのSunyellowが示すように
     スカッと晴れた、澄み切った空にさんさんと輝く太陽まで
     まっすぐに抜けてゆく感じがあります。
     その感覚が、鬱積した、声にならない声を開放してくれます。


 ヒステリー球はいわば、声にならない声が喉につかえたもの、
 ストレスがそこにたまりにたまって、噴火したいのにできない状態。
 でも、噴火しても決して治りません。返って、自身の体を傷つけます。
 事態はますます悪循環に陥ります。

 イライラしないこと、他人や物に怒りをぶつけないことです。
 グレープフルーツの香りで、すっきりしたら、少しでも楽しいこと
 いいことを見つけて、自分にとってのをラブ(まる)を増やしましょう。
 そして、何よりも普段お世話になっている人への感謝を忘れないことで
 す。

 周りに対する不満があっても、周りを変えることなど出来ません。
 パニック障害などの、心身症に陥った方には様々ないきさつがあると
 思いますが、自分が変わらなければ、治らないのだということをご理解いただきたいのです。

 自分を変えるということは相当な苦痛を伴うように思いますが、
 自分を変えてみればそれが案外なんてことはないことがわかります。
 自分を変えてみれば、今まで、暗であった部分に実は明の部分が
 とてもとても多く含まれていたことがわかるのです。

 あと、対処方法としては
  漢方では ハンゲコウボクトウ が最適です。
  
食事療法では食べ過ぎないこと、腹八分目が大事です。
  お腹に余裕をもたせ、呼吸が楽にできるように保つことです。

 よく、「腑に落ちる」といいますが、満腹では腑に落ちるにも、落ちる
 場所がありません。腑に落とす場所を空けておくのです。
 そうすれば、喉にたまっている、ヒステリー球は腑に降りてゆき治ります。
  お困りの方は参考になさってください。





1月24日に載せました。「ヒステリー球に効く処方」へのアクセスが以外に多く。
その日以来、私のブログのタイトル別で、一位の状態が今日まで続いています。
過去10日間のアクセスでも70件を超えています。
(毎日、私のブログの閲覧者数が100件以上ある中で・・。)
想像以上に、困っておられるかたが、多いようなので、もう少し私の
知る限りのことを述べてみたいと思います。

 
ヒステリー球に悩まされている方にとって、一番の恐怖は
 呼吸が苦しくなるのではとういことです。
 実際、喘息様の症状に移行する方もあります。
 過日、載せました記事のように、ヒステリー球がうまく腑に落ちて
 お腹へ降りてゆき、収まってくれればいいのですが、気管の方へ降りて
 行ってしまった場合は厄介です。
 このような症状のある人には漢方のサイボクトウが最適です。
(保険がききます。)
 ヒステリー球がスーッと取れて、深呼吸ができるようになります。



 !もし喘息様の症状がでてしまったら、迷わずに医療機関を受診してください。

  
とにかく、ヒステリー球を気管に入れてしまわないこと、
  これはイメージ療法ですが、
  気管の症状が出始めても、慌てずに、胃袋の方へ、降りろ、降りろと
  手のひらを胸部から少し離れたところで(密着させずに手の温もりを感  じるぐらいの距離で)ゆっくり、上下に動かして、おろしてください。

  もしくは、口を大きく開き、同じく手招きで、ノドから、口の外へ
  ヒステリー球がでてゆくように、ゆっくり息を吐きながら、出して行っ  てください。そして、ヒステリー球が出たら、宇宙の彼方へ、引き取ってもらうように手のひらを開いて、そっと、放ちましょう。
  



 また、ノドの違和感がどうしても続く場合、逆流性食道炎の場合も
 あります。この場合はパリエットのよな薬が効きます。
 そのほか、実際にのどに炎症がおきている場合もありこの場合は軽い
 抗生剤(クラリシッドなど)を内服すると、嘘のように症状が消える
 場合もあります。

 人それぞれ、症状は微妙に異なると思いますが、同じ症状で悩んでいる人もあるということ、自分だけがこんな症状になっているのではないということも知っておいていただくことが、恐怖の軽減になると思います。
なんといっても、恐怖感が一番よくありません。症状を助長してしまいます。

             ご参考になさってください。

p.s
 color therapy
ヒステリー球に効く 色 は黄色です。花
 黄色の色を眺めてください。太陽のような明るい黄色です。
なぜでしょう?ヒステリー球の色は濃い青色だからです。
 ですから、その補色の黄色がヒステリー球の症状を癒してくれるのです。
 だからと言って、青色がヒステリー球を引き起こすのではありません。
 青色はOcean blue全てを生み出す色です。ただ、その青色に頼りすぎ、
 青色を傷めつけてしまったために、ヒステリー球を産んでしまったので
 す。
 全ての色にはプラスの意味があり、マイナスの意味はありません。
 それぞれの色の意味を知り、大切にすることで、色の効用は活かされる
 のです。そしてそれは自分を知り、自分を大切にすることでもあるのです。
この意味をしっかりと噛みしめて、大切に活きてください。
 
 
writer : Dr.hal | 効く処方シリーズ:自然律療法 | comments(27) | - |


自然律療法と色が導く食事療法


写真はマクロビオティックの総合情報
[マクログ−マクロビオティックブログ]よりお借りしました。
とても、バランスが良さそうですね。


以下自然律療法研究会のブログより、転載

食物は成長の色の食物と、実りの色の食物に大別できます。
成長の色の食物は紺・水色・緑・黄緑・黄色・白
実りの色の食べ物はオレンジ・赤・紫・茶色・こげ茶色・黒
成長期には成長の色の食べ物を多く摂り、実りの色の食べ物で補う。
中年期以降は実りの色の食物を多く摂り、成長の色の食べ物で補う。
ただし、中年期以降は「腹八分目」が大切。
満腹になると、横隔膜が下がりません。そうすると肺は充分に酸素を取り入れることができません。酸素が足りないと燃焼が不十分になり、結局、余分に食べた物は燃やせず、体内に余り、酸化することに。その結果、メタボリック症候群、アレルギー、癌などが発生しやすい素地を作ってしまいます。皆さん、食べ物の色を思い浮かべて、バランスよく適量を摂るようにしてください。そして腹八分目を!!腹八分目に勝る健康法はありません。
「私はマクロビオティックだから大丈夫」なんて思っているあなた。
バランスが良くても、食べ過ぎては、せっかくの食事が台無しですよ。



 色と食事の関係の実例 
例えば、イタリア人はパスタを主食としています。パスタは白、成長の 色の極みです。しかし、成長の色のものばかりを摂っていれば、体は拡張 するばかりで、緩んできます。
  それで、赤色のトマトソース(実りの色)を加え、それでも、釣り合い がとれないので、こげ茶から黒色に近い、エスプレッソを一日に何杯も飲 んでいるのです。
      自然とバランスを取っているのですね。

 
もう一つ、クリニックを受診していた、若い女性の一例をお話ししましょう。
 彼女は色白で、ご自身の肥満をとても気にしていました。
 ダイエットをしたいと相談にこられたのです。
 食生活を聞くと、太りたくないので、食事はあまり摂らないようにしてい る。間食にケーキや乳製品、アイスクリームなどが好きなので、食べてい る。食事は控えているのにやせてこないと言われます。
  彼女の食事の色は白ばかりです。たまにあっても黄色。
 こんな状態で、ダイエットが成功するはずもなく、食事をバランスよくと って、間食は量を控えて、摂ることから始めるように説明しました。
 それでも、彼女は食事を摂るのが怖くて、同じように、白い間食ばかり摂 っていたようです。

  やがて彼女はクリニックに通院しなくなりました。それから、1年後、 彼女のお母さんが来院され彼女が卵巣癌に罹患してしまったと心配そう  に、ご相談に来られました。幸いにして、彼女の卵巣癌は手術で治癒する ことができました。しかし、まだ、食生活は変えられないようでした。

 白色のものばかりを食べていて、バランスを崩し、黒い癌ができてしまう。
 怖いですね。彼女の場合は極端な例ですが、食べ物を彩りよく、色のバランスをとって 食事することが大切なのです。また、彩りを意識して、バランスよく食べ るようにすると食事が楽しくなります。色のバランスに注意してください。


  外出先でマクロヴィオティックな食事が出来なくて困った時、
 色のバランスを考えて、食事してみてください。助けになると思います。
  色は自然のメッセージです。そこに含まれる、成分さえも教えてくれま す。自然律療法の目指す、統合医療の羅針盤として、この色はとても重要 な共通言語の役目を果たしています。
writer : Dr.hal | colors:自然律療法 | comments(0) | - |


腐葉土作り、と思ったら風が〜♪


実家でもらった落ち葉を集めて、腐葉土作り!
薄く、落ち葉をちりばめ、軽く水をまいて、油粕をかける。
それを繰り返して、積み重ねてゆきます。
1ヶ月たったら、ひっくり返すと30度くらいの温度に発酵して
いるそうです。(NHKのラジオビタミンで園芸家の柳生真吾さんが
お話しされていた方法です。)


と、腐葉土作りを終えて、やれやれと思って腰をあげ、ふと気がつくと
ハッ!カ、カゼが吹いているではあ〜りませんか!!
今日は吹くとは思っていなかったので、半信半疑。
じ〜っと木々をみていると、やっぱり吹いている!
(この風はきっと、1時間もたないぞ)
急がなきゃ!!!・・・・・っとお昼前でしたが、バナナ一本ほお張り。
早々甲子園浜へ〜!!


一時間近く、プレーニング楽しめました。よかった〜〜。
結構セイル立ってるでしょ、少しは上達したかな?

ちなみにバナナダイエット流行っていますけど、
バナナ一本で結構持ちました。以外でした。
これなら、バナナダイエットできるのも頷けます。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


自然律療法研究会ブログ更新しました。

久しぶりに自然律療法研究会のブログ記事を更新いたしました。
最新の内容をコンパクトにまとめています。

  タイトルは「水・陽八行説」です。
      aqua/light:8(=∞)

  この中に、陰陽五行、チャクラ、四季体質論を凝集しています。


            じんせいかんきしんけつひいき。
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(0) | - |


コペルニクスの遺骨が発見されたそうです。


【ワルシャワ20日AFP=時事】ポーランドの大聖堂から発見された、地動説を唱えた15−16世紀の同国の天文学者コペルニクスのものとされる遺骨がDNA鑑定で本物と確認された。
 2005年にポーランド北部フロムボルクの大聖堂でコペルニクスの遺骨とされるものが発見されたが、確証はなかった。今回、ポーランドとスウェーデンの学者が、コペルニクスの愛蔵書のページの間から見つかっていた髪の毛と遺骨の頭蓋骨の歯などのDNAを鑑定して比較したところ、配列が一致し、20日発表された。
 一方、ポーランド警察の法医学研究センターがこの頭蓋骨からコンピューターグラフィックを使って顔の様子を復元したところ、右眉の上の傷の跡を含めて、若いころのコペルニクスの肖像画に極めてよく似ていた。

DNAが5世紀をもの時を越えて、メッセージを伝えてくるようで、「ホーッ〜!」と思った記事でした。
writer : Dr.hal | 宇宙 | comments(0) | - |


ホメオパチー理論について、色について、学んだことから考えられること。その2

私は先の二つの本の記事にはホメオパチーの理論を裏付ける重要なことが含まれていると思います。ホメオパチーでは溶液に原料を混ぜ、それをどんどん希釈してゆきます。そして、薄めれば薄めるほど、効果が出ると言われています。聡明な皆さんなら、もう私が言わんとしていることがお分かりですよね。
つまり、濃度を薄めれば薄めるほど、(色の原理を適応すれば)そのもとの原料とは違う性質のものになる、さらにもっと薄めれば、もとの原料とは正反対の性質のものになる。ことになるのです。また、希釈が不十分なものでもポテンタイゼーションというエネルギーを加えることで、正反対の性質のレメディーが出来上がることになるのです。
その病状と同じ症状を引き起こす原料をどんどん希釈化し、正反対の性質を持つものを作りあげる、そしてそれを治療にあてる。これなら、どんどん希釈することで、病気が治る理由がよくわかりますよね。これが、本当のホメオパチーの姿なのではないでしょうか?
つまりホメオパチーは同種療法ではなく、実は対蹠療法だったのです。・・・というのが私の仮説です。
「ホメオパチーではレメディーのベースとする成分の分子が一つも残らないほど薄く希釈するのに効果があるのはなぜか?」
永い間、謎であったこの問いに、色の科学はいとも簡単に答えを提示してくれました。
全ての物質には色と同じようにその物質固有の振動数があります。私はこの仮説は検証される価値のある仮説だと信じています。
以下にケント博士が治療過程の理解のためにたてた、4つのシナリオについて私の仮説をもとに明快に説明したいと思います。

1:症状が改善する:これは選択した原料が正しく、希釈濃度(或いはポテンタイゼーション)も適切であったことを意味します。
2:悪化する:選択した原料は正しいのですが、希釈が足りないか、ポテンタイゼーションが不足していたことを意味します。
3:症状が変化しない:選択した原料がはずれている。選択を変える必要がある。
4:症状は初め悪化するがその後改善する:選択した原料は正しい、病状と同じ波動のものを与えることで病状を強調してゆく(=病気の濃度を高めてゆく。)ことにより、病状そのものの波動を反転させる。病状の波動の反転に成功すれば症状はその後改善する。(ただし、生体に負担をかけるので、慎重に行う必要がある。)

1、と4、が正解、1は対蹠療法。4が本当の同種療法。ですから、症状が悪化した時、決して、「好転反応」などという言葉は使わないほうが良いと思います。「好転反応は」症状が改善しはじめた時はじめて使うべきものです。
writer : Dr.hal | 自然療法 | comments(0) | - |


ホメオパチー理論について、色について、学んだことから考えられること。その1

ホメオパチー理論について、色について、学んだことから考えられること。

錬金術と色について、調べるうちに色と色の振動数について、はたと気付くことがありました。それはホメオパチー理論の裏づけになるのではないかと思われることでした。そのことについて、私見を述べたいと思います。
医学の祖ヒポクラテスは、「似たものが似たものを治す。」という類似の法則、Law of similarsを提唱しました。ホメオパチーの産みの親ハーネマンによりウェラトルム・アルブムは(ウェラトルム・アルブムを大量に投与すると激しい下痢を起して脱水症状に至るといわれており、コレラそっくりの症状を呈します。)コレラの治療に用いられ、治療効果をあげたとのことです。似たようなことは東洋にもあります。中国の古典「素問」には消化不良でお腹がガスで張って苦しいような場合、鳥の糞の白い部分を煎じて飲めばたちまちにその症状が治るといったことが記されているそうです。鳥の糞はベトッとしていて、軟便です。人間で言えば消化不良状態です。その便を煎じて飲めば治るということです。これらはまさに「似たものが似たものを治す。」の例ですね。
しかし、ここでは重要な要素がお話しの中に抜け落ちています。それは濃度です。ウェラトルム・アルブムを大量に投与すると激しい下痢をおこすが低濃度ではきっと、下痢症状を治してくれるのでしょう。猛毒があるというウェラトルム・アルブムに私は詳しくありません。
しかし、以下の「色の科学」中原まさよし著:培風館、の記述の抜粋から、濃度の重要性をご理解していただけると思うのです。
宝石の色
ルビー:ルビーは紅玉というとおり、きれいな紅色をしている。ルビーはα―アルミナの結晶中に0.1%〜1%程度の酸化クロムが入り込んだものがふつうである。そして、緑色の光を吸収しているので、赤い色に見える。そして、ルビーの赤い色はこの酸化クロムなる単位が原因であり、これが色のもとである。そして、この酸化クロムの濃度を増やしてゆくと徐々に赤味が強くなってくる。数%を超えると深い赤となり、25%程度になると灰色になってしまう。そしてさらに濃度が増すと灰緑色から深緑色となり、そしてついには100%の酸化クロムになると緑色になります。赤と緑は皆さんご存知のように補色の関係にあります。濃度を変えてゆくと全く正反対の色になるのです。
さらに、このルビーは圧力を加えたり、熱を加えたりすることで、赤色⇔緑色の変化をさせることができるのです。(これは、正に、ホメオパチーで行われている、ポテンタイゼーションそのものではありませんか!?)
また、「色彩生命論・東洋大学教授 野村順一著:住宅新報社」の色と振動の科学のところでは、マゼンタと緑の不思議な異同というタイトルで、
マゼンタ(赤と紫の混色)と緑は全く違う光の色なのに、同じ577兆/秒の振動数を持っている。それでは何が違うのか?つまり、マゼンタと緑は振動の極性が違う、逆回転の方向性を持っているということが記されています。つまり正反対の色どうし、周波数は同じでもその波の極性が違う(波の山の部分が谷になり、谷の部分が山になるということか)
ものであるということです。
writer : Dr.hal | 自然療法 | comments(0) | - |


ホメオパチーを波で解く

医術のオルガノン 第6版 (ホメオパシー古典シリーズ)
医術のオルガノン 第6版 (ホメオパシー古典シリーズ)
サミュエル・ハーネマン,由井 寅子,ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー
Shinobuさんのブログ:ハーネマンフォーラム
で紹介されていた本です。興味をそそられたので買ってみました。
奇蹟の医書よりは理路整然としていて、読みやすいです。

136~140呂△燭蠅鯑匹鵑任澆襪函▲▲蹈僖掘爾亮N鼎効かない理由を述べているようです。
例えば、麻疹が発症し、少し遅れて天然痘が生じたなら、麻疹は天然痘によって進行が止められる。しかし、天然痘が完全に快方に向いはじめれば麻疹は進行を再開する。
これは、互いに類似していないすべての病気は、強い方の病気が弱い方の病気の進行を停止させ、決して互いに治療しあうことはない。
つまり、類似していないものは決して病気を治療することが出来ない。と言っているのだと思います。

この理屈は海の波(ソリトン現象)で説明すれば、簡単にわかります。
沖から、浜辺に向かって小さな波が進んでいます。その後方から大きな波がやってきました。(海の波の場合大きな波の方が進行速度が速い。)そして、大きな波が小さな波と重なる時、小さな波は消えたように見えます。
しかし、大きな波が小さな波を追い越すと、小さな波はもとの波姿のまま、表れ、大きな波はもとの大きな波の姿のまま海岸に打ち寄せ消えてゆきます。これは流体力学で知られている事実です。

つまり、ここでいう小さな波は麻疹で、大きな波は天然痘です。
波は干渉しあわない限り、その固有の波動を維持し続け、消えないようです。病気を波に例えると、その波動を干渉すれば消失し治るわけです。
つまり正反対の波動を当てることで、波(病)は治るわけで、これはつまりホメオパチー(同種療法)では無く、対蹠療法です。

ある波(病気)に、類似の波を当てて、波を増幅し、波(病)そのものを自壊させて治癒に至らしめるのが、真のホメオパチーではないのかと、今現在は思っています。

時間をかけて、この本を読んでみます。そして、ホメオパチーの真の姿を見極めてみたいと思います。たくさんの気付きと、学びがありそうで、楽しみです。
writer : Dr.hal | 自然療法 | comments(2) | - |


無と∞


(画像元がわからなくなってしまいました。判明し次第、リンクしてみます。)

宇宙は無から始まったと言われている。
無は究極の状態。
すこしでもその状態にユラギが生じれば
たちまちにして、無の状態は崩壊し莫大なエネルギーを生み出すことになる。
それが、ビッグバーンを引き起こす源。
つまり、無は宇宙の母であり、究極の母。

そして、無がビッグバーンを引き起こした目的は、もう一つの究極である無限にある。
宇宙は無限をめざしてその営みを続けている。
無限とは何か、∞マークが示すように、完全なる循環である。
そこに、無限の達成された姿がある。
つまり、例えるなら、無限は究極の父とも言える。

しかし、無限の次にあるものは何か?∞完全なる循環が達成された時
完全なる調和が達成される。全てのものが中和され、中庸となる。
これは全くユラギの無い、完全にバランスの取れた状態であり
これ即ち、「無」なのである。

つまり、無と無限は表裏一体。そして私達はこの無と無限の狭間にある存在。
無と無限の狭間にあるものは何か、それは連綿と続くスパイラル、即ち「縁」である。
私達の存在は「縁」としての存在。縁に従い、縁を活かし生きることで宇宙の目的に沿うことが出来る。宇宙の目的に沿えば、その流れを自分の力として活かすことができる。そうすれば、健康で明るい生活が実現できるのだと思う。
writer : Dr.hal | 大切なのはイメージ | comments(0) | - |


錬金術の背景

奇蹟の医書 新装版
奇蹟の医書 新装版
パラケルスス,大槻 真一郎

最近、この本を読んでいます。
難解です。ヨーロッパの中世の時代背景、それは古代中央アジアのアーリア人達の一部がギリシャに渡り伝え、発展したギリシャ神話、そして関連付けられたローマの神々、それらが、日本の古代の神話のように昔話として、あるのが当然の情況下で発展していった錬金術。
当時の自然科学は天文学であり、人体の健康を考える上で、惑星と臓器とそして錬金術の金属元素が関連付けられていった。そして、これら関連性の中にはそのギリシャ神話の影響が色濃く残っている。腐敗しきった中世のカトリック教会に反旗を翻したルターの時代のことです。
これらの内容は現代の文明からするととても受け入れられる代物ではありません。違和感を感じるのです。それは時代の違いということもありますが、東洋と西洋の文化の違いにもあると思うのです。
ギリシャ時代より、かの哲学者達はゼロの概念を禁じました。中世カトリック教会においても、神に始まるこの世を否定することに繋がるゼロを認めなかったのです。パラケルススはキリスト教徒でしたから、彼はゼロから始まる哲学、科学的概念を持つことはなかったでしょう。つまり、西洋文明は「1」に始まる文明なのです。ですから、物質を徹底的に追求し、そこに真理を見出そうとしたのです。その姿勢が現代科学に結びつき、現在に至るまで、目覚しい発展を遂げてきました。現在、宇宙の始まりは何もない、真空から生まれたと宇宙科学の世界では言われています。しかし、その真空でさえ、微量なエネルギーで満ちた海のようなものと表現しています。
今だに無の存在、ゼロを認めることができないのです。いや、ゼロが怖いのでしょうか?理論的なことはわかりません。しかし、欧米の科学者の心理的背景としてそのようなことがあるのではないかと思うのです。それは理屈ではありません。ギリシャに始まる、西洋文明に連綿と受け継がれてきた深層心理だと思うのです。

一方、東洋はゼロ、無、に始まる文明です。「一切は空である。」仏教のこの言葉はよく知られたものです。
この、文化的背景の違いが「奇蹟の医書」を読む上で、どうしても違和感を禁じえない、原因だと思います。

無は究極の状態です。それ以上のものも、それ以下のものもありません。
そんな究極の状態であるがゆえに、ブレが生じた時、無は一挙に崩壊し、莫大なエネルギーを産みます。それが、真のビッグバーンだと思うのです。
つまり、例えれば、無は究極の「母」なのだと思います。そして、ビッグバーン以降、宇宙が目指している、もう一つの究極「無限」は究極の「父」ということになるのでしょう。

現代医学と代替医療を包括した「統合医療」を実現するには、この東西の文明の壁を乗り越えた包括的な概念が必要です。その壁を乗り越えるためのカギのヒントはインドの「アーユルヴェーダ」にあると思っています。
今、「奇蹟の医書」を読みながら、一方で中国の古典医書「素問」のガイドブックを読んでいます。チャクラのイメージを中心にして・・・。
この作業が完了すれば、さらに進化した「自然律療法」を皆様に還元できる日がくると思います。楽しみにお待ち下さい。(・・・でも、大変だ〜〜!)
writer : Dr.hal | 医療 | comments(0) | - |


久しぶりのプレーニング


超久しぶりに、吹きました。一時間ちょっとですが、プレーニング
楽しめました。今日はウェットスーツで大丈夫でしたが、来週あたりから
ドライスーツが要りそう。少しずつ冬型になってきそうな予感です。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |





かれんだー
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< November 2008 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 おススメ記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード