Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
色と漢方処方

今年もあとわずかになりましたね。
今日は、強烈な風でした。強風
ウインドおさめも一応行ってきました。
が、激烈なブローにめげて早々に退散。汗
時間ができたので、

 「色と漢方処方」の絵を作ってみました。
 ワードで閲覧できるよにしています。
 春田クリニックサブホームページ
 の下段の添付ファイル「色と漢方処方」を
 開いてみてください。

 今回は香蘇散について作成してみました。
 香蘇散の色が紫であることを
 これを見ていただければ、わかっていただけるかな?
 とおもうのですが・・・。
 漢方の解説とは思えない、カラフルでおしゃれな
 絵になったと思います。

 普段も時間があればこういったものが作成できるのに
 こんなときでないと無理ですね。でも、一年くらい
 かけて、全処方をこのように作成できたらなと
 思います。

 それでは
 みなさん今年一年、ご愛顧ありがとうございました。
 来年はどんな年になるでしょう。
 どうか、みなさん良いお年をお迎えください。晴れ
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(0) | - |


癌になぜ食事療法が必要か

 最近、フコイダン、電解還元水などを服用したいが
どうすれば良いのか教えて欲しい。と癌患者さんの
セカンドオピニオン的な立場で、相談を受けることが
増えてきました。

 私はそのがん患者さん達に必ず、食生活を聞いてみます。
すると、一部を除いてその人達のほとんどは好きなものを
なんの疑いもなく、好きなだけ食べてきた人たちなのです。
別にその人達が悪いと言っているわけではありません。
 おそらく、日本中のほとんどの人たちがそうなのでしょう。
そのうちメタボになって行く人、そして、様々な条件が重なり
癌になってしまった人に分かれてくるのです。

 みなさんは必ず、フコイダンの癌新生血管抑制効果
やアポトーシス効果に期待をされます。無理もないことです。
わたしだって、そうなれば同じことを思うでしょう。

 でも、乳製品や肉類に含まれる飽和脂肪酸が代謝されて
アラキドン酸という物質に代わり、さらにプロスタグランディンE2
という炎症を引き起こす物質に変換され、そのプロスタグランディンE2
が癌血管新生を促進する
という事実を認知している人は皆無です。

 肉、卵、乳製品を控えて、魚、野菜中心の食生活と
抗酸化力を得るため、にんじんや野菜と果物のジュースを
オススメしても実際、それを守れる人は少ないのが現状です。
命がかかっているのに・・・。

 それよりも、癌ワクチン、免疫療法、温熱療法、フコイダン
とか電解還元水とか、黒酵母とか
足し算で治すことしか眼中に無い人がとても多いのです。

 ダメなものをやめる。引き算の対処ができない人が
本当に多いのです。

 抗がん剤という体にとって、とても辛い、厳しい、治療を
選択したくないのはよくわかります。それはだれしも
本音でしょう。できるだけ体に優しい、自然な方法で治したい
それも同感です。よく分かります。

 でも、だめなものをやめられないというのは
あまりにもむしが良すぎるのではないでしょうか?

 引き算の対処ができる方は、寿命が伸びることが多いです。
 足し算の対処しかできないで、欲に勝てない人は逆に寿命を
 縮めています。

 これは、癌だけの話ではありません。人の健康全般に言える
ことです。

 
「私は甘いの嫌いですねん。ほんま、そんなん全然食べません。」
 と大真面目な顔で私に答えた、ある女性。
 後日、うちのスタッフがスーパーの特設コーナーで
 こともあろうにその女性が
 アメやお菓子のつまった袋を両脇にかかえて
 カゴに詰め込んでいるのを目撃してしまいました。

 ・・・・・・・・私は患者不信になりそうです。
 まあ、その人のその言葉を聞かずに、体格を見れば明白な
 ことであったのですが・・・。
 (患者の顔も見ない医者が多いと非難されますが、
 このケースの場合は見ない方が正解だったようです。
  こういことが積み重なると、医者も人間ですから、
  嫌になってくるのですよ、嘘つかないでくださいね。)

 欲のままに生きたいのであれば、それも人生。
私には何を言う権利もありません。しかし、それが
招いたことを高額な医療費をもって、修復させるというのは
今の日本のフトコロ事情を考えると、あまりにも無責任な
行為ではないでしょうか?

 ああ、どうも休みになると愚痴が多くなってしまいます。

とにかく、食事療法に関しては、引き算の発想が受け入れられる
人は成功するし、足し算しかできない人はうまくゆかない。
ということなのです。

 
実際、C型肝炎で昔から、ずーっと診させてもらっている
 Aさんは食事療法をきっちり守ってくださいました。
 血小板も10万を切る状態が10年以上も続いていますが
 発癌せずに経過していました。そして、今年、専門病院での
 定期検診で、肝臓に腫瘍がみつかり、腫瘍マーカーも上昇
 してきたのですが、再び、食事療法を強化することで
 腫瘍マーカーが低下し、腫瘍の増殖も抑止できています。
 一方、同時期にC型肝炎と判明したBさんは食事療法を
 守ることができず、5年前んに肝臓癌を発症されてしまい
 ました。 ・・・食生活でこれだけの差が出てくることだって
 あるのです。


 癌には食事療法が必要です。手術、化学療法で完治した人
にも再発予防のために不可欠です。そして、メタボ、タバコ
で悩んでいる人達にも引き算の発想、食事療法が必要です。
この世の中は足し算に溢れています。引き算を見直してみませんか?
writer : Dr.hal | 食事療法 | comments(0) | - |


Herbalist(ハーバリスト)元年

 グリーンフラスコさんの医療職専門部門に
登録してから、自分自身、気づいたことなの
ですが、Herbalist(ハーバリスト)という言葉
がとても気に入っています。

 Herbalist(ハーバリスト)なんかとてもいい響き、
しっくりきます。自分が目指してきたものはこれな
のかな、全く自分にとって違和感がなく、嬉しい
響き・・・・。

 たしかに、科学に裏付けられた医学、とても大切です。
多くの人の命を救うことができます。特に救命
を要する重大な病気には不可欠です。

例えば、タミフルやリレンザ、インフルエンザ
ワクチン賛否両論あります。しかし、医療の現場
にいて、これら医薬がこの冬、いかに多くの人達を
重症化から守り、治癒に導いたか、その恩恵は計り
知れません。これは理屈ではなく。現場で接してい
るものとして、見てきた事実です。また今、百日咳
も流行っていますが、抗生剤が存在しなければどれだけ
多くの人が重大な事態に陥ったかわかりません。
(なかなかしつこい咳が収まらない時、百日咳の可能性
大です。早めに抗生剤を処方してもらってください。
1週間以上続く、しつこい咳の人を何人か血液検査しましたが
90%以上の確立で百日咳でした。)
現代科学に裏付けられた、医学はとても貴重な現代の
宝なのです。


 でも、そのことを踏まえた上ででのお話ですが、
どうしても、現代医学というものに冷たさ、というもの
を感じてしまいます。どうしても温かみを感じることが
できないのです。

 私は自然が大好きなので、そこから得られる恩恵を
享受できる自然医学が好きです。だから、複雑な理論の
漢方や、日常診療ではめったと所望されない、ハーブの
処方を細々と続けています。アロマセラピーを取り入れ
ているのも、そのためです。そこには自然の温もり、
人の温もりが介在します。癒しが存在します。

 本当の意味での治癒は現代医学では得られにくと
感じています。病気は治っても、症状は治らない
ということがよくあります。それは真に治癒していない
からです。科学では真の治癒は得られないのです。

 理屈を超えたもの、温かさ、癒し、
 ハーバリストという言葉にはそれを感じます。
気持ちを新たにするため、来年は私の「ハーバリスト元年」
にしようと思います。現代医学の絶対的な効果
と自然医学の全人的な効能の融合を熟成させてゆきます。
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(0) | - |


健康と幸せの法則←すきな色でわかる。

 今日は仕事納めでした。
みなさんは今年はどんな年でしたでしょうか?
私もふくめみなさんの最大の関心事は
やはり、健康だと思います。
健康で幸せに人生を送れることそれが
万人の願いでしょう。

ところで、あなたの好きな色は何色でしょうか?
寒色系それとも暖色系?
好きな色によって、あなたの性質や
体質、かかりやすい病気までわかります。

 ただし、好きな色だと思っていてもそれが
自分がこうありたいという希望の色であることも
あります。

 また、体調によっても好きな色は変わります。
例えば普段、黄色が好きな人でも頭が痛くて気分
の悪いとき、黄色は見たくもありません。
また、黄緑が好きな人は胃を痛めやすいのですが
胃が痛むとき黄緑が目に付くようになります。
そして、それがあまりにも続くとだんだん黄緑が
見るのも嫌になってきます。

 と、いった具合です。

 また、好きな色でその人のキャラクターも
ある程度まで、わかります。そして、それを
知ることで、複雑な人間関係もわかりやすくなり
納得ができ、うまくゆくようになります。


 ということで、好きな色の意味を知ることで
健康でしあわせな人生が手に入ります。
決して不可能なことではないと思います。

 今、そのことを書いた本を出版するため
準備をすすめています。来年中には出版できる
と思います。お楽しみにしていてください。嬉しい
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(0) | - |


五臓と気血水のめぐり

春田クリニックのサブホームページの下段に
添付ファイルを追加いたしました。

 営気、衛気、の違い、いまいちわかりにくいですよね。

 食事が胃から入り、脾の力を受けて吸収、穀気となり
 体を巡り脾の力を受けて血となり、肺から大気が入り、
 宗気となり体表を衛気に体内を営気に分かれて巡ってゆきます。
 そして、腎によって主どられている水と合流し全身を巡行
 するわけです。

 添付ファイルの図を見ながら、上記を読んでみてください。
 だいたい、こういうとらえ方でいいのではないのかな
 と思います。
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(0) | - |


自然律療法研究会ブログ更新

自然律療法研究会ブログ更新いたしました。
タイトルは「好きな色でわかる漢方処方」です。
夢のようなこの試み、結構実践に役立っています。
しっかりとした理論体系を構築して
胸を張って、表にだせるものに仕上げたいと
おもっています。

 
ちなみに、ハーブやアロマも好きな色で
 選べるようにしたいと思っています。
 バッチフラワーは各レメディーの記載が
 詳細なので、色の割り当てが一番しやすく
 ほぼ、配当が完了しています。


様々なセラピーを誰でも、簡単に間違えること
なく安全に扱えることを目標にして、これからも
取り組んでいゆきます。

 複雑な理論はそれを理解した人たちだけのもの
になってしまいます。それでは発病、初期の
対応ができません。発病初期に適切な対応をすれば
自然療法で十分に治せるものが結構あるのです。
それを実現するには、誰もが、常識として初期に
対応できる、理解しやすい、理論、マニュアルが
必要です。

 複雑な理論は特権階級を作ってしまうだけで
結局、その効能の良さを広く人々に知ってもら
うことができません。知らない人にとっては
その治療は存在しないのと同じなのです。
それでは、その治療は衰退し、忘れ去られてしまう
かもしれません。

 今回の仕分け事業で漢方がふるいにかけらたのが
その良い例です。漢方理論が複雑であるために、漢方
とは無縁の人たちにとっては、江戸時代以前の医学
位にしか映らないのだと思います。

 古典は苦手ですが、なんとか悪戦苦闘しながら
理論の裏付けの参考とし、なおかつ誰にでもわかる
簡単なものにしようと思います。
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(0) | - |


Rogans(老眼s)


 最近、視力がどうも、そう焦点が固定してしまうというか
結構、がまんしていたのですが、車の運転にさしつかえるよに
なってきたので、ついに、めがねを新調しました。

 まあ、早く言えば老眼です
でも最近のレンズって進化しているんですね。
このめがねレンズ、リラックスレンズって言うそうです。
下半分が近見用、上半分が遠見用になっています。
下半分は今までのめがねとほぼ同じ度数、
上半分は度数を少し上げています。
でも、レンズにゆがみが無いでしょう?あの独特の。
作ってみて、ちょっと気が楽になりました。

 こんなことならもっと早く作っていればよかったと思います。
めがねのお店はウインドの知り合いのお店で作ってもらいました。
丁寧、親切でとてもよかったです。
writer : Dr.hal | - | comments(0) | - |


Hyper Brain (認知症に効くアロマ)の奇跡!!


ハイパープランツ
 以前に紹介しましたHyper Brainのその後ですが・・・。

 当院に通院中のアルツハイマーの80代の女性なのですが
数年前から、症状が深刻化し、つい最近では
診察室に入ってこられても黙ったまま、ぼんやりと焦点の
あわないまなざしでただ座っているだけという状態になってい
ました。
 呼びかけに全く反応することもなく、「右手を上げてください。」
などの命令動作にも応じないといったありさまでした。
ご家族のお話だと、ベッドに入って寝ると寝返りもせず、朝まで
ずっと、そのままの姿勢でいるとのことでした。

 ところが、Hyper Brainを開始してから1週間後の診察で、
患者さんに付き添ってこられた娘さんが
 「先生、なんかHyper Brain効いているみたい。
 母が寝返りをうっているみたいで、
 寝る前と、朝とベッド上の位置が変わっているんです。」
とご報告をいただきました。
 この時はまだ、私も半信半疑、たまたまかもしれない
 と思っていたのですが、先日、この方が再診されたとき
 それは確信に変わりました。

 
それはつい数日前のことです。
 いつものように、娘さんに介助をしてもらいながら
 診察室に入ってこられたのですが、なんとなく表情が
 いつもと違います。
 娘さんも表情が明るくなっているような気がしました。
 そして、患者さんが椅子に座られると
 「Sさんこんにちわ!」
 といつものように私は声をかけました。
 すると、「はい」とその患者さんが声をだし。
 笑ったのです。


 私はここ2年間程、「Sさんこんにちわ!」と声をかけ
 続けてきたのですが、私の問いかけに反応し、
 お返事の声を聞けたことは一度も無かったのです。
 それは、
 肉体はここにあるけれども、魂はここには無い。
 そんな感じだったのです。
 それが、今日は「はい」と少し笑みを浮かべながら
 お返事をしてくださったのです。
 なんという、奇跡でしょう。
 この時は、抜け殻となった体に魂が戻ってきた。
 香りの力で・・・・。そんな感じがしました。
 


 娘さんはニコニコしながら、家ではもっと
 「反応が出てきているんですよ。中のいい
 叔母の話しをすると、ニコニコと笑って
 話しもするようになったんですよ。」
 と教えてくださいました。

 香りの力、この目に見えない力、すごいと思います。

 
*実はこの患者さん、ずーっと、アリセプトを内服し続けて
 きたのです。そのアリセプトが全く歯が立たなかったのに
 Hyper Brainの香りの刺激が、アリセプトの効果を上回った
 のです。これは奇跡といってもいいほどの出来事だと思い
 ます。


 この患者さんは相変わらず、重度の認知症であることには
 変わりはありません。しかし、ご家族にとってはあきらめ
 ていた母とのコミュニケーションが本当に少しではありますが
 取り戻せたのです。こんなに素晴らしい、香りの贈り物は
 他にはないと思います。自然の力って、本当にすごい、
 まだまだ、あきらめてはいけないのだ、と再認識させられ
 ました。拍手
writer : Dr.hal | アロマセラピー | comments(2) | - |


ハーブの医療職専門部会

昨日のアロマセラピー学会で先輩の高津先生から
グリーンフラスコさんにハーブの医療職専門部会が出来たこと
を教えてきたいただいた。
早速、ホームページをチェック!登録してみました。
今まで、独学で細々とハーブと取り組んできただけに
こういう会の存在はとてもありがたい。
情報交換や相談の場となってくれそうで
とても嬉しいことです。楽しい

ハーブ処方で協力していただいている
アイビー薬局さんにも教えてあげようっと。

やっと、私の居場所が見つかったような気がします。グッド
writer : Dr.hal | 自然療法 | comments(2) | - |


関西地方会・看護研究会・産婦人科分科会共同セミナー

10:00〜10:10 関西地方会 会長挨拶
  石井 正光(大阪市立大学皮膚病態学 教授)
10:10〜10:50 臨床での看護実践への適応とその評価
〜ラベンダー精油を用いた上肢トリートメントの効果〜
  眞鍋 えみ子(京都府立医科大学医学部看護学科 教授)
10:50〜11:30 アロマセラピー研修会の実際と評価
  小林 美香子(山田赤十字病院 研修センター)
11:30〜12:10 母性と香り
  宮原 英二(宮原レディースクリニック 院長)
12:10〜12:30 質疑・応答
12:30〜13:00 ランチョンセミナー(ハイパープランツ株式会社)...先着100名様に軽食付
13:15〜13:30 第13回 学術総会案内(日本アロマセラピー学会 本部事務局)
13:30〜14:20 特別講演: アロマセラピーによる心の健康と免疫の向上
  今西 二郎(京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫・微生物学)
14:20〜15:00 20代大学生の香りへの感覚・嗜好に関する調査-男女の比較
  渡邊 映理(京都府立医科大学大学院医学研究科 免疫・微生物学)
15:00〜15:15 質疑・応答
15:15〜15:30 休憩
15:30〜16:30 アロマセラピー実技
  大本 千佳(日本アロマセラピー学会 看護研究会 会長、大本助産所菩提樹 主宰)
16:30〜16:45 まとめ


本日、関西地方会に参加してきました。
(都合により、午前中のみの参加でした。)
心と体に与える、アロマの効能は様々、
今までの学会でも参考になることはたくさんありました。

 でも、個人的には一医師として、率直なところ
アロマセラピー学会に対するモチベーションが低下
していることは否定できません。
当学会はアロマセラピーに対して、学術的な
検証を加え続け、エビデンスに基くアロマを実践して
きました。

 しかし、実質は医療現場で働くアロマセラピストのための
支持団体ではないのか、そういう印象が拭い去れません。
医師として、参加できることはアロマに対する検証、研究
などで、アロマセラピーの現場に臨む機会は少なく。
一治療者としてはとても退屈な思いでいるのが現状です。

 ハーブに由来するアロマであるのに、そのことに
もっと話題が及ばないのが残念です。もっと、柔軟に
芳香療法のみでなく、芳香植物療法としての広い枠での
取り組みに学会員のみなさんが興味を持っていただける
ようになれば・・・と一人思っています。

このことを、今日の幹事会でも提言させてもらいました。
学会本部にも一会員としてのこの私見を
ゆくゆく送らせてもらうつもりです。

 今日の関西地方会の集まりを見ていて、
これは「アロマセラピストの学会」であって
「アロマセラピーの学会」ではない、と感じました。


いつまで、病棟や医療現場でのアロマの導入について
議論しなければならないのでしょう?
今まで、さんざん論議されてきている内容です。
アロマの費用は精油、とキャリアオイルの実費だけ
を患者さんから徴収するのであれば、コストについての
問題は何も無いはず。セラピストが病院やクリニックの
職員であれば勤務時間内の業務として、組み込めばいいので
あって、それは現場の協力、調整でなんとかできるはずです。
実際、当院ではそうしています。


このままでは学会は尻すぼみだなと直感します。
このままで、いいはずがありません。
提言させてもたうだけでなく、私は私なりの
研究発表も今後、継続してゆこうと思いますが、
このままでいいのか、アロマセラピー学会の
皆さんにもよく考えていただければ、と思います。


writer : Dr.hal | アロマセラピー | comments(2) | - |


wind

久々のウインド記事です。


写真はラナイズ掲示版より


今日は午前中、西の風〜南西10時すぎぐらいから
乗りました。ラナイズメンバーは白浜遠征で
人が少なく、アウトに出艇した時は、独りぼっち。
ちょっと、こわごわ乗ってました。

写真はラナイズメンバーば@〜ばらさんが撮ってくれました。
(ありがとうございます。)


セイルは5.4屬任靴燭、一時9m/s越えのブローも
あり、結構きつかったです。
2〜3回往復して、すでに疲れ気味(普段運動不足なもんで)
でしたが、徐々にアウトにでてくる人達が増え、
踏ん張りました。結局浜に戻ったのは12時半。
妻が作ってくれた、おにぎり2個と出し巻き卵をほおばって、

 第二ラウンド、再びアウトへ、
ブローの間隔は長くなり、平均風速も落ち
さすがに、5.4屬任魯▲鵐澄爾任つく。
2〜3回プレーニングして、終了。

道具を片付けているとTいさん登場、マーブルで
hiroさんと乗っていたとのこと、白浜組もガンガン
乗れていた様子。(ネットでライブカメラで見ました。)
皆さん楽しめたみたいでよかった、よかった。

 今日は結構きつかった、
普段からもうちょっと、走ろ〜〜っと。ジョギング
体力づくりしなくっちゃ。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(0) | - |


小沢幹事長が陳情判定!!?

皆さん、驚きましたね。
陳情判定会議の主に小沢幹事長が・・・。

皆さん、10月29日の神戸新聞の記事のことを、思い出してください。

   特にこの一文

 
  民主党の小沢幹事長は周囲に

 「特に反応する必要はない。
 業界団体は何をしなくても
 擦り寄ってくる。」と語っている。


 彼は最初から、そのつもりだったのです。
全て計画通りなのです。全ての権力を握るつもりなのでは
そりゃ〜業界団体は擦り寄るでしょう。業界の命運がかか
っているのですから。
 ちょっと、恐ろしささへ感じます。こんなあからさまに
よくもできたものだなと思うのはわたしだけでしょうか?

 自民党の政治が良かったとは思いません。
 しかし、これは新たな腐敗政治構造を生むのではないでしょうか?

 黒い、黒〜〜〜い霧の奥に、
 よどんで、濁った、ダークレッドの魂が見えませんか?
 今まで、特に政治に関心をいだいてきたわけではありま
 せんが、これだけあからさまにされると、政治に疎い
 私でも、マユを思わずひそめてしまいました。
 
 参院選はちょっと、よく考えましょう。
 これはまずいですよ。

writer : Dr.hal | - | comments(0) | - |





かれんだー
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< December 2009 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 おススメ記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード