Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
人生の方向(人生幸路)

人生の方向、いったいどこを向いて歩んでゆけばいいのか
様々な先人たちの教えがありますが、
結局は目指す山頂は・・・・皆、同じ。

それを、Color visual scaleでわかりやすく
視覚化しました。

 自然律療法研究会のブログ 人生の方向
を御覧ください。
writer : Dr.hal | colors:自然律療法 | comments(4) | - |


パロサント(聖なる樹)

つむぎの森さんのブログで紹介されていたパロサントという精油
気になったので、フィトアロマ研究所に注文、本日届きました。

パロサントの学名はBursera Graveolens
科名 カンラン科(フランキンセンスもカンラン科だそうです。)
      木部から水蒸気蒸留法で抽出した精油
      原産地 エクアドル  と書いてあります。


パロサントは浄化、お清め、瞑想、身体エネルギー流動性増加
悪いエネルギー・スピリット、不運、および不幸を寄せ付けない
ために使用されることが多いとのこと・・・・、私に一番必要な
効能ですね。

 さっそく、キーホルダーにつけている椰子の木の木彫りの亀
(フィジーで買ったものです。)に貴重な一滴をたらしてみました。
教会とか、寺院とか厳粛な雰囲気に合いそうな香りが漂ってきます。
ウインドを終えて、アドレナリン濃度がちょっと上がっている
今の状況にはちょっと、ミスマッチかなぁと思いつつこの記事を
書いているとほのかに香ってくるパロサントが少しずつ癒してくれ
ているような感じが・・・、
車の運転の時にも活用できるので、これからの反応が楽しみです。


続きを読む >>
writer : Dr.hal | アロマセラピー | comments(4) | - |


台風14号CHABA

 季節はずれの台風が接近していますね。
今回の台風の名前はCHABA、タイ語で
ハイビスカスだそうです。

 名前は優雅ですが、各地に被害が出ないことを
願いつつ・・・・、

 近畿圏のウインドサーファーは目が離せない状況
週末、果たしてどんな感じになるのか
木枯らし一号にも乗り遅れ、今日は出がらしのような風
平日に乗れなかったウインドサーファーの皆さん、
ちょっと通過したあとのおこぼれくらいが丁度いい感じ
安全にはくれぐれも気を配りながら、待つとしましょう。


10月30日
診療を終え、甲子園浜へ出艇したのは2時頃
風はどんどん落ちてきて、プレーニング4本で終了
あとは粘りましたが・・・・、です。
台風去るの速すぎ!!

 台風チャバの出がらし、でちょいと乘っただけでしたが
ま、1ヶ月程乗れていなかったのでよしとしましょう〜〜。

 
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(4) | - |


風紋

 風紋は砂に残された風の記憶。
そして、風は自然律の記憶であり、宇宙律の記憶でもある。
ですから私たちは砂に印されたメッセージに、
宇宙の源の記憶の片鱗を見ることになると思うのです。

 それは、あらゆる生物の遺伝子の螺旋や、生体構造を
形成する螺旋、貝殻の渦巻、台風の渦巻、地球の自転、
惑星の周遊、銀河の渦巻き全てに見てとることが出来る。

 
「草木国土悉皆成仏
(そうもくこくど、しっかいじょうぶつ)」=人ばかりでなく、
草木や動物 、鉱物などを含めた森羅万象が仏になれるという
 天台本覚思想に着目し、今後10年くらい
 をめどに自然中心主義哲学をうちたて
 ようと哲学者の梅原猛さん(85歳)が邁進している。

 と、今日の日経新聞の夕刊に記事が載っていた。

 私たち誰もが一つ一つの細胞に持っている、螺旋状の遺伝子
その遺伝子は、細胞の中に装備された記憶装置だと言
われているが、その螺旋の渦巻には宇宙の源の記憶を
運ぶ「宇宙の風の風紋」が刻み込まれているのだと思います。
ですからそれは、ちょっと、飛躍しますが
宇宙の源と共鳴できる装置でもあるとも思うのです。

 ですが、意識を持った高等な生物程、その共鳴機能が
マスクされてしまい、機能しなくなってしまいます。
それゆえに本能(本来の能力)を活用することができなくなり
不幸、わざわいといった厄介事の悪循環に巻き込まれ
てしまうことになります。

 ほとんどの心身の不調は、ここに原因があります。
誰もが、どんな状況にあっても、本来の平安な状態に
リセットできる機能が、備わっていることに気づいて
いないのです。ですから、他に助けを求めようとしま
うことになってしまってゆきます。
(*リセットとは本来の健全で幸福な状態に戻れるということです。)

自然中心主義哲学が、そういう心身の困難な状況下にある人を
救いだすことができる哲学に発展することを願って止みません。

 
続きを読む >>
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(0) | - |


私が監修した入浴剤、発売です。

←クリックラブ
 私の長年のアロマの研究結果を反映させた入浴剤が
ハイパープランツさんから発売されました。

 酢酸リナリルを多く含む
 真正ラベンダー・プチグレン・ベルガモットの精油を配合。

 
研究結果からは
 酢酸リナリルは皮膚より吸収され分解されると
 酢酸となり、代謝を促すと考えられ、細胞のはりを戻しながら
 浮腫みまで取ってくれます。
 しかも酢酸リナリルのリラックス効果まであるという贅沢な
 効能です。   =日本アロマセラピー学会にて発表=


 入浴しながら、マフィントップやたるみなど気になる部分を
 マッサージすればさらなる効果が期待できるのでは、
 と考えています。
writer : Dr.hal | 効く処方シリーズ:自然律療法 | comments(7) | - |


悶々期(もんもんき)

 誰にでも、悶々(もんもん)として、もだえ苦しむ時
ありますよね。それを「悶々期」と呼んでいます。
人生の螺旋(らせん)階段を登り続けていると、時々踊り場で
休憩したくなるもの、でも止まってはいけないと勝手に
思い込んで、次へ進もうとあがく。

 こんな時、その上のステージへの門は開こうとしません。
心の門です。心身の疲れがとれて、充電が終わり、気付きが
あるまで
はその門は開かないのです。
心の門が開かないので、悶々とするんですね。

 でも、この時、決して、登ってきた螺旋階段の下の方を
ため息をつきながら見てはいけません。
「は〜っ、今までの自分は何だったんだろう・・・、」
みな、ため息の末にそうつぶやいてしまうのです。
もちろん、「あ〜ここまでよくやってきたな、楽しかったな」
というプラスの振り返りはOKです。マイナスの振り返りが
よくない。前へ進めないので、マイナスの振り返りをして
しまうのですね。

 この悶々期は、忙しいことが終わったあと、大変な事を
クリアした後、などちょっと、がんばり続けた後にやってきます。
だから、休憩しないといけないのです。充電期なんですね。

 じゃあ、これを乗り切り、悶々の門を開くコツは何か?
きっかけは、色々あるとおもうのです、悶々としているうちに
収入が減ってしまい、それどころではなくなった、とか
身内の誰かが病気になり、看病してあげないといけないとか
子犬を拾ったので飼うことになったとか・・・・、

 きっかけは、色々、でも本当にその心の門を開く鍵は
「願望を減らすこと」螺旋階段を登り、踊り場にたどり着いたら
一つ欲を減らすのです。そうすると心は軽くなり、自然と浮上。
立ちはだかって、絶対に開かないように見えた巨大な門は
スーっと、消えてゆき道は開けてゆきます。

 そう、物事を達成し、階段を登ったら、達成した分の
願望、欲望を捨てなければならないのです。その欲望にしがみつき
達成できたのをいいことに、それをさらに増大させようとすれば
するほど、心身は重くなり、気がつくと巨大なジョーズの口のなかに
吸い込まれてゆくことになるのです。(恐ろしい〜〜!!)

 先日のVisual color scaleの解説図を見ながら、今述べたことを
再度振り返っていただければ、そのことがよくわかると思います。

 人間はある意味、欲があるからこそ、生きて行けるとも言えます。
 でも欲にしがみつくと心に黒い脂肪がつき
 心が重くなってゆきます。
 欲、願望を達成したら、その欲はその願いが
 達成されたのでその欲はその場に捨て去ること、
 もう必要ないのですから・・・。

 この欲の脱皮を繰り返すことで、色々なことを学び
 やがて、仙人領域に達することができるのだと思います。

 恥ずかしながら、ようやく、そのことに気がつきました。

 でも、これ!!ウツにならないための大事な予防策だと思います。

writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(0) | - |


Color・based-therapy

Visual color scale の活用のため、解説図を作成
致しました。自然律療法研究会Visual color scale
を御覧ください。

 これを活用することで、カラーに関連する各種セラピー
あるいは、各種療法において心身の両面を客観的に評価する
必要のある場合に、その効果を客観的で端的に評価が行えます
ので今まで抽象的だった評価が具体的な方向性を持って活用
できるようになり、より進んだColor・based-therapy
確立につながると思っています。

追伸
本日(10月19日)Visual color scaleの実際を
自然律療法研究会Visual color scaleの記事に追加しました。
クリニックで、どのように活用しているかを図示しています。
参考にしていただいて、各種セラピストの皆様にもご活用
いただければ、と思います。
writer : Dr.hal | colors:自然律療法 | comments(2) | - |


星空を見上げて

今日、たまたま西宮市西宮浜のマリンフェスタというお祭りで
フロムナウ(fromnou)という若い男性二人のバンドのうたを
聞きました。

 ライブで歌をまじまじと聴くなんて、何年ぶりだろう・・・、
 最後に聴いたのはブルーノートでボズ・スキャッグスが来日
 したときだっけ・・・、などと思いだしながら、今時の若者の
 うたを聞いてみた。どうなんだろう・・・、

が、結構よかった、歌詞が耳にしみて来る、曲を重ねるにつれ
彼らが薄っぺらな若者ではないことがわかってくる。そして、
私の前や斜め前に座っていた年配の男性も、居眠りしているのかと
おもったら、眼を閉じて聞き入っていた。若いのに結構わかってるな
そんな感じだった。最初はまばらだった客席も一曲ごとに人が増え
最後は皆満足気に拍手をおくっていた。

 ちょっと、応援してみたくなるそんなユニットでした。
 皆さんもチェックしてみてください。

この日、「星空を見上げて」という新曲が披露されました。
この曲も中々の歌詞と曲です。(実はCD買って、サインまで
もらちゃいました。拍手
writer : Dr.hal | 音楽 | comments(3) | - |


寒露

 露が冷気によって凍りそうになるころ。蟋蟀(こおろぎ)などが鳴き
止むころ。が寒露(10月8日)でした。バタバタしている間に
過ぎていましたね。でも、つい先日、横浜でセミが鳴いています。
というお便りをラジオで聞きました。露が凍るどころのさわぎ
ではないですね。

 しかし、風邪が増えています。そろそろ注意です。
今年のインフルワクチンは、季節性と新型の混合型、大人は
1回接種ですみます。全国の医療機関で接種が始まっています
ので、体調のいい時に受けてみてください。

 いくら異常気象と言っても、昼夜の気温差は出てきて
いるので、寝具、寝間着など気温差に柔軟に対応できるように
してお休みください。
 授乳中のお母さんが、風邪をひいてしまうケースも良く見かけます。
夜中に授乳しながら寝てしまい、風邪ひいてしまうんですね。
あらかじめ、肩に大きめのバスタオルなどをかけて授乳しましょう。
子供たちは、布団をかぶると暑いので、飛び出してしまい。
明け方に体が冷えて、風邪をひくというパターンも良く見かけます。
時々、気をつけて、布団をかけてあげてください。
ちょっと、の心がけで、風邪の発症は随分と防止できます。
writer : Dr.hal | 健康コツ(=健康のコツ) | comments(0) | - |


もの言う写真


 私が(一冊目の本を出す前)4年前、心身ともに
燃え尽きて、倒れ、自律神経の嵐と戦っていたとき
どん底の底の地底で、なんとか這い上がろうともがいて
いたとき、ある雑誌に載ったスピルバーグの写真が
私の目を捉えて離さなかった。

 「お前はこままでいいのか!?」
 その目は私が返事を出すまで、お前をここから離さないぞ!!
 ・・・・、そう言っているようだった。
 そして、私はその写真の彼の眼から、眼を離すことができず。
 きっと1時間くらいは、その眼を見ていたと思う。

 映画界の巨匠の眼光、その奥に広がる未知の世界。
 その眼は来る日も、来る日も私に答えを迫った。

でも、答えはそう簡単には出ない、私には回復のために
しなければならないことが、山程あった。
今まで、自分が抵抗し拒否し続けてきたものを認め、受け入れる
ということ、まずそれをしなければならなかった。
それができなければ、また奈落の底に落ちることはわかっていた。
私は受け入れることにした。命がけで拒否するこはない。
誰もが、私にすすめてきたことだ。かたくなに拒否してきたのは
頑固な自分だけだった。

 オセロのコマに例えると、黒を白にひっくり返すぐらいの転換だ。
私は生きたかったので、思い切って、黒を白にひっくり返した。
すると、今まで、黒だった周囲の景色は次々と、光に満ちた白に
変わっていった。それは、黒が優勢だったオセロゲームがイッキに
白優勢になり形勢逆転したときのそれそのものだった。
今まで、嫌だったこと、徒労に終わっているとおもっていたこと
全てがプラスに転じた。

 正直、それまでの45年間なんでこんな人生なんだ!!と
ずーっと恨んできた。嫌で嫌で仕方がなかった。でも、それは
私だけがヘンコにこだわり続けてきたこと。全てを受け入れて
からは「人生、楽しい」そんなつぶやきが出てくるようになった。
そして、体は順調に回復を始め、私は1冊目の本を出すことになった。
それは、それまでの私のまとめ、だった。

 今私は、スピルバーグの問いかけに、ハッキリと答えることが
出来る。その答えにスピルバーグは優しく笑って頷いてくれている
ようだ。私にはそのように感じます。

これが、私の燃え尽き症候群からの脱出の過程です。

 チリの落盤事故から救出された方々はどんな気持ちだったでしょう。
リアルな世界はもっと厳しかったろうと思います。

 「どん底に大地あり」

長崎の原爆で被爆しながらも、被爆者の治療にあたった永井 隆博士
の言葉です。これほど、深い言葉は無いと思います。

 今、さまざまな理由でどん底にある人、
 「どん底に大地あり」です。
 うつの人を励ましてはいけない、と言いますが
 私はあえて、励ましたいと思います。
 頑張ってください。
続きを読む >>
writer : Dr.hal | 癒し | comments(7) | - |


草の根の統合医療

 今回のアロマセラピー学会で統合医療に光が当てられた。
まだまだ、統合医療に取り組む医療機関が少ない中、今回
会長をつとめられた阪大、生体機能補完医療講座 教授の
伊藤壽記先生がご講演の終わりに、
統合医療センター設立し現代医学との連携をとった総合病医院の
の目標を語られた。
 大学病院の先生がこのような目標を講演で公言されたことは
実に画期的であり、日本の将来の医療を見据えた場合、そうで
なければならないと思う。これは本当に歓迎すべきことである。

 なのに、私の心の中では(たぶん、これは私のヤッカミだと思う
のですが・・・、)「現実はそんなに、甘くはない。」「そりゃ〜規模の
大きなところはいいよな。」「でも、エビデンス積み上げて、あっと
ゆうまに実現しちゃうんだろな・・、」ととても歓迎しているとは
思えない、心のつぶやきが、次から次へと湧いてきました。

 この10年、開業医として、あらゆる可能性をかけて、出来る
限りのものを取り入れ、町の診療所として、誰もが等しく普通に
経済的負担を軽減し継続して受けることのできる統合医療を、
実現しようと積み上げ、実現し、その営業形態を赤字を出さずに
(小泉改革にもなんとか耐え忍んで)ここまでやってきました。
それを、あっさりと、あのように颯爽とカッコよく言われてしま
ってはどうも、心のおさまりがつきません。
大企業をうらやむ、町工場のオヤジの気分です。

 等身大の、統合医療を実践し、継続するということはそんな
甘いものではないのです。医療と経営という両輪のバランスが
取れなければ、継続することはできません。(もちろん、統合医療
に医療保険が適応されれば話しは別ですが、まず無理でしょう。)
まあ、もういいでしょう・・・・、また、ぼやきが続きそうです。
言いたいことはクリニックでの取り組みにすでに書きました。

 私も、日常生活で受ける等身大の「草の根の統合医療」として、
これからも、頑張ってゆきたいと思います。年金生活をしている
お年寄りでも、継続して受け続けることのできる統合医療の実現
です。それが、「草の根の統合医療」です。

お金に余裕のある人だけが受けることのできるのは、本当の
意味での統合医療ではありません。継続できなければ、治療は
成り立ちません。
だから、それは統合医療と言えないのです。
そのことを感じながらもそこから抜け出せないでいる医療従事者の
方々は多いと思います。そうではないですか?

そのうち
私のやり方に理解してくれる人たちが増えることを願って。
広がることを願って、頑張ってゆきたいと思います。



 
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(6) | - |


日本アロマセラピー学会総会    行ってきました。

昨日、日本アロマセラピー学会総会 行ってきました。
会場は大阪国際会議場グランキューブ大阪、私はハイパープランツさんでの
ランチョンセミナーの発表と、午後からの症例報告
「芳香療法が有効であった、アルツハイマー型認知症の一例」
の二つも発表があったので、テンション上がりっぱなし、

 どきどき、そわそわしながら

 まず、お昼のランチョンセミナー12時〜1時
 内容は「酢酸リナリルが浮腫みを改善し、代謝促進もする。」
 という長年の研究内容の発表、そして、その酢酸リナリルを
 多く含有する、精油:真正ラベンダー、プチグレン、ベルガモット
 の三種をブレンドした、着色料・合成香料不使用の入浴剤
 DR AROMA BATH Elimination(エリミネーション)の説明を
 させていただきました。
 ・・・・・、セミナー終了後ハイパープランツさんのブースで
 Eliminationがあっと言う間にダンボール一箱分売れてしまった
 そうです。(お買い上げいただいた皆さん、ありがとうございました。)

 
そして、プレゼンの時間が余っていたので、ハイパープランツさん
 のご好意により、クリニックでのカラーセラピーの取り組み
 について、お話しをさせていただきました。
  ここで、最も皆さんにお伝えしたかったことは
  pccsのトーンの図の活用、
  この図のどのトーンの色相環を選ぶかで、心身両面の
 状態を一目瞭然に把握できるということをお話し致しました。
 (ちょっとした解説を自然律療法研究会のブログ
 に載せていますので、聞き逃したかたは御覧ください。)
 そして、最近の取り組みとして、和み彩香のカラーボトル
 を活用して、臨床に活かせないかと主に介護分野への応用
 の可能性について、お話しをさせてもらいました。

 発表の後、フロアーや廊下で、和み彩香のパンフを希望される方
 が結構おられました。20枚以上は配らせてもらったと思います。
 今後の和み彩香の発展も楽しみです。

 そして、16時〜16時15分の症例報告
 
ローズマリーとレモンのブレンドオイルが、アルツハイマー型
 認知症の重度の方にアリセプトが無効であったにもかかわらず
 有効であったとの報告をさせていただきました。
 アリセプトを投与していたが、症状が進行してしまい。
 失外套症候群(眼は動かせるが、体が全く動かせない状態)
 の状態になった方に、このブレンドオイルの芳香療法を毎日
 していただいたところ、体が動くようになり、返事まで
 出来るようになったという内容です。


 この発表には皆さん、関心を寄せて頂けたようで、
 あとで、様々な方から、ご感想やアドバイスを頂きました。
 今後の参考にしていと思います。ありがとうございました。

 で、二つ発表して、緊張の糸が切れて、体がヘトヘトになって
 いるのに気づきましたが、18時半〜お隣のリーガロイヤル
 ホテルで懇親会があるので、なんとかかんとか時間をつぶして
 懇親会へ・・・・、

 ここでも、様々な人と意見交換や、お話しをさせていただきました。
 中々、皆さんお忙しい方ばかりなので、こういう機会でもないと
 お会いしてお話しをできる機会が無く、有意義に過ごすことが
 できました。(立食の内容も、美味しかった〜〜)

 で、今日も学会があったのですが、
 疲れ果てた私は、すっかり寝坊してしまい、
 目覚めても、体が重くて、一日中ゆっくりしていました。
 二日目も聞きたいものが幾つかあったのですが、
 昨日で限界を超えてしまっていたようです。
 養生養生。

 それにしても、皆様お疲れさまでした。
 症例報告が少ないのがちょっと、気になりましたけど
 内容的には今後の発展に期待できそうな、そんな
 学会でした。
 
続きを読む >>
writer : Dr.hal | アロマセラピー | comments(7) | - |


ゆず

リコさんに、無理にお願いして、黄緑のカラーボトル
を作っていただき、今日それが届きました。
香りは柑橘系の甘い香り、
名前を「ゆず」と名づけました。


 このボトルの効果は、黄緑ですから、

 意欲が向上し、可能性の広がりを感じるようになる。
 目的に向かって進めるようになる。

 といったところでしょうか?

それにしても、同じ色のボトルを製品として出し続けるのは
微妙なインクの配合など結構大変なんでしょうね。
リコさん、黄緑の「ゆず」ありがとうございました。

和み彩香のみなさんが、欲しがったらどうしましょう。冷や汗ラブ
 
writer : Dr.hal | カラーセラピー | comments(4) | - |


セルフ・カウンセリング

 今日、診療が終わってから、試しに
「和み彩香」でセルフカウンセリングをしてみました。

〆擇硫嵜
黄金色

2潅或А淵リニックにあるボトルではワインレッドに見えます。)
ず色(薄紫に見えます。)

光(クリアー)

ス反
Τ楚

浅葱色


でした、普段では絶対に有り得ない選択に、自分でも唖然びっくり
でも10月10日に学会での発表を控えている自分の
心境をとてもよく反映していて、思わず納得!!
今までの自分はまあまあ、そのままだとして、
今は結構、発表に向けて、頭を悩ましているんだなぁ
そして、発表では活動の場、赤系の色が大活躍
そして、その未来へうまくつなげるには、クリアーにすること
そうそう、発表の内容をもう一度、声を出して練習
つまづきそうなところを、練り直してクリアーにする。
昨日からやってます。

う〜〜〜ん、「和み彩香」あなどれない。
改めてその力を認識しました。

それにしても、最後の 浅葱色。
リコさんとはじめてお会いしてときにカウンセリングして
頂いたときも、最後にこの浅葱色を選びました。

 癒してくれる。必要とするもの、
 これが、よくわからないのです。
 浅葱色のイメージがピントきません。
今までに、この色に癒されると感じたことはないのです。
でも、状況が変わっても最後の色は同じ浅葱色
気になりますね。

甲子園浜の海の色とは程遠いし・・・・、
ま、そのうちわかるでしょう。
writer : Dr.hal | カラーセラピー | comments(4) | - |


第13回学術総会 アロマセラピーによる統合医療へのアプローチ

この10月10日、11日と日本アロマセラピー学会の総会
第13回学術総会アロマセラピーによる統合医療への
アプローチが開催されます。

 10月10日に
 私も参加し、大阪国際会議場で午後から症例報告
お昼のハイパープランツさんのランチョンセミナーでお話しを
させていただくことになっています。

 症例報告は
G-10:芳香療法が有効であった、アルツハイマー型認知症の一症例
について、発表させていただきます。

 ハイパープランツさんのランチョンセミナーでは
私が監修させていただいた、入浴剤のプレゼン
(浮腫みに効果の期待できる入浴剤です。)と
クリニックでのカラーセラピーの取り組みについて
お話しさせていただくことになっています。

一般の方でも、参加可能ですので、ご興味のある方は
是非ともご来場ください。
writer : Dr.hal | アロマセラピー | comments(0) | - |


常盤色

今日の午前診のこと、いつもこられるアルツハイマー型認知症の
おばあさん、いつもは元気なのに今日はお疲れのご様子。
ご主人に伺うと、
「昨日は3回も徘徊して迷子になったので、疲れたのでしょう。」
とのこと、いつもは「緑色が好きです。」と答えるおばあさん。
今日は体調に変化があるので、どうかなっと思って聞いてみると。
「色ですか?私は緑が好きです。あの色」
とおしゃって、和み彩香のボトルの常盤色を指さされました。

普通、体調がかわると、いつもと違う色を指定されることが多い
のですが、このおばあさんは、いつも「緑がすきです。」
「葉っぱの緑が・・・、」と言われるのです。

 これは、何か理由があるな!?と思い。
「じゃあ、おばあさん、森が好きなんですか?」と伺うと。
「ハイ、大好き。私〇〇島の神社の神主の娘なんです。
娘の時は巫女もやってました。とっても幸せでした。」と、

長年、診させてもらっているのですが、このお話しははじめて
この方は神社がおうち、神社の森に育まれて育ったのです。
だから、緑が好きと、常盤色のボトルを指さされた。
常盤色とは常緑樹の葉の色を示す色。まさに、そういうことだったのです。

 大阪市内には本当に緑がありません。少ないのです。
私はお昼休みに、運動をかねて30分程、散歩やジョギングをしますが
このおばあさんが徘徊しているところによく出くわします。
でも、その場所はいつもクリニックから少し離れた桃ヶ池のところ
そこには緑があります。桃の木、うめ木、サクラの木など
そう言えば、おばあさん立ち止まって腰をおさえながら、空を
見上げていました。あれは、桃ヶ池の木の葉を見上げていたんですね。

たぶん、おばあさんの徘徊の目的は緑探しなのだろうと思います。
故郷の神社の森の緑を探し求めて、徘徊しているのだと、そんな
気がしました。そう考えると納得できるのです。

ご主人には、時々、緑のある公園に連れて行ってあげてください。
とアドバイスをしてみました。

・・・・これぞ、カラーセラピーですね。そう思いました。
writer : Dr.hal | カラーセラピー | comments(15) | - |





かれんだー
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< October 2010 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 おススメ記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード