Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
チャッ、チャクラ!???

これ日経サイエンスの表紙
日経サイエンス 2010年 08月号 [雑誌]
日経サイエンス 2010年 08月号 [雑誌]
日本経済新聞出版社

ガラスのように透明なうなぎの稚魚この稚魚に
光を当てたときの写真がこれ、
実際にこの雑誌を購入して写真を見ましたが
ある意味、感動ものです。
半透明なガラスのような体に光が反射して
虹色に輝いている、ということは理屈ではわかるのですが
このブログを愛読していただいている方には
私が何で感動しているのか、もうおわかりですよね。
そう、チャクラカラーそのものなのです。
見事に、頚部の青〜青緑〜黄緑〜・・赤の尾部へと
色が変化しています。(光で反射して光が虹色に分離
しているのは分かっているのですが、)
写真を見ていると、どうしても自然発光しているように
見えてしまい。やっぱり、チャクラの色ってそうなんだと
感覚の方が理性を押し倒してしまい、納得してしまっている
自分がいるのです。
う〜〜ん、このブログの写真ではイマイチ、響かないですね。
気になる人は日経サイエンスのこの2010年No.08を購入してみて
ください。p34〜p35の見開きの写真は感動ものです。
(著者の意図する内容とは全く違う反応ですが・・・、)
此の原画、日経サイエンスのネット版でも見れますが
小さいです。やはり実物が一番。見て欲しい〜〜。
amazonのその他のイメージを見る。をクリックしても見れます。
writer : Dr.hal | colors:自然律療法 | comments(4) | - |


いつまでたっても、体調が回復しない人のために・・・、

いつまでたっても、体調が回復しない・・・、
と悩んでおられる方のために、
人体をハイブリッドカーに例えて、
わかりやすく
回復のための方法を書きました。
自然律療法研究会ブログの本日の記事
をご覧ください。

 キーワードは 腎(電池)です。
writer : Dr.hal | 効く処方シリーズ:自然律療法 | comments(0) | - |


 陰陽五行説の色の謎について、もう一度、解説致します。

 陰陽五行説の色の謎について、もう一度、解説致します。
自然律療法研究会の今日の記事
陰陽五行説の色の謎、もう一度説明します。
をご覧ください。力を込めて、書きました。
writer : Dr.hal | colors:自然律療法 | comments(0) | - |


アロマオイル コーヒー

最近、ハマっているコーヒー豆屋さんがあります。
それは 芦屋市茶屋之町4-12-104 にある
TORREFAZIONE RIOトレファツィオーネリオ
このお店の売りは Aroma oil coffee
その名の通り、とっても香りがいいのです。ホットコーヒー
豆を買って、コーヒー豆を手で挽いているのですが
その挽く時の豆の硬さ加減も一味違います。

以前、どこかのコーヒー豆屋さんで豆を買った時は
生豆をその場で焙煎してくれるのですが、その生豆
自体店頭にさらされっぱなしで、古くなり、まるで木
を削るように固い挽き加減でした。それが当たり前
だと思っていたのですが、

 トレファツィオーネリオさんの豆は違います。
木のように固い豆と比べると本当に「あ〜これが
コーヒー豆なんだ。」という感じで手挽きでもそんなに
苦労がいりません。むしろ楽しみながら挽けます。
知らないって、恐ろしいですね。これが本当のコ
ーヒー豆だったんですね。

 コーヒー豆の香りも、今まで経験したことの無いような
ウットリする香りを体験できますヨ。
是非、一度お試しあれラブ
なんと、
1ヶ月以内に再度、コーヒー豆を購入すれば20%引きの
特典があります。少し高めの豆でも、これで問題なしです。ホットコーヒー


writer : Dr.hal | 機能性ハーブ | comments(4) | - |


鍼灸師募集!!

 春田クリニックでは、長年勤務してくださった
鍼灸師さんが本格的に開業のため退職されますので
新たに、鍼灸師さんを募集致します。

勤務内容

院内の、疾病予防運動施設エリアで鍼灸を
行ってもらいます。(カーテンで仕切られた
ベッドのスペースがあります。)
施術はお一人15分が平均で、結構タイトな
内容です。(症状によっては30分の場合も
あります。)お一人の受診間隔は1週間に一回
から、隔週が主です。ビワ灸を受けていただい
ている方が多くなっています。
本来なら、鍼灸治療はもっと時間を要することは
存じておりますが、やむを得ずこのような現状です。

当院の治療方針はブログの記事、草の根の統合医療
クリニックでの取り組み
をお読みいただければ、ご理解いただけると思います。

また、私は自然律療法を提唱しておりまして、
この考え方にご賛同いただける、鍼灸師さんの
仲間入りを願っています。

自然律療法とは、体質を春夏秋冬の四季にわけ、
さらに、患者さんがそのとき、気になる色、いいな
と思う色、と色のトーンから心身の状況を判断し
治療に活かして行こうとするもので、西洋医学
東洋医学、その他の補完医療を同じ土俵の上で
活用することを可能にした理論だと自負しています。

はじめての方は以下をご参照ください。↓
カラーコンパスの出来るまで・・・、
伝統医学の歴史的流れと自然律療法
ホメオスターシスレベル
チャクラ と クリニカル・チャクラ の違い。
経絡とその色
カラーコンパスと陰陽虚実
Color compass と 六病位
必見!! 自然律療法 画像特集。
Visual color scale
人生の方向
色のトーンと人生

これで、自然律療法の要旨がご理解いただけると思います。


 勤務条件は
時給1300円、皆勤手当、交通費支給、賞与年2回
退職金制度(勤務3年以上の方に支給)
勤務時間 午前9時〜12時、月〜土(ご都合により
お休みの曜日をもうけていただいても結構です。)
日、祝日は休み。

です。

当院のホームページはhttp://hccweb6.bai.ne.jp/haruta-clinic/
自然律療法研究会のブログはhttp://nalcure.blog77.fc2.com/
です。

 ご希望の鍼灸師さんは春田クリニック
 06−6621−7535まで、インターネットの
 募集を見て電話しました。とお伝えください。
 診療時間中であれば、受付が応対いたします。
 私が出れない場合は後ほど私の方からご連絡を
 差し上げますので、ご連絡先をお教えください。


 当院の診療理念と自然律療法に賛同してくださり
私たちの仲間になってくださる熱意ある鍼灸師さんを
心よりお待ち致しております。
グッド

12月25日

 さっそく、今日午前、鍼灸師の美輪さまからご連絡いただき
 火、水、金の枠が決まりました。

 ジョギング引き続き、月、木、の枠(土曜は保留中です。)を募集致します。
 よろしくお願い申し上げます。汗

12月27日

 訂正デス!
 
鍼灸師さんの枠は都合により、
 月、水、金、枠が決まり、
 引き続きの募集は火、木(土曜は保留中)
 の午前9時〜12時になりました。

 午後4時〜6時枠も、場合によっては検討させていただきます。
 よろしくお願い申し上げます。



 
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(2) | - |


海底の光模様

 今日はウインド、最後に吹いた北風で2〜3回往復
プレーニングしただけで、後はさっぱり、でした。
明日からは期待できそうな天気図ですね。

 冬になると、甲子園浜の海の水も結構透明度を増します。
今、毎週通っている絵画教室nicheでイルカの絵を描いて
いるのですが、海底の光のゆらめく模様がうまく描けなく
て、それで、今日は甲子園浜の海岸で、じ〜〜っと
波打ち際の水底の、光模様を観察。じ〜〜〜っとひたすら
観察しているとどんどん光のゆらめく輪の模様が水底の砂地
の上を移動してゆきます。(なるほどなるほど、こうなって
いるのか・・・、)感心しながらさらに観察していると
光の輪の模様だけを追いかけていたので、なんだか不思議な
気分に、光だけが次々と移動してゆきます。本当、不思議な
感覚でした。

 風には恵まれませんでしたが、波の感じとか、あぶくとか
海底の光模様とか、お絵かきのための収穫大で満足、満足。
writer : Dr.hal | ウインドサーフィン | comments(2) | - |


ハーブが大衆薬に

 過敏性腸症候群の治療薬として、ゼリア製薬が
ペパーミントを有効成分とした一般用医薬品(大衆薬)
を日本での臨床試験(治験)に着手し、数年以内に
実用化を目指す・・・、という記事が昨日の日経産業
新聞に掲載されていました。
このお薬はゼリア製薬傘下のスイスの製薬会社ティロッツ
ファーマが持つ薬剤(西洋ハーブ)でコペルミンの製品名
で発売されているものを日本国内で発売しようというもの
だそうです。

 ハーブもいよいよ本格的に医薬へ進出でしょうか!?
この記事によると、ペパーミントオイルはヒトの体内で
筋収縮に関わるカルシウムが細胞内に流入するのを防ぎ、
強い腸管の収縮を抑える効果があるとされている。と
述べれれています。

 日本の医療保険制度は危機的な状況にあるとされて
います。きっと、これから、こういった大衆薬はもっと
出てくる事になるでしょう。でも、いいものが出てくる
のは歓迎すべきことです。
writer : Dr.hal | 機能性ハーブ | comments(0) | - |


今年最後の二十四節気:冬至

今日は冬至、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日。
例年ならインフルエンザが流行、ってところですが
なぜか今年はマイコプラズマと感冒性胃腸炎が
多い。感冒性胃腸炎は1月20日頃の大寒あたり
が流行しやすかったのですが、異常気象の影響が
病気の流行にも出てきているようです。

 冬至ついて 致知出版のおかみさん便り
で、なるほどの記事が届きましたので引用させて
いただきます。

 今日は冬至です。

冬至には、かぼちゃを食べて
柚子湯に入るという習わしがありますが、
湯につかって病を治す「湯治」、
更に「柚は融通が利きますように」
という願いが込めらているそうです。

また、かぼちゃは、カロチンを多く
含んでいるので体内でビタミンAに
かわり肌や粘膜を丈夫にして、感染
症などの抵抗力をつけてくるという
ことから冬の栄養源として、食され
ていたそうです。

今年も残り僅かとなりました。

冬至には、柚子湯にゆっくり浸り
かぼちゃを食べて、無病息災で
元気に1年を終えられますように・・・

     致知出版社 小笠原節子


 みなさん、ゆず湯に入って、融通のきくように
 冬至に湯治してください。
writer : Dr.hal | 健康コツ(=健康のコツ) | comments(2) | - |


さくら色

 最近、さくら色(淡いピンク)って、以外と
難しいなと感じています。何が難しいかってい
うとさくら色の好きな人が、心身のトラブルで
クリニックを受診されたとき、いったい、どう
アドバイスしてゆけば良いのか・・・、お話し
を進めてゆくうちに解決方法は見つかってゆく
のですが、他の色に比べて、正直、取り組みに
くいのも事実。

 さくら色はパステル調、平和で、まわりを
穏やかな雰囲気に温かく包みこむ力があります。
いわゆる調和力です。でも、その力も発せずに
ただ、周囲に翻弄されてしまい、疲れはてて
しまう人がほとんど。

 こういうタイプの人は、どの色のタイプの人
はどういう特徴があり、どのように接してゆけば
よいのかそのノウハウを持っておくのが護身に
つながると思うのです。護身のための智慧が必要。

 今の日本がまさに、そのさくら色だと思っています。
今の外交状況を見れば、頷いていただけると思います。
戦時中の日本の色は白地に赤。白の潔癖、完璧主義と
赤の実行、支配、が悪い方向に進んでいまい、暴走して
いたのです。そして、戦争に負けて、全てが崩れ落ち
赤と白が混じって、今さくら色なんです。

 悪く言えば、何を考えているのかはっきりしない。
いったい、どっちなんだ・・・、という評価が下る。
でも、本当に大切なことは桜の木の下にみんな集まって
宴を始めるように、さくら色にはみんなを癒し、和ませ
和を取り持つ平和の力が、本来備わっているはずなのです。

 これから、さくら色の好きな人、さくら色の日本に
問われることは、その和を取り持つ、「調和力」
だと思います。実はこれからの時代に最も必要とされている
ことだと思います。今の難局を乗り切る、唯一の答え
なんです。

 いつのまにやら、人のはなしから国のはなしに
なってしまいました・・。

 和み彩香ではさくら色、どんな感じなんでしょうね。
writer : Dr.hal | colors:自然律療法 | comments(7) | - |


実は・・、

実はこの4月からグリーンフラスコさんの
オンラインスクールで、統合医療における植物療法
を受講してきました。月2回の提出で、全18回
あと2回を残し、来年の1月に終了の予定です。
習い事が続いたためしが無い私ですが、なんとか
最後までやり遂げられそうです。

 この講座では植物療法のことはもちろんですが、
統合医療に関する幅広い知識を知ることができます。
自分一人でやっているとツイツイ視野が狭くなりますが
この講座のおかげで随分と視野が広がったように思います。
ず〜〜〜っと黙っていましたが、なんとかやり遂げられそう
なので、カミングアウトしました。グッド
writer : Dr.hal | ひとり言 | comments(3) | - |


セミナーin つむぎの森

 今日はつむぎの森さんで、セミナーを開かせてもらいました。
晴天に恵まれ、とても暖かな陽射しの中、つむぎの森さんの
サロンのあるマンションのある一室ではじまりました。
時間は10時〜12時の2時間、10数名の方が集まって
くださり、それぞれ普段好きな色の順に並んでもらい
人による色相環を形成、そのなかでお話しをさせてもらいました。

 どの方がその色か、把握しながらそれぞれの色につていの
お話しができたので、いつもとは違う感触がありました。
そして後半は色のトーンについてのお話し、選ぶ色のトーン
で今の自分の心の現在位置がわかる、そして、どこへ向かえば
いいのか、こころの地図としてのvisual color scale につてい
説明をさせてもらいました。皆さん、熱心に聞いていただき
ご納得いただけたようで、よかったです。

 また、来年も進化した自然律療法の色のお話しなど
させてもらえればと思っています。

 つむぎの森のhiroさんありがとうございました。
そして、お集まりいただいた皆さま、お時間をわけていただき
ありがとうございました。また、よろしくお願い申し上げます。
 
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(4) | - |


Ultra-marine blue

いつもはどちらかというと避けている色(服では着ていますが)
Ultra-marine blue 今日はどういうわけか、この色に
大変、癒しを感じます。それで、このイルカのテンプレート
にしてみました。(後日見られた方はテンプレートが変わって
いると思うので、ごめんなさい。)

ちょっと、週末でお疲れ、休息って気分なんでしょうね。
今日ははやめに寝ましょう。

今度の日曜日12日はつむぎの森さんでセミナーをします。
もう、随分前にセミナーのご依頼をいただいていたのですが
つむぎの森さんは多方面の方のセミナーが満載、
とても一つのサロンが運営しているとは思えない内容
ばかりです。
それでやっとこさ私の順番が回ってきたのです。
こちらの方はつむぎの森さんのお客さんやお知り合いの方が
12名集まってくださるそうです。

 
つむぎの森は、はやしひろこさんが運営する癒しのスペース
ひろこさんはクリニカルアロマセラピスト、ラヴィングベビー
タッチインストラクター、ホリスティック医学協会関西支部運営委員
クオンタムタッチ(R)認定プラクティショナー
クォンタムタッチ(R)認定インストラクターなど、多彩な
セラピーを提供出来る方で、KAFの理事も務めて居られます。


 そのつむぎの森でのセミナー、ちょっと今までとは違う『場』です。
スピリチュアルな雰囲気のあるホリスティックケアの空間。
その『場』にちょっとした仕掛けを考えています。
12名の方にはそれぞれの好きな色の順に円座になってもらって
人で色相環を作り、その真中に立って、お話しをさせてもらおうと
いう作戦を練っているのです。Hue・man(色相の人)を実体験して
もらおうという目論みです。
どんな発見があるか今からとても楽しみです。
また、12日のセミナーが終わりましたら、感想をブログに載せますネ。



 それで、来年の私のセミナーの予定ですが
2月11日東京(和み彩香さん主催)
3月27日神戸(和み彩香さん主催)神戸市産業振興センター
6月12日or19日 丹波市で

全て、和み彩香繋がり、 
和み彩香さん(リコさん)には本当にお世話になっています。
ありがとうございます。
 
   今のところ以上の予定です。

 それから・・・、
実は12月の5日の私のブログ記事で紹介させてもらった
カトリン・ロスさんご本人から、なんと私の自宅の方に
お電話がありまして、びっくりお話しをしているうちに
カトリンさんの河口湖のセンターで私のセミナーを
してみないかというお誘いをいただきました。
で、来年の8月か7月頃、他の行事とも考えながら
来年3月頃までには日程を決めたいと思っています。
富士山麓での癒しも堪能できそうだし、どうせなら
何人かで行けたらな〜と思っています。
今のところ、当院スタッフのクリニカルリフレクソロジスト
西尾くんをつれてゆく予定(彼、帰国子女なので
英語ができるし・・、私は実は英語が大変苦手リスニングの
練習しておかないと・・・冷や汗

 といった具合で来年はセミナー元年になりそうです。桜楽しい

 
writer : Dr.hal | colors:自然律療法 | comments(2) | - |


とんぼ玉で色相環

昨日、とんぼ玉工房のtilkaさんに行ってきました。
立体カラーコンパスをとんぼ玉で作れないか、とお願いに。

 でも、これが難しいことが判明、
 黄、オレンジ、赤、と青、緑系のガラスはバーナーで
 溶ける温度が違うので、これら全ての色をあわせて
 作るのが無理だということがわかりました。

 それで、他に代案がないかなと色々考えたのですが
今のところ考えつきません。でも、とんぼ玉のサンプル
色々見せてもらっていて、とても色がきれいなので
ちょっと、とんぼ玉で色相環チックなのを作って写真
を撮ってもらいました。

写真だとガラスの透明感がでないのが残念、
実物はもっと綺麗です。この写真をヒントに何か
できないか考えてみたいと思っています。


・・・と、あきらめモードでネット検索していたら、
ありました。これぞ立体カラーコンパス
ガラスの素材を選べば出来るようですね。
まさにこれです。感動〜〜!!
writer : Dr.hal | colors:自然律療法 | comments(0) | - |


大雪(たいせつ)

 今日は二十四節気の大雪、雪が激しく降り始めるころ。
大雪とはゆきませんが、たしかに、寒くなりました。
雲も分厚く、その雰囲気はたっぷりあります。

 さて、今年は去年とは違い、インフル君もおとなしいです。
感冒性胃腸炎とマイコプラズマが今のところ主流のよう、
でもこれから、寒さは増すと思いますのでご注意を。

 で、ちょっと、きになるのがアレルギー性鼻炎の人を
今、チョロチョロとお見かけします。何かそれが例年とは
ちょっと違う感じ、来年の春の前触れ??なんとなく
違和感を感じています。
writer : Dr.hal | 健康コツ(=健康のコツ) | comments(1) | - |


忘年会!!

 昨日は、春田クリニックの忘年会でした。
交替で来てくれているリハビリスタッフを入れると
総勢22名の大所帯、いつも開催場所に困ります。

 去年はちょっと、場所が狭すぎたし、スタッフによって
食事量、アルコール飲量が本当にまちまち、それで
今年はホテルバイキングにしてみました。
場所は スイスホテル南海大阪 「カフェ スイス」
他のお客さんたちとの間仕切りも無いので、はじめの挨拶も
小声で程ほどに、皆さんには飲み食べおしゃべりに徹してもらい
ました。

 何か、忘年会というよりもお食事会になってしまった感じ
もしますが、色々バラエティーにとんだ食べ物をチョイスできた
し、女性群の大好きなデザートも充実していたし、まあまあ良かった
のではないのかな〜と思っています。
ホットコーヒーソフトクリームラーメンおでんパンケーキビール熱燗食事ハンバーガー

 来年はどこにするかな〜!?定番のお店が決まれば
こちらも楽なのですが、どなたか良い店があったら
教えてください!
writer : Dr.hal | - | comments(0) | - |


微(かす)かなるものの力。

 最近、少しずつわかってきたことですが、
微かなるものの力についての私の認識が変わって
きました。人は力強さを求めるとき、色に例えれば
ビビッドでストロングなトーンのものを求めようと
してしまいがちです。しかし、それでは必ず限界が
あり、いつか下り坂、いつか崩壊を向かえます。
 それは、人だけではなく、会社や組織、国に至る
まで例外ではありません。この愚かな負の連鎖を
未だに人類は延々と続けています。

 私たちは進化した(!?)現代社会の中で
あまりにも強すぎる様々な刺激にさらされ、微かな変化
微かな香り、微かな色、微かな味、など微かな感覚に
鈍感になっています。きっと古代では当たり前であった
感覚が現代人には微かなものになっているのでしょう。

 この微かな感覚は、自然から得られるものです。
自然のパワーを得ることができるものです。それは
底を尽きた生命力を充電し、復活させてくれるもの
です。このような働きはストロングでビビッドなものには
ありません。むしろ消耗するばかりです。

 今、カトリン・ロスさんの エナジー・メディスン
「光の渦」
を読みかけています。この本には
その微かな力を得る方法が書かれています。(まだ途中なので
詳しくは説明できませんが)体力を消耗し、再浮上したいと
願っている方には参考になると思います。
ご興味のあるかたはコチラへお申し込みください。
続きを読む >>
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(3) | - |


存在することの大切さ、

 今日、セミナーの終わりに、聴講されていた看護師さんから
アロマセラピー学会の先輩のT先生が、この10月末に
他界されたことを知らされました。

・・・・本当にショックでした、「なんで」・・・、
T先生にはまだまだ、なすべきことがあったはず、
スピリチュアルな精神世界観のことや、宗教観、
そして、最近の量子力学による未知のものに対する
とらえ方、などを考えていると、つい、「存在」と
いうものの意味が希薄になってきます。

 しかし、今日のショックは「存在の大切さ」というものを
改めて、思い知らされました。かつて私には至福の状態を体験し
死というものが恐怖ではないという感覚を得た時期が1週間
だけですが、ありました。でも、それでも、
やはり、「存在」というものにはそれをはるかに上回る大切さ
があります。今日、改めてそのことを思い知らされました。

 T先生が残したアロマやバッチフラワー、そして漢方に対する
想いはT先生を知る私たちが引き継いでゆかなければならない
ものだと思います。私も私なりのやり方で、活かしていければ
と思っています。
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(4) | - |


りゅうじんさんでのセミナー

 りゅうじさんの、訪問看護育成プログラム ママナース大学
の一コマで、「介護とカラーセラピー」というタイトルでお話し
させてもらいました。
 最初はカラーセラピーということで、内容を怪しむ人もあっ
たようですが、私の場合、カラーセラピーというよりも
色彩による診断で、それをどう医療の現場での治療に活かして
ゆくかという立場をとっていますので、お話しを進めるうちに
皆さん、納得してくださったようです。

 お昼間の2時間の講義でしたが、参加者の方全員に
お一人ずつ感想を聞かせてもらうことができて本当によかったです。
お話しさせてもらったことがどのように受け取られたのかを
知ることができましたので、これからのセミナーでも
この方式を採用させてもらおうと思いました。

 お世話になった、りゅうじんさん本当に今日はありがとうございました。
writer : Dr.hal | 自然律療法 | comments(2) | - |





かれんだー
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< December 2010 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 おススメ記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード