Dr.halu 通信〜   

Colorholistic creator Dr.halのブログです。
副腎疲労症候群

最近、副腎疲労症候群という言葉がよく使われるようになってきました。

副腎から抗ストレスホルモンが分泌されて
ストレスから心身を守ろうとしますが
長期的な強いストレスが続くことで分泌が過剰になり
耐える力が落ちてしまうんですね。

 こうなると、何が起こるか、、、。

 人と会うこと自体がストレス(よほど心の許せる人しか受け付けない)

 突然、電池が切れたように体調が悪くなる

 のどの違和感に始まり、冷や汗、動悸、手足の力の抜けるような冷や汗状態
 下痢、食欲不振、など自律神経系を制御できない状態となる。

 起きているのがつらい、座っているだけでもしんどい

 いつもは大丈夫だったお薬が受け付けない、

 いつもは大丈夫だった食べ物を吐いたり、下痢したりしてしまい受け付けない

 これらの症状により、絶望的な気分に陥ってしまい自力で自分を保つことが
 困難となってきてしまう。

 いろいろなことに過剰なほど敏感になってしまいます。

それは生体恒常維持機能が低下しているんですね。

ホメオスタシスレベルが極端に低下している状態で、脳が自律神経系を制御できなくなり首から下の自律神経系が勝手にリズムを刻み始めているのです。
そのリズムは90分サイクルです。

 だから、自律神経系の反射だけがクローズアップされた様々な症状に苦しむことになってしまうわけです。

 もう、こうなってしまうと罹患した方は、わけがわかりませんよね。
 泣きたくなってくる。

 このような状態に陥ったとき、使える漢方薬は限られたものとなり

 食事療法が主で、とても大切になります。


 まず、

 砂糖、精白穀類(白米、精白小麦)を避けること

 失った微量成分を少しずつ蓄積していかなければ

 充電切れの状態は治りません。

 微量成分は一度に大量に摂っても体内に蓄えることはできず。

 時間をかけなければならないのです。

 そして、取るべき食事は

 御飯、できれば玄米もしくは玄米粥、味噌汁、を
 おかずには切干大根、サツマイモ、などが大事です。
 そして回復には鮭が効果を発揮します。
 鮭(熱を加えて調理したもの)の塩味とアスタキサンチンが
 助けてくれるのだと思います。
 活動を支えてくれるようになります。
 あと体重を増やしたい時は厚揚げがいいです。
 こんな感じで、回復をはかり徐々に欲しいもの食べられるものを
 増やしてゆきます。

 ただし、偏った甘いものは厳禁です。

 スポーツをしてを平気になるまで、控えてください。

 副腎疲労症候群のような症状でお悩みの方はご相談ください。

 特殊な検査は必要ありません。症状をお聞きすれば十分にわかります。
 大事なことはどのように回復してゆくかです。
 時間はかかります。
 このような状態に陥った生き方も変えなければなりません。
 また、これは自分を見直すビッグチャンスでもあります。
 じっくりと取り組んで、この苦難を生涯の宝とできるようにしてください。

 焦りは禁物です

 ウサギとカメのレースは カメが勝ちます。

 ウサギさんは副腎疲労症候群から脱出することはできません。

 カメさんは時間はかかりますが、着実に回復します。

 そのことを絶対に忘れないでください。



 
writer : Dr.hal | - | comments(0) | - |


睡眠薬なしでも眠れる!?

 レンドルミンなどの睡眠薬から離脱できないで悩んでおられるかた、結構おられると思います。実は私も一時、レンドルミンに依存しかけていたことがあります。
 
 錠剤というのは内服した、していないのインパクトが強いんですよね

 だから、よけいにあ〜〜〜飲んでない、眠れるかな〜〜、、、と不安に
 なり余計に眠れなくなる。

 そんな時、私はどうしたかといいますと

 ハーブティーを活用しました。

 リンデンというハーブティーです。

リンデンはセイヨウシナノキでドイツにリンデン通りがあるようにヨーロッパではとてもポピュラーな木だそうです。

 使用部はリンデンの花と葉です。
 リンデンにはベンゾジアゼピン様の物質が含まれていることが知られています。おそらくそれで安眠作用が得られるのだと思います。私の使用感としては睡眠中の感覚はレンドルミンに似た睡眠感でした。

 また、バレリアンというハーブもありますが、これも確かに安眠できるような感じはあるのですが、どうもジーンという感覚で無理やり眠らされている感が抜けませんでした。眠剤でいうとアモバンに近い感じですかね。

 ハーブティーは眠剤のようにふらつきなどの副作用がほとんどないこと お茶を飲む感覚なので、少しずつ、ハーブの量を減らしていってもあまりその感じが脳裏に残らないということ、で依存から離脱しやすいというメリットがあります。


 ただし、注意点としては、眠剤とこれらリラックス作用のあるハーブを併用してはいけないうといことです。これらはジャーマンカモマイルやラベンダーなどの日本でもポピュラーなハーブであっても同じような注意が必要です。

 ハーブは食品の範疇に入りますが、色々な薬剤との併用により思わぬ副作用やお薬の効果を減弱させてしまうことがあります。特に血液抗凝固剤、や不整脈のお薬、眠剤、安定剤、抗けいれん薬、抗糖尿病薬などを服用中の方はハーブティーを飲用される前に念のため医師にご相談ください。

 追記

 漢方でも安眠のための処方はいくつかあります。
これらは保険がききますので、漢方を扱われているドクターにご相談ください。
 
writer : Dr.hal | - | comments(0) | - |





かれんだー
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>
おススメします!
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方
気づかいができる人ほど、なぜ長生きできるのか? ―性格でズバリわかる! 病気の治し方と防ぎ方

私の書いた本です。
『四季体質・健康法』
春体質
夏体質
秋体質
冬体質
全く新しい体質論!!
体質を知れば
自分がわかるように
なります。
おススメします!
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ
色に聞けば、自分がわかる ―医師が発見した色のヒミツ

好きな色、気になる色で
人間関係、天職、恋愛
そして、健康法がわかります。
私がクリニックで実践している、
色彩診断の経験をもとに書きました。
おススメします!
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g
ハイパープランツ DRアロマバス エリミネーション(ホホバオイル配合) 500g

私(春田クリニック院長)の
長年の研究成果を反映させた
アロマ入浴剤です。
むくみ改善・代謝アップ・癒し
効果が期待でる精油成分が
ふんだんに含まれています、
どうぞご利用ください。
最近かいた記事 おススメ記事 コメント
かてごりー むかしの記事
リンク
プロフィール QRコード